ジューク、キューブキュービック、ラシーン…日産はいつも「早すぎた」で失敗する?

ジューク、キューブキュービック、ラシーン…日産はいつも「早すぎた」で失敗する?

 「ぶっちぎれ、技術の日産」というキャッチコピーを覚えている方は多いだろう。自ら「技術の日産」を名乗るだけあって、e-POWERやプロパイロットなど、日産が世界に先駆けて取り入れた技術はたくさんある。

 そして、日産には、アイディア力もある。たとえば、いま流行りの背高ラージミニバンの先駆車となったのは、日産のエルグランドだ。

 1997年に登場した初代エルグランドは、「大人数を乗せて快適に移動する空間」というコンセプトがヒットし、飛ぶように売れた。しかしいまでは、王者アルファードの前に撃沈。生き残りを賭け、2020年10月にビッグマイナーチェンジが行われたが、それも大した功を奏すことはなく、エルグランドはもはや、虫の息といっていいだろう。

 日産にはほかにも、流行のきっかけをつくったものの、流行り始めたころには息切れしていて、撤退…、というクルマがいくつかある。今回は、そんなクルマたちを振り返りながら、今の時代にどんな姿で蘇ればヒットモデルとなるのか、考えてみようと思う。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】一代で生産終了となってしまった、日産車たち


3列シートコンパクトミニバンの先駆け「キューブキュービック」

 国内市場で、3列シートのミニバンが流行し始めたのが、ちょうど2000年頃。そんなミニバンブーム初期である2003年9月、日産は「ミニバンでは少々大きすぎる」という顧客をターゲットに、2代目キューブ(2002年-2008年)に対しホイールベースを170ミリ延長し、折り畳みできる3列シートを装備した、5ドアコンパクトミニバン「キューブキュービック」を発売した。

2代目キューブに対して、ホイールベースを170ミリ延長し、折り畳みできる3列シートを装備した、5ドアコンパクトミニバン「キューブキュービック」

 キューブキュービックは、アイディアとしては斬新であったが、わずか17センチの拡張では、人が収まるはずがなく、3列シート車にしては狭すぎた。しかも、3列目を折りたたんだとしても、荷室はさほど大きくならず、ミニバンとしての実用性には欠けていた。そして、キューブキュービックは、2代目キューブの終了と共に、消滅してしまった。

 3列シートのコンパクトカーは、いま超人気のカテゴリだ。ホンダのフリードは、2020年登録車販売台数で第6位(ホンダで最も売れた登録車となった)、トヨタのシエンタは第8位にランクインしている。

 キューブキュービックも、弱点であった荷室パッケージングを見直し、タイムレスな四角いデザインを継続しながら、e-POWERやEVを搭載して出ていれば、シエンタやフリードに負けない「名車」と言われる存在になれたのではないかと、残念でならない。

どんなに窮屈だったとしても、キューブキュービックには「3列目があることに」意味があったのだ

元祖コンパクトSUV「ジューク」

 2020年のロッキー/ライズ人気、そして2021年のヤリスクロス人気と、いま空前のコンパクトSUVブームとなっている日本市場。しかし、そんなブームを待たずに姿を消してしまったのが「ジューク」だ。

 欧州市場では2代目が販売されているジュークだが、日本では販売されることはなく、初代ジュークの生産終了(2019年)と共に撤退となってしまった。

初代ジュークのデビューは、今から10年前の2010年6月。C-HRよりも6年、ヴェゼルよりも3年も早く登場しており、日本市場において、コンパクトSUVのパイオニアだ

 コンセプトカーがそのまま飛び出してきたかのようなインパクトあるデザイン、走りの良さ、コンパクトなサイズ、そしてリーズナブルな価格で提供されたことが大いに受け入れられた、ジューク。

 当時日産社員だった筆者は、とある現場で、ボディに偽装をした初代ジュークの最終実験車を目にしていた。当時は、どう見てもカッコいいとは思えなかった。前後が短く、背が高く、タイヤもアンバランスに大きい。「デザイナーの暴走、どうしてあんなのが出てきたのだ」と同僚と話していたのを思い出す。

 正直なところ、筆者レベルのデザイン感度だと、売れるとは思っていなかった。しかし、デビューするや否や世界中で大ヒット。「キモカワ」、「ブサカワ」など、散々言われていたが、あの「癖の強さ」がかえってよかったのであろう。筆者の父も、知らぬ間にジュークターボを買っていた。

デビューの半年後に登場した1.6L直噴ターボ(MR16DDT)は、190ps/24.5kgmを発生。適度にスポーティな足回りのおかげで、ジュークのコンパクトなボディを悠々と走らせることができた。

 日産としては、キックスにその座を譲った形といいたいのだろうが、今ヒットしているのは、ヤリスクロスやロッキー/ライズのようなボディサイズと価格帯のマイクロSUVだ。キックスは、ボディサイズはヤリスクロスよりちょっと大きい程度だが、価格が高すぎる。

 初代ジュークのサイズで、1.0リッターターボエンジンのSUVが出ていれば、「走りの楽しいマイクロSUV」として、善戦できたかもしれない(その姿に最も近いのが日産がインドで販売している「マグナイト」なのだが)。

2代目ジュークは、欧州を見据えて、ワイドボディ(幅を広げた)としたモデルチェンジをした。だが、日産の足元である国内市場を捨てた判断は、失敗だったと筆者は考えている

次ページは : クロスオーバーSUVの先駆車「ラシーン」