新型アリアは売れそうか? お薦めグレードを徹底分析!


 日産の電気自動車、アリアの予約受注が開始した。2020年7月に概要が公表され、2021年6月4日には予約注文限定車の「アリア・リミテッド」を発表して受注を始めている。一番安いグレードの「B6 limited」でも車両本体価格は税込660万円。

 販売店では「予約受注に際しては5万円の申し込み金を預かるが、正式な受注は2021年の秋から冬に行う。この時にキャンセルされた時は申し込み金を返金する。半導体不足の影響もあり、納車は2022年の春頃だろう」という。

 アリアは新規投入車種だから、セレナやエクストレイルと違って、どのようなクルマなのか想像しにくい。試乗したうえで納得してから購入すると、契約できるのは年末から年明けになり、納車はさらに遅れそうだ。アリアの補助金に関しては以下の記事を参考に。

補助金は最大100万円超!? 新型アリアは実際いくらで買えるのか

 さて、新型アリアはぶっちゃけ、売れそうなのか? お薦めグレードは? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/日産自動車 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】2021年6月4日予約開始! ついに明かされた新型アリアの全貌


■満を持して投入された電動SUV、日産アリアはどこが凄い?

2021年6月4日、日産アリアの予約注文限定車「アリア・リミテッド」が発表された。ラインナップは66kWhバッテリーを搭載するB6 limitedと91kWhのB9 limited。駆動方式は前輪駆動とe-4ORCE(4WD)
アリア・リミテッド完売後に発売されるカタログモデルは補助金込みで約500万円からのスタートになるという(写真はリミテッド)
物理的なスイッチは装着されず、大型のモニターが2つ並んだ先進的なインテリア

 アリアはSUVスタイルの電気自動車になる。ボディサイズは、全長4595mm、全幅1850mm、全高1655mmとされ、エクストレイルに比べると100mmほど短く、30mmワイドになる。ホイールベースは2775mmだから、アリアが70mm上まわる。

 つまりアリアのボディは、全長はエクストレイルよりも短いのにホイールベースは長い。4輪をボディの四隅に配置したボディ形状だ。電気自動車だから、前後のオーバーハング(ボディがホイールよりも張り出した部分)を短く抑えられた。フロントマスクもグリルレスのデザインだ。

 内装にも特徴があり、物理的なスイッチはほとんど装着されない。エアコンなどは、木目調パネルをタッチして操作する。内装は日本語の「間/ま」をキーワードにデザインされ、時間や空間のゆとりを感じさせる。

 アリアのパワートレーンには、4種類の組み合わせがある。駆動用リチウムイオン電池の容量は、B6の66kWhと、B9の91kWhを用意した。リーフは40kWhと62kWhだから、アリアはリチウムイオン電池容量が全般的に大きい。

 そしてB6とB9の両方に、前輪駆動の2WDと、前後にモーターを搭載する4WDのe-4ORCE(イー・フォース)を設定した。2WDの最高出力と最大トルクは、B6が160kW(218馬力)・300Nm(30.5kgm)、B9は178kW(242馬力)・300Nm(30.5kgm)になる。リチウムイオン電池の容量が大きいと、最高出力も上まわる。

 4WDのe-4ORCEは、B6が250kW(340馬力)・560Nm(57.1kgm)、B9は290kW(394馬力)・600Nm(61.2kgm)だ。特にe-4ORCEは相当にパワフルなことが分かる。

 そのために停車状態から時速100kmに達するまでの加速タイムは、2WDのB6は7.5秒、B9は7.6秒だ(B9が若干遅い)。e-4ORCEでは、B6が5.4秒、B9は5.1秒になる。5秒台となれば、フェアレディZのようなスポーツカーと同等だから、迫力の伴う加速を満喫できるだろう。

 前後輪の重量配分にも気を使った。2WDのB6は前輪:54%・後輪:46%になり、4WDのB6e-4ORCEは51%・49%だから、重量バランスがかなり優れている

■1回の満充電で450km~610km!

アリア・リミテッド専用色 バーガンディー/ミッドナイトブラック

 1回の充電で走行可能な距離(WLTCモード)は、2WDのB6が450km、2WDのB9はリチウムイオン電池に91kWhの余裕があるから610kmと長い。e-4ORCEはB6が430km、B9は580kmだ。リチウムイオン電池容量が同じであれば、2WDは4WDよりも長い距離を走行できる。

 予約注文限定車になるアリア・リミテッドシリーズの価格は以下の通りだ。


■2WD
・B6リミテッド(66kWh)      660万円
・B9リミテッド(91kWh)      740万800円


■4WD
・B6e-4ORCEリミテッド(66kWh)720万600円
・B9e-4ORCEリミテッド(91kWh)790万200円

 リミテッドは限定車だから装備も充実している。カタロググレードでは、ハンズオフによる高度な運転支援機能のプロパイロット2.0を標準装着するのは最上級のB6e-4ORCEのみだが、リミテッドでは全車に標準装着した。

 同様にプロパイロットリモートパーキング、ヘッドアップディスプレイ、前席ベンチレーション機能を備えたナッパ・レザーシートなども、リミテッドシリーズでは全車に標準装着されている。

 それでも装備の違いはあり、車速感応式オート集中ドアロック/衝撃感知式ドアロック解除システムは、B6リミテッドだけが装着していない。安全装備なので、ほかの3グレードと同様、B6リミテッドにも標準装着すべきだ。

リミテッド専用のナッパレザーシート(ブルーグレー)
電動パノラミックガラスルーフや運転支援システム「プロパイロット2.0」などの先進装備をアリア・リミテッド全車に標準装備
アリアリミテッド 価格表

  アルミホイールとタイヤのサイズは、B9e-4ORCEリミテッドのみが20インチ(255/45R20)で、ほかの3グレードは19インチ(235/55R19)になる。

 このように装備が異なるため、2WDとe-4ORCEの価格差は、B6同士で比べると60万600円だが、B9同士なら49万9400円に縮まる。B6の2WDには車速感応式オート集中ドアロック/衝撃感知式ドアロック解除システムが装着されないから価格が下がり、B9同士の比較に比べて価格差が広がった。

 それにしても2WDと4WDの価格差が約50万円に達するのは、一般的には開きが大きい。アリアのe-4ORCEは、後輪に強力なモーターを搭載して加速性能を向上させ、2WDが採用しないアクティブサウンドコントロールなども装着したから、価格がさらに高くなった。

 またB6(66kWh)とB9(91kWh)の価格差は、2WDが80万800円、 e-4ORCEは69万9600円だ。これも前述の車速感応式オート集中ドアロック/衝撃感知式ドアロック解除システムを2WD・B6が装着しないので、2WDの価格差が広がった。

 それでも66kWhと91kWhの差(25kWh)の価格差は、少なくとも約70万円に達する。ちなみにリーフでは、40kWhと62kWhの価格を同等の装備を採用したアーバンクロム同士で比べると、22kWの違いで62kWhは約59万円高い。アクアの場合は若干価格差が大きい。

次ページは : ■アリアは売れそうか? お薦めグレードは?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ