名門車クラウンから伝統の「ロイヤル」がなくなった変革と功罪

クラウンから伝統の「ロイヤル」がなくなった意味

 1955年に発表されたトヨペット・クラウンから、クラウンの歴史は66年を数える。この長い歴史のなかで、5代目クラウンの最上級グレードとして初導入されたのが「ロイヤルサルーン」だ。

 クラウンといえばロイヤルというイメージが強くあったが、現行型ではグレードが刷新され、ロイヤルは廃止されてしまった。廃止の背景には、何があるのだろうか。ロイヤル廃止から見えてくる、クラウンに起きた変革と、クラウンからロイヤルが消えた功罪を考えていく。

文/佐々木亘
写真/編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】ボディカラーが素敵な14代目クラウン誕生60周年記念特別仕様車&2021年6月に発売された15代目クラウン特別仕様車をみる