多軸トレーラの最高峰が日本市場にカムバック!ノーテブーム社製6軸セミローローダーの特徴とは?

多軸トレーラの最高峰が日本市場にカムバック! 世新建設運輸が導入したノーテブーム社製6軸セミローローダーの特徴とは?

 オランダの特殊トレーラメーカー・ノーテブーム社は、1990年代に日本市場に参入。2000年代以降は事実上の撤退状態になっていたが、このほど日本市場へのカムバックが実現! 

 世新建設運輸(神奈川県横浜市)が導入したノーテブーム社製6軸伸縮式セミローローダーは、インナーフレームを引き伸ばすことで荷台全長を約11400mm、約18800mm、約26500mmで設定可能。

 耐荷重性とオフロード走破性に優れる油圧ペンドルアクスルは最大60度の車軸ステア機能を備え、多彩なフィールドで活躍しそうだ。

 重量物輸送の本場・ヨーロッパで「多軸トレーラの最高峰」の異名を取るノーテブームの最新式トレーラに迫ってみよう!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2020年12月10日発売「フルロード」第39号より

【画像ギャラリー】モビルスーツを乗せたくなるこのメカニカル感!! オランダ・ノーテブーム社の多軸トレーラが日本再上陸!!


■伸縮機構と拡幅機構の組み合わせで1台で6種類の荷台バリエーションを実現

世新建設運輸が導入したノーテブーム社製6軸伸縮式セミローローダー。写真は標準状態で2代全長は約11400mm。連結全長は一般的なウイングトレーラと同等の約13mだ

 セミローローダーは中低床トレーラのこと。前から後ろまでフラットな荷台を持つフラットベッド(平床トレーラ、まな板トレーラ)と、車軸のない部分の荷台を地面ギリギリまで下げたローローダー(低床トレーラ、中落ちトレーラ、ドロップデッキ)の中間に位置するトレーラだ。

 フラットベッドと比べると、荷台の床面地上高が低いため背の高い積み荷が運びやすい。いっぽう、ローローダーと比べると床面地上高は高くなるが、フレームの剛性では勝り、最大積載量が取りやすい。また、全長も短くできるため狭い場所での取り回しでも有利となる。

1段目のインナーフレームを伸ばした状態。荷台全長は約18800mmとなる
こちらは2段目も伸ばした状態で荷台全長は約26500mmとなる

 伸縮式トレーラとは、文字通り荷台に各種伸縮機構を備えたトレーラのこと。インナーフレームを伸ばすタイプ、延長アタッチメントを取り付けるタイプなどが存在し、今回のノーテブーム社製6軸伸縮式セミローローダーはインナーフレーム式を採用する。

 荷台全長は、インナーフレームを伸ばしていない標準状態で約11400mm、1段目のインナーフレームを引き伸ばした状態で約18800mm、2段目のインナーフレームを伸ばした状態で約26500mmとなる。ちなみに単車の大型トラックの全長が12mなので荷台だけで大型トラック2台分を超える計算だ

荷台側面のエクステンドバーを引き出すことで荷台の幅を広げることが可能。荷台幅は標準時2740mmで、拡幅時(写真)は2990mm

 荷台幅は、標準時が2740mmだが、荷台側面に格納されているエクステンドバーを引き出せば2990mmまで拡幅可能。3種類の荷台全長と、2種類の荷台幅を組み合わせることで、合計6種類の荷台バリエーションを実現する。

 世新建設運輸では2016年と2018年に他社の伸縮式セミローローダーを導入しているが、現場で「スペック的には運べるのに、荷台の形状が合わず運べないことがあった」という。豊富な荷台バリエーションは、年々大型化する積み荷への対応力アップという点でもメリットになりそうだ。

■顧客の満足度アップに結びつく強靭な足回りとフレーム設計技術

油圧ペンドルアクスルは耐荷重性と走破性を両立。車軸ステア機能のステア角度は最大60度で、前に行くほど角度がゆるやかとなる設定

 世新建設運輸が導入したノーテブーム社製6軸伸縮式セミローローダーは、足回りに油圧ペンドルアクスルを採用。ゴツい「く」の字型のアームでダブルタイヤ2組を保持する同機構は優れた耐荷重性を誇り、車軸ステア機能や車高調整機能も搭載する。最大積載量は73500kgだ。

 車軸ステア機能(オートステア)は直進状態から最大で60度のステア角度を誇り、狭い路面などでの旋回性アップに寄与。荷台の床面地上高は通常走行時900mmだが、車高調整機能により780mmから1280mmまで無段階で設定可能だ。

車高調整機能は荷台高の無段階調整が可能。床面地上高は標準時900mmで、最低時(写真)が780mm
こちらは最高時の写真。床面地上高は1280mmとなる

 なお、ノーテブーム社はトレーラ製品のセミオーダーメイドに対応。今回の6軸伸縮式セミローローダーは上述した他社の伸縮式セミローローダーより床面地上高が1cm低い設計となっているが、この床面地上高を実現できるのは世界的にもノーテブームぐらいという。

 重量物輸送の現場では、図面に記されていない小さな突起物の影響などで、輸送がストップしてしまうこともある。「たかが1cm」と思うかもしれないが、現場で働くドライバーたちにとっては「されど1cm」なのだ。

トラクタはスカニアR650(6×4)を組み合わせる。DC16型エンジンは最高出力650PSを発揮。キャブバックには便利な収納ボックスも備わる

 ノーテブーム社製6軸伸縮式セミローローダーは、過去に導入した他社のセミローローダーに足りないものを補完するためのもの。導入検討の初期段階ではドライバーが現場で顧客へのヒアリングを行なってニーズを分析。世界中のトレーラメーカーから選んだのがこの一台だったという。

 同社担当者は「導入により輸送限界が広がった印象。より仕事の幅が広がるのでは」と期待を語る。同車両はすでにフル稼働中で、最初の大仕事となった渋谷駅ハチ公前広場の東急5000系(通称青ガエル)の輸送はテレビでも取り上げられたのでご覧になった方もいるのでは?

グースネック上部はアオリ板を架装し備品入れに活用。アオリ板にはノーテブーム社、輸入を行なった日本ロジスティクスイノベーションのロゴが入る

【画像ギャラリー】モビルスーツを乗せたくなるこのメカニカル感!! オランダ・ノーテブーム社の多軸トレーラが日本再上陸!!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ