ノートシリーズ月販目標1万2000台!? オーラ登場で強気に攻める日産は販売トップに立てるのか?


 日産ノートに上級モデルのノートオーラが追加された。ノートはこの2車を合計したシリーズで月販台数1万2000万台程度の売れゆきを目標にしているという。近年、月販1万台オーバーという販売台数は、販売トップのヤリスシリーズなどに並ぶ台数でかなり高い目標といえそうだ。

 オーラが加わったことで販売目標がさらに高くなったノートシリーズ。そこまで強気の販売目標を設定した理由は何なのか? そして、ノートシリーズはヤリスの牙城を崩して販売首位に立つことはできるのか?

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ノートが再び販売台数年間No.1を獲るオーラが見えるのか?占ってみる


■2018年に達成した登録車販売台数1位を新型でも実現! という日産の思い

 最近、話題の新型車といえば、2021年6月15日に発表されたノートオーラだ。日産は「発売は本年の秋」としているが、販売店では6月上旬から予約受注を行っている。一部の店舗にはノートオーラの試乗車も配置され、実質的に販売している状態だ。

 そして販売店によると「納車の開始は2021年10月~11月頃」という。「本年の秋」という発売は、納車の開始を意味する。

 ノートオーラのベースになる現行ノートについて、日産は2021年2月に「発売から1カ月で月間販売目標の2.5倍となる2万台以上を受注」と発表した。ノートの1カ月の販売目標は8000台で、その2.5倍だから2万台になる。

 日本自動車販売協会連合会のデータでは、ノートオーラの登録台数はノートに含まれ、シリーズ全体で示される。ノートオーラの販売目標は3000~4000台と思われるから、ノートも加えると、最大で1万2000台前後が目標になりそうだ。

ノート「オーラ」は6月に発表されたが、発売は秋の予定。ノートと合わせ1万台オーバーの販売で、久々の販売台数1位獲りを目指す!!

 ちなみに先代ノートには、ノーマルエンジンも用意されたが、現行型は廃止されてハイブリッドのe-POWERのみだ。開発者は「ノートとノートオーラは別の車種と考えているが、販売台数で捉えると、ノーマルエンジンの代わりにノートオーラを加えたと見ることもできる」という。

 そして先代型の販売比率では、e-POWERが70%、ノーマルエンジンは30%程度だった。これをそのまま現行型に当てはめると、ノートの月間販売目標が前述の8000台(ノートシリーズ全体の70%)であれば、ノートオーラは3400台(ノートシリーズ全体の30%)と見積られる。

2代目ノートのマイナー時に追加されたe-POWER仕様。ハイブリッドで出遅れていた日産が捲土重来の一手として市場に投入。日産の読みは当たり、見事2018年の登録車販売No.1を奪取した

 ノートの8000台とノートオーラの3400台を合計すれば、1カ月当たり1万1400台だ。この数字は先代ノートが小型/普通車の販売1位になった2018年における1カ月平均登録台数の1万1360台とほぼ等しい。

 つまり日産としては「2018年のノート1位」をノート+ノートオーラで再現させたいわけだ。しかも2018年に小型/普通車販売1位を獲得した時のノートは、e-POWERと価格の安いノーマルエンジンだった。しかし現行型は、e-POWERとさらに価格の高いノートオーラだから、先代型の組み合わせよりも多額の利益を生み出せる。

■リーマンやゴーンショックで国内販売台数は下降線。今や5位が定位置に

 それにしてもなぜ日産は、ノートと上級のノートオーラを用意して、大量な販売をねらうのか。この背景には、日産の国内販売が抱える切実な事情がある。

 国内におけるメーカーの販売ランキングを振り返ると、2007年頃まで、日産はトヨタに次いで安定的に2位だった。ところが2008年に発生したリーマンショックによる世界的な不況の影響で、2011年以降の日産は、国内に投入する新型車の数を大幅に減らした。2年に1車種程度まで落ち込んでしまう。

 その結果、設計の古い車種が増えて、国内販売も急速に減少した。2012年の国内販売ランキングは、1位:トヨタ、2位:ホンダ、3位:ダイハツ、4位:スズキ、5位:日産であった。2位から一気に5位まで転落している。

 この後、販売ランキングの2~4位は年に応じて入れ替わったが、5位は日産の定位置だ。15年ほど前まで2位だった日産が、いつまでも5位に留まるわけにはいかない。

 売れゆきと販売ランキング順位を高めるには好調に売れる商品が必要だが、前述のとおり日産の新車開発は冷え込んでいる。日本では5ナンバーサイズを中心にしたコンパクトな車種が売れ筋だが、日産では、堅調に売れていたティーダやキューブを廃止した。

日産はリバイバルプランの切り札として、サニーを改めティーダを発売。しかし思うように売れず、2代目ノートに「メダリスト」なるグレードを設定してティーダの後継とした

 マーチは発売から10年以上を経過してサッパリ売れない。多額の投資をせずに、効率よく売れゆきを伸ばせる車種が求められていた。

次ページは : ■ノートは万能選手? メダリストに次いで、日産の車種統合意図のオーラが見える