なぜ衰退? ホンダ インスパイア 変心の背景と事情【偉大な生産終了車】

どうしてこうなった ホンダのハイソカー インスパイア 変心の背景【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ インスパイア(1989-2012)をご紹介します。

文/伊達軍曹 写真/HONDA

【画像ギャラリー】5代で計23年! 歴代インスパイアをギャラリーでチェック!


■1980年代末期 ホンダから現れた個性派4ドアハードトップ

 初代は、1980年代末期の「ハイソカーブーム」に対するホンダからのアンサーとして誕生した「FFミッドシップ+縦置き5気筒」という個性派4ドアハードトップ。

 その凝ったメカニズムと流麗なフォルムにより、まずまずの人気を博した初代だったが、ぐっと北米ユーザー目線の作りに変わった2代目以降は日本国内での存在感を消失し、2012年に生産終了となったアッパーミドルセダン。

 それが、ホンダ インスパイアです。

 フラッグシップである「レジェンド」と、ミドルクラスである「アコード」の間にラインナップ上の空白があった当時のホンダは、1980年代後半に猛威を奮ったハイソカー、つまりトヨタ マークII 3兄弟に対抗できるニューモデルを市場に投入する必要がありました。

4代目コロナ マークII(1980-1984)。チェイサー、クレスタとともに「マークII 3兄弟」を形成し、ハイソカーブームの中心的存在として人気を集めた

 そのために開発されたのが、1989年10月に発売となった初代ホンダ アコード インスパイアです。

ホンダ アコード インスパイア(1989-1995)
ベースとなった4代目アコード(1989-1994)

 車名からわかるとおり、そのベースとなったのはホンダ アコード(4代目/CB型)でしたが、初代アコード インスパイアは「アコードのボディとエンブレムを変えただけの車」ではありませんでした。

 搭載エンジンは新開発の2Lまたは2.5L直列5気筒SOHC20バルブで、これをフロントの車軸より後ろ側に、つまり「フロントミッドシップ」で縦置き。さらにはエンジン本体を右に35度傾けることで低重心化も図られました。

 そして駆動方式は、仮想敵であるマークII 3兄弟はFRレイアウトでしたが、アコード インスパイアはあえてFFを選択。

 ホンダは、長い時間をかけて積み上げてきたフロントエンジン・フロントドライブの技術に相当の自信を持っていたのでしょう。

 そしてホイールベースは当時のトヨタ センチュリー並みの2805mmまで延長し、そこに伸びやかなフォルムの4ドアハードトップボディを載せました。

 このような形でデビューしたアコード インスパイアは発売後、まずまずの人気を博しました。

 そして1992年1月には全長を140mm、全幅を80mm拡大して3ナンバーサイズとした、「アコード」のサブネームが付かない「ホンダ インスパイア」を追加して、こちらもなかなかの人気に。

ホンダ インスパイア(1992-1995)

 しかし1995年2月のフルモデルチェンジで登場した2代目のホンダ インスパイアは、ボディサイズは初代の3ナンバー仕様とさほど変わらないものの、アメリカ市場の要望に応える形で「粋(いき)よりも居住性を重視したセダン」に変わってしまいました。

 1998年10月に誕生した3代目は、2代目と比べればパーソナル感が強めの車に戻りはしましたが、特徴もなかったからでしょうか、人気薄セダンとしてその生涯を送ることになります。

 そして2003年6月に登場した4代目は、また再び「北米ユーザー目線の高級セダン」へと回帰し、日本市場ではエッジ(優位性)を見せられないまま2007年、販売終了に。

 さらに、2007年12月に発売となった5代目のインスパイアは、申し訳ないのですがホンダ党以外のユーザーからはほぼ存在すら認識されないまま、人気薄高級セダンとしてモデルライフを過ごし、2012年10月に販売を終了。

 中国市場ではその後2018年に「インスパイア」という車名が復活することになりますが、とにかく2012年10月の時点で、ホンダ インスパイアの歴史はいったん終わることとなりました。

■セルシオと北米市場 インスパイア「変節」の2つの背景

 ホンダ インスパイアが生産終了となった理由。それはもう日本市場においては明らかに、「あまりにも北米ノリの車になったため、国内ユーザーからはそっぽを向かれてしまった」ということでしょう。

 しかし、マークII 3兄弟ほどではなかったかもしれませんが、一部ユーザーからは熱く支持されていた初代アコード インスパイアというなかなかカッコいい車が、なぜ2代目以降の「微妙なセダン」へと変わってしまったのでしょうか?

ホンダ インスパイア(1995-1998)

 ホンダというグローバル企業のグローバルな経営戦略として、「北米市場を重視しないことにはどうにもならない」という根本的な事情はあったのでしょうが、それはそれとして、まずは「初代トヨタ セルシオの登場」という理由もあったはずです。

初代トヨタ セルシオ(1989-1994)

 初代ホンダ アコード インスパイアは、トヨタのマークII 3兄弟とはまたちょっと違う「スタイリッシュな高級車」という新しい世界観を打ち出したモデルで、その試みはある程度成功したように思えます。

 しかし運悪くというのか何というのか、初代アコード インスパイアの登場とほぼ同タイミングで、「国際派の本格派」といえる高級セダン、初代トヨタ セルシオが登場しました。

 アコード インスパイアとセルシオは、直接バッティングするタイプの車ではありません。

 しかし「セルシオ」というあまりにも強力で斬新なコンセプトが誕生したことで、初代アコード インスパイアが打ち出した「高級車の新たな世界観」というコンセプトと商品性が、若干ぼやけてしまった――というのはあるでしょう。

 それに加えて1989年末の大納会で史上最高値を付けた日経平均株価は、1990年1月から暴落に転じ、その後の数年間でバブルは完全に崩壊。

 それに伴って高級セダンや高級スポーツカーの販売は軒並み苦しくなり、その荒波を乗り越えることができた国産高級車は、骨太のコンセプトとクオリティが伴っていたトヨタ セルシオぐらいだった――という事情もあります。

最終形となった5代目 インスパイア(2007-2012)

 こういった荒波をモロに食らえば、「斬新な高級パーソナルセダン(4ドアハードトップ)」という路線はもうやめにして、巨大な北米市場で確実に売れ、確実に利益を上げられるだろう「居住性重視のセダン」に方向転換しようじゃないか――と考え、そして実際に転換させるのは、企業としては「当然の処置」だったのでしょう。

 それについて今さらとやかく言うつもりはありません。

 しかしもしも世界の景気が今一度良くなり、ホンダの業績も盤石なものとなったあかつきには――また初代アコード インスパイアのような「粋なサルーン」が、ホンダというメーカーから出てくることを期待したいとは思うのです。

■ホンダ アコード インスパイア(初代) 主要諸元
・全長×全幅×全高:4690mm×1695mm×1355mm
・ホイールベース:2805mm
・車重:1300kg
・エンジン:直列5気筒SOHC、1996cc
・最高出力:160ps/6700rpm
・最大トルク:19.0kgm/4000rpm
・燃費:9.3km/L(10モード)
・価格:226万円(1989年式 AG-i  4速AT)

【画像ギャラリー】5代で計23年! 歴代インスパイアをギャラリーでチェック!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ