新型ヤリスクロス買う前に知るべき! 超人気車ゆえの要注意な点と生の声

買う前に知っておきたい! 超人気SUV 新型ヤリスクロスの要注意点と生の声

 2020年に登場し、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続けているトヨタの「ヤリスクロス」。2021年6月の月販台数は6530台、今年累計では5万5000台以上を売り上げた。ライズとともに、コンパクトSUV市場を牽引するモデルである。

 販売好調のヤリスクロスは、人気だけでなく、クルマの完成度も高い。だからこそ、ヤリスクロスを購入する際に、気にしておきたいポイントがある。

 本稿では、元トヨタディーラー営業マンの筆者が、ユーザーの生の声から考える、ヤリスクロス購入時のポイントを解説していく。

文/佐々木亘
写真/TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】2021年上半期販売台数首位獲得!トヨタヤリス・ヤリスクロス・GRヤリスをみる


ヤリスクロスは買っても乗っても経済的!

2021年販売累計5万5000台以上を売り上げたトヨタヤリスクロス。WLTCモード燃費ではハイブリッド30.8km/L、ガソリン20.2km/Lという高い数値を出した

 人気の高さが、クルマの完成度の高さを裏付けているヤリスクロス。その長所を挙げていけば、枚挙にいとまがない。特に車体の「軽さ」から生み出される「経済性の高さ」は、ヤリスクロスの大きな魅力だ。

 車体の軽さは、クルマの運動性能を高め、燃費も向上させる。ヤリスクロスと日産のキックスやホンダのヴェゼルと比較すると、ヤリスクロスは150kg程度、車両重量が軽い。

 実際に運転してみると、直列3気筒1.5Lエンジンの軽快さが、軽い車体と相まって、まるでコンパクトハッチバックを運転しているような、切れ味鋭い動きが楽しめる。

 さらに、燃費性能はピカイチだ。ハイブリッド車は、WLTCモード燃費30.8km/Lと、大きな注目を集めるが、ダイナミックフォースエンジンを搭載したガソリン車も、20.2km/Lと、高い数値である。

車両本体価格はエントリーモデル179万8000円から最上級グレード258万4000円(2WD)だ。キックス、ヴェゼルの車両本体価格より、約20万円安く、経済的メリットを大きく感じられる

 車両本体価格は、最上級グレードの「Z」(2WD)で258万4000円だ。こちらも、キックスやヴェゼルと比べると、20万円ほど安い。ヤリスクロスは、購入時から、カーライフを楽しんでいる最中まで、経済的メリットを大きく感じられるクルマなのだ。

広さ重視ならヴェゼルやカローラクロスも一考

写真はホンダヴェゼル。ヤリスクロスよりも全長150mm、全幅25mm、ホイールベース50mm大きく設計されている

 非常に多くのユーザーを満足させてくれるヤリスクロスだが、使い方によっては気になる点も出てくる。

 まずは、全長4180mm、ホイールベース2560mmという大きさだ。ベースとなっているヤリスと比べ、全長は240mm長くなっているのだが、ホイールベースは、わずか10mmの拡大にとどまる。コンパクトSUVだからと言ってしまえばそこまでだが、ヤリスとほぼ同じホイールベースでは、室内スペースが苦しい。

 特にヤリスクロスでは、前席とラゲッジスペースを広く作っている。そのため、短いホイールベースの影響で、後席スペースがかなり狭くなっている印象だ。

 特に、後席足元の空間はヤリスとほぼ同等である。ヒップポイントが高まっているぶん、着座姿勢は幾分か改善されてはいるが、ロングドライブとなると、後席に押し込められたパッセンジャーは苦しい。

 この点では、キックスやヴェゼルのほうが、後席の快適性は高い。

写真はヴェゼルの室内。ヤリスクロスは前席とラゲッジスペースが広く設計されているので後席が狭く感じられる。いっぽう、ヴェゼルは後席も広めに設計されているので快適性が高い

 常時2名乗車で、後席を使用する頻度が高くないという場合には、ヤリスクロスが良い。しかし、常時3~4名での乗車になり、後席を使用する機会が多い場合には、ヤリスクロスから車格を一つ上げることをおすすめする。どうしても同サイズのSUVで検討する場合には、後席空間に余裕があるのライズがいいだろう。

 実際に販売店では、ヤリスクロスからライズに検討車種を変更するユーザーも多いと聞く。

 2021年9月にはカローラクロスが登場し、SUV市場はさらに熱を帯びる。特にリアシートの快適性を重視するユーザーは、ヤリスクロスよりも、カローラクロスの登場を待ったほうがいいかもしれない。

次ページは : 単身or夫婦のみなら大満足! 子どもの年齢次第では要注意