伝説のフォード「GT40」の新車が買える!? まさかのEVモデル登場!?


 昨年日本でも公開された映画「フォードvsフェラーリ」で大活躍したフォード「GT40」。1966~69年のル・マン24時間レース4連覇の偉業で知られるこのマシンが、今でも新車として販売されているのをご存じだろうか? 今回はGT40の栄光をたどるとともに、アメリカのSuperformance社からリリースされているGT40のレプリカモデルにも注目! 加えて驚きのプロジェクトも紹介しよう。

文/長谷川 敦 写真/Newspress UK

【画像ギャラリー】伝説の“フェラーリキラー”フォード「GT40」の新車が買える!? そしてまさかのEVモデルが登場!?


打倒フェラーリを誓って開発されたモンスターGT

 1960年代、アメリカの“巨人”フォード社は、好調な市販車販売実績をさらに拡大するためのプロモーションとしてモータースポーツに進出し、なかでも有名なル・マン24時間レースを制覇するプロジェクトをスタートさせた。当初はこの頃経営難にあったイタリアのフェラーリを買収して、そのノウハウを手に入れる計画を立てていたものの交渉は決裂。結局フォードは自社で開発したマシンでル・マンに打って出ることを決意した。

 ル・マンに勝つためのマシンとして、イギリスのレースカーコンストラクター・ローラ製の「マーク6」をベースにすることになり、英国に設立したフォード・アドバンスド・ビークル(FAV)を拠点にマシンを開発。その結果、1964年にフォード「GT」が誕生した。

 やがてこのGTは、車高40インチ(約101cm)にちなんで「GT40」と命名され、同年のル・マン24時間レースに3台が出走。しかし熟成不足もあって3台全車がリタイアという惨敗に終わった。

優勝請負人、キャロル・シェルビーによるデベロップ

伝説の“フェラーリキラー”フォード「GT40」の新車が買える!? そしてまさかのEVモデルが登場!?
初優勝の1966年ル・マン24時間レースは1-2-3フィニッシュのオマケつき。3台同時ゴールを決めたが、スタート順位を理由に2号車(左)の優勝が認定された

 64年の結果を重く見たフォードは、FAVに代えて名レーサーにして名設計者でもあるキャロル・シェルビーが率いるシェルビー・アメリカンにGT40の開発を委託した。シェルビーはマシンの各部にさまざまな改良を加えるものの、65年のル・マン24時間ではまたしても出場全車(4台)リタイアという憂き目を見ることになる。

 だが、GT40の開発は続けられ、1966年のル・マンでは、GT40による1-2-3フィニッシュという最高の内容で悲願の初優勝を飾っている。これで勢いづいたフォードは、宿敵フェラーリを相手に69年までのル・マン4連覇を達成。GT40は60年代後半の最強マシンとしてル・マンに君臨した。

 レースカーとして開発されたGT40だったが、レース出場のための認可を得るため、ホモロゲーション仕様のロードモデルも製作されている。レースカーの開発拠点がシェルビー・アメリカンに移ったこともあり、このロードモデルの製作はFAVが担当していた。GT40にはいくつかのバージョンが存在するが、3代目にあたるマーク3は、ロードモデルのみが製作されている。

伝説の“フェラーリキラー”フォード「GT40」の新車が買える!? そしてまさかのEVモデルが登場!?
ホモロゲーション取得のために製作されたロードモデルのGT40。基本的な仕様はレースモデルと同様だが、ロードモデルではオープントップ車も作られている

次ページは : 2000年代に復活した「フォードGT」