ディーゼル買うなら今のうち? ディーゼルファンが魅力を語る!!

そんなバカな! まもなく消滅? 買うなら今のうち?? ディーゼルの歴史は閉じられるのか

 クリーンディーゼルが日本に上陸して15年。マツダがSKYACTIV-Dを開発して9年。

 煙モクモクーとか振動ガラガラーとか、いまだ完全には世間の偏見がぬぐえないディーゼルエンジンだが、実際は燃費がよくて力持ち。実用性能ならピカイチ!

 しかしそんなディーゼルエンジン、将来は決して明るくない。というよりほとんどお先真っ暗だ。内燃エンジンそのものが近い将来消える消えると言われているけれど、ガソリンエンジンより先に乗用ディーゼルが消えるのはほぼ間違いない。

 そんな訳で今回はディーゼルにハマって10数年の自動車評論家お二人を軸に、ディーゼルの魅力をたっぷりとご紹介。自動車ディーゼルへの愛を聞いてくれ!

※本稿は2021年6月のものです
文/鈴木直也、清水草一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年7月26日号

【画像ギャラリー】まだ買える! 国産車&輸入車 軽油限定ディーゼル車カタログ


■マツダ フィアット ランチアデルタ BMW… 自動車評論家2人が語る「ディーゼル」遍歴と魅力

 鈴木直也と清水草一。ともにディーゼルを日常の足として愛する者である。その2名が、ディーゼルの歴史を踏まえつつ、現代のクリーンディーゼルターボへの愛を炸裂させた!

*   *   *

清水 直也さん、ディーゼル何台目ですか?

鈴木 3台連続ですよ!

清水 僕も通算3台目です! 一度ディーゼルを知ったら、やめられない!

鈴木 あのグググッとくる感じ、シビレるよね。

清水 あの加速でこの燃費だもん。でも、昔はディーゼルって大っ嫌いだったんです。

鈴木 僕もですよ! 最初に体験したディーゼルって、いすゞフローリアンだし。

清水 乗ったことないけど(笑)、遅かったんでしょうねぇ~。

鈴木 ガラガラ言うだけで遅いのなんの! アクセル踏んでから1秒後にようやくガ~~~~~って言いながらノロノロ加速するんだけど、3000回転でもう頭打ち。

清水 昔のディーゼルって、黒煙も凄かったしね……。

鈴木 僕はね、石原慎太郎さんは偉かったと思ってるんですよ。あの人がススの入ったペットボトルを振ったおかげで、今のクリーンディーゼルがあるんだから。

清水 同感ですよ! あの頃の日本のディーゼルって、黒煙モクモクで最悪でした。あれのせいでオープンカーをオープンにできなかったし、完全に敵でしたよ! 石原さんが東京都でディーゼル規制を始めたことで、国のディーゼル規制が強化されて、ようやくトラックの黒煙が薄まった頃、ヨーロッパからクリーンディーゼルがやってきた。

「グググッとくる感じ、シビレるよね!」鈴木直也

鈴木 2002年にボッシュが日本で、欧州製クリーンディーゼルの大試乗会をやったんですよ。ベンツのSクラスとかBMW7シリーズのディーゼルに乗って、目からウロコだったなぁ。

清水 僕は、2006年に正規導入されたベンツE320CDIで衝撃を受けたクチです。あのトルクでこの燃費! これ以上のロングツアラーはない! って。でも高くてねぇ。その後もずーっと狙ってたんだけど、結局最初に買ったのは2013年。トルクがあるんだから小排気量でいいだろうって、フィアット製1.2Lディーゼルを選んだのは失敗だった。排気量が小さすぎてタービンがなかなか回らず遅い遅い。その後1.6Lディーゼルのデルタに乗り換えて、これには納得でした。

2006年導入の初クリーンディーゼル車、ベンツのE320CDIは日本のクルマ界に衝撃を与えた

鈴木 僕はデミオの1.5ディーゼルが出てすぐ、あのトルクにシビレて契約したんですよ。次のCX-3は純粋にデザインに惚れたからで、エンジンはデミオと同じだった。そして今のBMW118dは2L。これは文句なくイイ! やっぱり適正排気量ってあるんだなって思う。

清水 僕も今のBMW320dには感動しっぱなしですよ。エンジンが大きいほうが加速はいいけど、燃費は1.2や1.6と同じで、どれもリッター18kmくらい。なら2Lがいいよね!

鈴木 マツダの1.5ディーゼルはシングルターボで、下のトルクの薄さをトルコンでカバーしてたけど、2Lに乗り換えて、ようやく本当のディーゼルの魅力にたどり着いた気がするな。

清水 加えて日本では軽油が安い! 軽油でリッター18km走れば、燃料代はガソリンハイブリッドのリッター24kmとイーブンでしょ。ワンタンクで1000km走れるし、どこまでも走って行けそうな気分ですよ!

鈴木 実は僕も、ディーゼルにしてからロングドライブが楽しくなった。やっぱりトルクがあるのって、ラクで気持ちいいんだよね! 

清水 そうそう、ディーゼル最高(笑)!

「あの加速でこの燃費、やめられませんよ!」清水草一

●鈴木直也のディーゼル遍歴

 10年近く初代インサイトに乗った後、出会ったのはマツダのディーゼル。それがぼくのクルマ人生を変えましたね。

・デミオ 1.5XD…2014年6月に試乗して、その場で予約。生まれて初めてのAT車だったけど、マッチング最高だった

マツダ デミオ 1.5XD

・CX-3 1.5XD…デザインに惚れてデミオから乗り換え。15Lとは思えないトルクと平均18km/Lの燃費に満足

マツダ CX-3 1.5XD

・BMW 118d(先代)…2Lのこれに乗ると今までの1.5ディーゼルが「まあまあ程度」に感じてしまう。とにかく最高!

BMW 118d(先代)

●清水草一のディーゼル遍歴

 2006年以来、ディーゼルに恋い焦がれるも、最初の購入はその7年後。そして4年前、ようやく真打に出会いました。

・フィアットクーボ1.2ディーゼル…並行輸入された中古車を購入するも出足の遅さとセミATのマッチングに辟易し、半年で手放す。

フィアットクーボ1.2ディーゼル

・ランチアデルタ1.6ディーゼル…2015年、再び並行輸入ディーゼルを購入。1.6L+セミATには満足するも、直進安定性悪く手放す。

ランチアデルタ1.6ディーゼル

・BMW 320d(先代)…ようやくたどり着いた輸入ディーゼルの超王道・BMW。3年落ちを235万円で購入し大満足!

BMW 320d(先代)

■鈴木氏・清水氏スイセン 現行ディーゼル名機ベスト3

●鈴木直也スイセン

 1位はベンツの直6ディーゼル(OM654)ですね。あのトルクと静粛性、そして滑らかな回転フィールにはとろけます。それを搭載する車種から、最もお似合いと思えるG400dを選びました。1251万円は決して安くないけど(笑)、その価値はあるでしょう。

 2位 マツダのディーゼルは、本当は2.2Lがいいんだけど、庶民の味方という意味では、CX-30の1.8XD。スタイリッシュだし、2WDなら300万円ちょいという価格が魅力です。

 3位 BMWは自分も乗ってるので、やっぱしお薦め。贅沢は言いません。FFになった118d(2.0L)でけっこうです。385万円からなのでお値段も手頃。

鈴木直也のスイセン1位:メルセデスベンツG400d…3L、直6は回転フィールも絶品。Sクラスはじめ多くのメルセデス大型モデルに搭載されるが、真打はコレ!
鈴木直也のスイセン2位:マツダCX-30…1.8LのSKYACTIV-Dを搭載。デザインよし、エンジンもマイチェンでアップデートされた。価格も手頃!
鈴木直也のスイセン3位:BMW118d…FFになってもBMW2Lディーゼルのよさは変わらない。音や振動はさらに低減され、快適でトルクフル!

●清水草一スイセン

 私の1位はシトロエン・ベルランゴ。さすがおフランスとしか言いようのない、猛烈にオシャレなファミリーカーで、1.5Lディーゼルが超ドンピシャ! ふんわりした乗り味をトルクたっぷりのディーゼルで走らせるのは超カイカン! 317万円という価格は超お買い得!

 2位はマツダのCX-5。やっぱり1.5や1.8と比べると、2.2Lのトルクはステージが違う。デザインもステキだし、値段だって299万円からだし。

 3位、私の愛車の後継モデル、BMWの現行320dですね。先代型より音が静かになって、もはやガソリン車との区別が真剣に難しくなった。ADASも進化してるし、真剣に欲しいです。

清水草一スイセン1位:シトロエンベルランゴ…グループPSAの1.5ディーゼルは2Lに遜色ない実用トルクを発揮。オシャレなボディを引っ張るのに最適!
清水草一スイセン2位:マツダCX-5…日本人だもの、マツダのSKYACTIV-Dは外せません。やっぱり2.2Lがイイ! デザインも秀逸!
清水草一スイセン3位:BMW320d…150ps版でも充分だけど、190psあればなおうれしいBMWの2Lディーゼル。見栄えもキマる!

次ページは : ■ディーゼルの「明日はどっちだ?」