自動運転技術はついに二輪車にも 転倒ゼロでストレス大幅低減!!【自律自動運転の未来 第23回】


 自動運転技術の最前線を紹介していく本連載。連載第23回となる本稿では、「オートバイの自動運転技術はどうなっているのか」をご紹介します。バイクといえば転倒がつきものですが、自動運転技術が普及すれば絶対に転倒しないバイクが作れる…って…本当でしょうか??

文/西村直人
写真/HONDA、西村直人(アイキャッチ写真はホンダのMotoGPマシンRV211Vで、ライダーは筆者)、AdobeStock

シリーズ【自律自動運転の未来】で自動運転技術の「いま」を知る

■バイクの自動運転はACC、衝突警告、死角検知から

 オートバイ(二輪自動車)における究極の安全とは、どんな運転状況でも転ばないこと。これが33年間ライダーである筆者の考えです。

 現在、残念ながらその願いを叶えてくれる技術はオートバイにありません。しかし、将来的に“転ばないバイク”が目指せる、そんな先進安全技術の第一弾が実装されました。

 ドイツの部品供給メーカーであるボッシュが開発した二輪車向け先進運転支援システム「ARAS」がそれです。ARASとはAdvanced rider assistance system(アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム)の略語であり、先進乗車支援システムと呼ばれます。

バイク乗りにとって危険は常に隣りあわせ。安全技術は四輪とは異なるアプローチで、積極的に進められている(AdobeStock@dreamnikon)

 いわゆる四輪車の先進安全技術である「ADAS」はAdvanced Driver Assistance Systems(アドバンスト・ドライバー・アシスタンス・システム)の略語であり、先進運転支援システムと呼ばれていますが、その意味でARASは二輪車版ADASとも理解できます。

 ボッシュではARASの開発を2013年より開始し、2017年4月にはドイツやEU諸国で、2019年3月には日本で公道での実証実験を行なっています。そして2020年以降、ドカティ、KTM、BMWといった二輪車メーカーの特定車種が実装しています。

ボッシュのARASテスト風景

 筆者はテストコースで、このボッシュ製ARASを装着したテスト車両にテストコースで試乗。危険な状況を安全に試せるテストコースでは、次の3機能を体感しました。

(1)ACC(アダプティブクルーズコントロール)
(2)衝突予知警報
(3)死角検知

■オートバイならではの問題点がある

 (1)のACCは四輪車でお馴染みの追従機能です。アクセルとブレーキをシステムが調整しながら、センサーが捉えた前走車と適正な車間距離を保って巡行します。

 ただしオートバイは圧倒的にMT車比率が高く、このARASもMT車を前提に設計されています。よって、下限速度は約30㎞/hであり停止までの制御は行なわれず、ギヤ段の変速もクラッチ操作を含めてライダーが行ないます。

 完全停止や停止保持、再発進までもシステムが行なう四輪車版ACCよりも支援度合いは低下しますが、それでも長距離走行時の身体的負担は大きく軽減。直線だけでなくカーブでもセンサーの認識エリア内に前走車が走行している場合、ACCは機能します。

 オートバイは車体を傾けてカーブを走る傾斜走行が特徴ですが、ボッシュARASはその傾斜走行に対応可能なミリ波レーダーセンサーを用いました。

 車体前後に一つずつ、計2つのミリ波レーダーを設置して車体前後を扇形で囲うようにセンシングを行ないます。オートバイ用に軽量化され、傾斜対応だけでなく振動にも強い独自の設計が施されています。

自動運転技術は協調が重要なのだが、まずは個々の車体にある程度以上の先進技術が組み込まれていることが前提となる

(2)の衝突予知警報は、前部のミリ波レーダー情報から、前走車との衝突可能性が高まった場合にディスプレイ表示などで危険を知らせる機能です。

 報知後、ライダーがそれに気づかず前走車に急接近したとしてもシステムによるブレーキ制御は行なわれません。あくまでもライダーにブレーキ操作や回避動作を促すだけに留まります。

 なぜシステムによる自動ブレーキ制御を行なわないのかといえば、ライダーは不意に訪れるシステムからの急制動(急ブレーキ)に対応しきれないからです。
また、オートバイはタンデム(2人乗車)走行している場合、1人乗りと比べて加速、減速、カーブ走行、低速走行などいずれも運動性能が大きく落ちることから、やはり急制動では不安定になりがちで転倒リスクが高まってしまいます。

(3)は自車の後側方から迫る車両を車体後部のミリ波レーダーで捉えて、それをディスプレイ表示などで報知し、ライダーに車線変更を抑制するよう伝えます。

 この機能も四輪車で普及しています。四輪車の場合は車線変更を行なおうとする逆側の前後ブレーキを緩く片効きさせる、またはステアリング操作に介入して車線変更を抑制するなど、車体に直接影響を及ぼす制御を行ないます。

 対してARASの場合は、やはり警報止まりで、実際の抑制はライダー自身に委ねられています。

次ページは : ■車車間通信でさらなる安全を