トラブル激増! こんなドライバーには貸したくない! カーシェアオーナーの嘆き

トラブル激増! こんなドライバーには貸したくない! カーシェアオーナーの嘆き

 最近認知度が上がってきた個人間カーシェア。そこで近頃増えているのが「ありえない」ドライバーとのこと。多くのユーザーは問題なく利用できているようだけど、中にはひどい人もいるようで、その言動に困り果てているオーナー(クルマを貸し出す側)に取材してみた。

文/加藤久美子
写真/Adobe Stock(アイキャッチ写真:Adobe Stock@Sakosshu Taro)

【画像ギャラリー】個人間カーシェア最大手 「Anyca」人気車種ランキングBEST10


■個人間カーシェアとは?

Anyca(エニカ)やGO2GOに代表される個人間(CtoC)カーシェアはアプリを通じてオーナーと利用客をマッチングする(Adobe Stock@thodonal)

 1台のクルマを複数人でシェアしあう「カーシェアリング」には、タイムズカーやカレコなどの『レンタカー型カーシェア』と、Anyca(エニカ)やGO2GO(ゴー・トゥー・ゴー)に代表される『個人間カーシェア』の2つがある。今回はその個人間カーシェアで起きているトラブルのお話。

 個人間カーシェアでは一般的にクルマを貸す人のことを「オーナー」、そのオーナーのクルマを借りる人のことを「ドライバー」と呼び、専用アプリを介してマッチングが成立するとドライバーはクルマをシェア。オーナーはその「シェア料金」をドライバーのクレジットカードを介して受け取る仕組みだ。

 シェア料金はオーナーが好き勝手に決められるわけではなく、車両の購入金額や各種の税金や駐車料金、自動車保険など、クルマを所有し良好な状態で乗り続けるための費用をもとに、運営会社の専用アプリでシェア料金の上限が決められる。オーナーはその上限料金以下にてシェア料金(24時間)を設定することになる。

 「わナンバー」の有償貸渡しにならないよう、あくまでも「経費を按分」してオーナーとドライバーがその車両を「共同使用」するという形になる。

 クルマを所有しているが「乗るのは月に数日……」というオーナーにしてみれば、空いている時間に利用してもらって維持費の一部としてシェア料金をうけとることができる。ドライバーにとっては、レンタカーなどでは借りられないスポーツカーなど、様々な車種を手軽に体験できるのが大きな魅力だ。

 若者を中心に増えつつある個人間カーシェアの利用だが、やはり「個人間」ということでトラブルも数多く発生している。ライトなトラブルから、詐欺横領に相当するヘビーなトラブルまで紹介してみたい。

■(1)日本語がわからないドライバーはご勘弁

 外国人ドライバーでも日本で有効な免許証を所有し、所定の手続きを経て運営側の審査に通ればドライバーとして登録することが可能だが、実際、外国人ドライバーとの間にトラブルも多く発生している。

 「メッセージの時にはとても上手な日本語で安心していたのに、いざ、クルマを受け取る際に会ってみたらほとんど日本語が話せない。日本語がまったくできない方はお断りしているが、最近では受け渡しの時まで把握できない方も多い」

 「外国人ドライバーに貸したらクルマをぶつけて返されました。ドライバーは否定し、運営会社も保険会社も冷たい対応でした。何の過失もないオーナーよりもドライバーに有利に動くんだなと思って悲しくなりました」

 「4人乗りのクルマに5人乗って返しに来たことも…乗車定員も知らなかったみたい」

次ページは : ■(2)いきなり予約

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ