いつかは乗りたい!! でも一生無理かも…魅惑のベンツGクラスの世界

いつかは乗りたい!!でも一生無理かも...魅惑のベンツGクラスの世界

 「高級SUV」というカテゴリーが確立されてから久しいが、その中でもひと際強いオーラを放つのが「メルセデスベンツ Gクラス」だ。メルセデスにおける乗用車ラインアップの中で唯一の本格オフローダーであり、世界中のセレブを魅了する孤高の存在。日本の芸能人の方でも、愛車としている方が多いモデルだ。

 他の追随を許さない、メルセデスベンツGクラスの魅力に迫ってみよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:Mercedes-Benz

【画像ギャラリー】本格オフローダーなのに、なぜかセレブに大人気!!  魅惑のベンツGクラスの変遷


もともとは無骨でシンプルな本格オフローダー

 高級SUVとしてのイメージが定着しているGクラスだが、そのルーツは「ゲレンデヴァーゲン(ドイツ語でオフロード車の意)」という名で誕生した、シンプルな本格オフローダーだ。

 1979年2月にワールドプレミアされたこのモデルは、ラダーフレーム構造とリジッドアクスル、センターデフを備えたパートタイム4WDというメカニズムに加えて、簡素なインテリアかつ、スクエアな外観というパッケージで、ぱっと見は、何とも無骨。

 このゲレンデヴァーゲンのコンセプトは「オンロードでも快適な本格オフローダー」。当時、すでに同様のコンセプトで登場していた、ランドローバー・レンジローバー(1970年発売)を意識して開発されたモデルでもあった。

初代Gクラスである、1979製の280GE。無骨でシンプルなオフローダーだ

 そして、いざデビューすると、その総合的な実力が各国の軍に認められ、ドイツ連邦軍、アルゼンチン軍、オーストリア軍、スイス軍、NATO軍、国連軍と、続々と各国軍で正式採用されたことで、1981年軍用モデルの生産が開始となる。

 もちろん、民生用モデルの販路もしっかりと見据えられ、1981年には前席に独立式のレカロシートをオプション設定。1985年にはフロント・センター・リアのデフロックを全車標準装備に(それ以前はフロントとリアがオプション設定)。1990年に登場した2代目となるW463型ではフルタイム4WDシステムとABS、そしてインテリアにはウッドが採用されるなど、時代に合わせた改良が加えられていた。

 このモデルが、世界のセレブが注目するラグジュアリーオフローダーへの道を進み始めたのは、2代目途中である1993年に「Gクラス」と車名を変更してからだ。

 ゲレンデヴァーゲンの基本コンポーネントは継承しつつ、5.0L V8エンジンモデルや電子制御デフロックを搭載し、ウォールナットのウッドフェイシアと最上級の本革シートで包まれたシート・トリムの「クラシック」グレードを設定。メルセデスAMG社がチューニングした5.5L V8やサスペンション、エキゾーストシステムを搭載した「G55L AMG」の登場も話題となった。

2代目Gクラスの「G 55 AMG ロング」

 価格もこのあたりから1000万円オーバーの設定が当たり前となり、メルセデスの最新モデルに搭載される安全装備、豪華装備が施されるようになった。

 その後、2018年には39年ぶりの全面刷新によって3代目となったが、ひと目でGクラスと分かるデザインは受け継がれた。本格オフローダーとは思えないほど先進的で洗練されたインテリアや、最新のメカニズムと安全性能が搭載され、ラグジュアリーオフローダーの地位をさらに確固たるものにしたのは、ご存じの通りだ。

2021年5月に追加された、G400d。幅広い内装色と特別感を高める装備が選択可能な「G manufaktur(Gマヌファクトゥーア)プログラム」が設定された

クラシカルデザイン×機能美×ラグジュアリーで唯一無二の存在

 セレブが選ぶ高級車は世の中にたくさんあるが、Gクラスはその中でもかなり特異な存在であろう。1000万円超えのクルマなのになぜか遊び心さえ感じてしまうGクラスは、ファッションに例えるなら、異なるテイストであえてハズし「抜け感」を出す高度な着崩しコーディネート、といったところだろうか。高価な貴金属や衣装を身に纏ったセレブが、Gクラスのようなオフローダーに乗る姿は不思議とカッコよく決まる。

 本格高級オフローダーといえば、日本が世界に誇るランドクルーザーやレクサスLX、それこそライバルのレンジローバーやディフェンダー、今ではブランドが消滅してしまったハマーなどを挙げることができる。

 しかし、これらをもってしてもGクラスほどのコーディネートが決まるとは思えない。Gクラスのクラシカルなデザインやツボを抑えたラグジュアリー、メルセデスというブランド力のハーモニーだけが作り出せるものなのだろう。

 Gクラスには機能を超えた妙味と、他の高級SUVには表現できないセンスがあり、そこに多くのセレブが惹かれ、ライフスタイルの発信用アイテムとして選ばれている。「本格オフローダーなのにオンロードしか走らない」というオーバースペックでさえも、彼らにとってはステータスの一つなのだ。

「本格オフローダーなのにオンロードしか走らない」ユーザーも多い

次ページは : どうしてもGクラスに乗りたい…!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ