トヨタ「ヤリス」が1年以上販売トップに君臨し続けている理由は?

発売から1年半! トヨタ「ヤリス」が販売トップに君臨し続けている理由は?

 2021年上半期に軽を含めた販売台数のトップに立つなど、フルモデルチェンジから1年半が経過する今も好調に売れ続けているトヨタのヤリス。

 2020年8月にSUVのヤリスクロス、9月に4WDスポーツのGRヤリスを加えたシリーズ化によってさらに販売を伸ばしていて、登録車では昨年7月から連続販売台数トップと圧倒的な強さをみせている。

 ここまでヤリスが売れ続けている理由はどこにあるのだろうか?

文/渡辺陽一郎  
写真/ トヨタ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ヤリス・シリーズを画像で確認!


■販売1位の「ヤリス」は1車種ではない……

 国内で新車として最も多く売られている車種は、統計上はヤリスだ。2021年1~7月の1カ月平均登録台数は2万台少々に達する。2位のN-BOXは1万8000台だから、ヤリスは1カ月平均で2000台ほど上まわる。

 なぜヤリスが国内販売の1位なのか。理由の筆頭に挙げられるのは、ヤリスの登録台数がシリーズ全体の販売実績になることだ。日本自動車販売協会連合会(自販連)では「ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス」の登録台数を合計して発表している。

国内販売台数トップのヤリス。これは自販連が「ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス」の登録台数を合計し発表したもので、単一車種の数字ではない

 カローラも継続生産型を含めて、セダン+ツーリング+スポーツ+アクシオ+フィールダーの合計台数だ。

 ヤリスの場合、ハッチバックのヤリスとSUVのヤリスクロスは、ユーザーから見て別の車種になる。そこで登録台数を分割すると、ヤリスの1カ月平均は9800台、ヤリスクロスは9100台、残りの少数がGRヤリスだ。毎月の売れゆきを見ると、ヤリスよりもヤリスクロスのほうが多く売られることもある。

ヤリスという名を持つなかで別格なハードさを持つGRヤリスの販売台数も、ヤリスシリーズに含まれる

 いずれにしろ、ヤリスをボディタイプ別でとらえるか、それともシリーズ全体かによって登録台数は大きく変わる。

 ヤリスをボディタイプ別に算出すると、小型/普通車の登録台数1位はルーミーだ。2021年1~7月の1カ月平均は1万3000台に達した。Lサイズミニバンのアルファードも9400台だから、ヤリスやヤリスクロスと同等に売れている。

 今後はこの上位グループにアクアも加わる。2021年7月の時点でも、小型/普通車の登録台数ランキングでは、アルファードに次ぐ売れゆきであった。

■「ベストセラー」は数字の妙技

 以上のようにヤリスの登録台数は、複数のボディタイプを合計したから大幅に増えたが、ここにもトヨタの巧みな戦略が絡む。複数のボディを合計しても、国内販売の1位を獲得すれば、「ベストセラーカー」としてニュースになるからだ。

TVや新聞では「ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリスを合計して販売ランキングの1位になった」とは報じないので、多くの人達はヤリスが絶好調に売られていると受け取る。

 逆にヤリスクロスの車名は登場しないが「ヤリス」として取り上げられればいい。安定的に国内販売の1位とされていたN-BOXを押さえ込むことが可能になるからだ。

SUVのヤリスクロスなどもすべてヤリスとして販売台数に含まれる。「ベストセラーカー」としてニュースになり、見た目上で国内販売1位のN-BOXを押さえ込むことができるのだ

 国内販売の過去を振り返ると、1997年頃までは、カローラが安定的に新車販売の1位であった。稀に年間販売の1位を奪われても、翌年には奪い返した。

 それが軽自動車が規格を一新した1998年以降は、国内販売の総合1位がワゴンRなどの軽自動車に変わり、カローラは小型/普通車の登録台数1位になった。2008年以降は、小型/普通車のプリウス、アクア、フィットなどがカローラの売れゆきを上まわるようになっている。

 そこでトヨタとしては、改めて国内販売の1位に君臨する車種として、ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリスのヤリスシリーズを用意した。小型/普通車だけでなく、N-BOXをはじめとする軽自動車軍団にも負けない確固たる新車販売1位を築くわけだ。

 トヨタは軽自動車を扱わないので「N-BOX対策」の意味は特に大きい。

次ページは : ■全店/全車販売体制の影響も?