車の後ろ姿がスッキリ進化? 実は激変したマフラーの見せ方 「魅せる」デザインは燃費のためだった!?

車の後ろ姿がスッキリ進化? 実は激変したマフラーの出口「魅せる」デザインと工夫の訳

 クルマのリアデザインにおいて、とても重要なポイントである「マフラー」。

 左右どちらか一方からマフラーエンドを出したり、左右二本出し、センター出し、はたまた1980年代に一部で流行った竹やりマフラーのようにかちあげたりと、昔からクルマの個性を表現するマフラーのデザインパターンはいくつかあった。

 しかし近年は、バンパーの一部にテールエンドの出口を設けたクルマや、そもそもマフラーが無いように見せるクルマも増えてくるなど、マフラーデザインのトレンドも、変化してきている。

 そこで、近年のマフラーテールエンドとバンパーデザインのトレンドについて振り返りつつ、なぜ変化していったのか、考察をしてみよう。

文/吉川賢一、写真/編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】世界初披露された新型フェアレディZ(北米版)のマフラーはどうなってる?


なぜマフラーのデザインは燃費のため?

ホイール交換、インチアップ、車高調整、そしてマフラー。クルマいじりが好きな方にとっては、これらの改造はもはや必須科目であった(写真:dreamnikon-Stock.Adobe.com)

 国産スポーツカーブームが巻き起こっていた1990年代後半は、大排気量のクルマやスポーティなクルマほど、マフラーテールエンドをしっかりと「魅せる」デザインが施されていた。

 なかでも、スポーツカー好きやラグジュアリーカー好きは、排気サウンドの改良と、リアデザインの迫力強化を狙い、砲弾型マフラーやチタン製マフラーエンドなどに、こぞって改造していた。

 交換用のマフラーはメーカーオプションとしてカタログにも掲載されており、また、アフターパーツも多くあるため、この時代のクルマいじりが好きな方は、マフラー交換は「基本のき」のようにおこなっていた(筆者も歴代所有したクルマのマフラーは必ず交換してきた)。

 交換したマフラーテールエンドがバンパー下に収まりきらず、はみ出した姿の方が、「むしろカッコよい」とされていた時代であった。

 エンジン排気の通り道であるマフラーは、走行することで熱くなる。その熱を車体フロアへ伝えないようにするため、熱対策に対して今よりも技術力のなかったこの時代は、空気に当たるように、車体の底面に浮かすようにレイアウトする必要があった。

 現代のクルマでもマフラーを空気にあてて冷やすことは必須だが、マフラーの放熱性能や耐熱材の進化、冷却に効率的なレイアウトなどにより、以前よりはずっと効率よく対策ができるようになっている。

 マフラーテールエンド、およびリアバンパーデザインの方向性が変わってきたのは、2000年代に入ってからだ。その理由は「燃費改善」のため。

 パワートレインのハイブリッド化や、トランスミッションの多段化、CVTへの置き換えと併せて、空気抵抗を下げるために、アンダーフロアまで、細かくつくり込むことが効果的だとわかってきたからだ。

写真はGT-Rの例。空力的な狙いから、バンパーとマフラーのテールエンドを一体化したデザインを採用している

 それまでは、空気抵抗低減のアイテムといえば、ボディ上屋の形状やリアスポイラーなどがメインアイテムであったため、マフラーテールエンドは「ありのまま」出していることが多かった。

 空気抵抗低減に、フロア面の空気を使うとなると、凸凹したマフラーやサイレンサーがジャマとなる。そのため、マフラーのレイアウトや形状を変更し、マフラーの搭載位置を上げて、床下をフラットにするような工夫が行われるようになり、バンパー内へテールエンドを食い込ませる近年のようなデザインへと、トレンドが変わってきたのだ。

かたちは変わったが「魅せるデザイン」は健在

2018年登場のメルセデス・ベンツAクラス。左右二本出しのように見せているが、実際には一本出しで、バンパーの下側にテールエンドが出ている

 一部のスポーツカーやレーシングカーでは当たり前におこなっていたアンダーフロアのフラット化は、高速走行時のリフトフォース低減によって、走行安定性が高まる効果がある。

 また、アンダーフロアの形状で最も重要なのが、リアフロア後端の処理だ。床面を流れてきた空気がクルマから剥がれる部分の形状で、空気抵抗(=燃費性能)は大きく変わる。

 その重要な部分にあるサイレンサーやマフラーパイプが、気流を阻害しないよう「出来るだけ高さを上げたい」、さらには、「アンダーディフューザーの一部として利用したい」となったのが、今のバンパー埋め込み型のマフラーエンドとなった理由だ。

 この手のデザインは、当初、スポーツカーや高級車から始まったが、徐々に乗用車のスポーツグレードや、スポーティな国産車へと広がりを見せている。その多くが、マフラーのテールエンド周辺をブラックに塗装し、マフラーエンドを目立たせるデザインを取っている。

 ボディのヒップラインを持ち上げてスポーティに魅せ、シルバー色のテールエンドが「映える」ようにデザインされているのは、スポーツカー好きにとっては、ありのままを出していた昔と、マフラーテールエンドのデザインに対する価値観が変わっていないからであろう。

 ちなみに、リアバンパーデザインとして、ダミーホールが施されたクルマもある。メルセデスAクラス、Cクラスの「AMGライン」などがそれにあたる。

 ハイパワーな「AMG」ではそのホールを実用しているのだが、「AMGライン」では、実際のテールエンドは一本出しで、バンパーの下側から「にょきっ」と出ている。てっきりマフラーエンドだと思いこんでしまい、実情を知ったときはちょっと残念に思った。

次ページは : マフラーを「隠す」デザインも多くなっている