日産はマーチを諦めるな、コンパクトカー戦国時代に取り残された「名門」

コンパクトカー戦国時代に取り残された「名門」 日産はマーチを諦めるな

 トヨタから新型ヤリスと新型アクアが発売され、ホンダからは新型フィットが登場、日産もノートがフルモデルチェンジして、先ごろノートオーラが発売されている。

 いま日本のコンパクトカー市場は大変な激戦区となっている。

 そんななか、かつてこのカテゴリーで珠玉の存在として活躍していたモデルが、まったく手つかずのまま放置されている。日産マーチである。

 現行型(4代目)マーチの登場は2010年。もう今年で11年が経過した。次期型開発の噂はまったく聞こえてこず、そろそろモデル廃止の話ばかりが囁かれている。しかし日産はマーチを諦めるべきではない。

 スカイラインだって「諦めない」と明言したのだから、マーチだって諦めるべきではない。この大事なブランドがなぜ諦めるべきではない重要なモデルなのか、自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に解説していただいた。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部、TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】憧れだった…可愛かった… 名門日産マーチの歴史をギャラリーで振り返る


■コンパクトカー戦国時代に取り残された日産マーチ

2021年7月19日に発売された新型アクア。ボディサイズは全長4050×全幅1695×全高1485mm、ホイールベースは2600mm。アクセルペダル1つで加減速を可能にする「快感ペダル」をトヨタ車で初採用

 最近はコンパクトカーの売れ行きが好調だ。新車として売られるクルマの約25%を占めて、軽自動車の次に多い。

 背景には運転のしやすさや経済性に加えて、クルマの価格が上昇した事情もある。安全装備や運転支援機能の充実により、車両価格は、15年ほど前に比べて1.2~1.3倍に高まった。200万円だったクルマも、今は240~260万円だ。

2020年2月にフルモデルチェンジした現行型フィット。パワートレインは1.3L 直4ガソリン車と1.5L 直4エンジン+モーターのe:HEV

 そこで2020年には、コンパクトカーのヤリス、フィット、ノート、ソリオが新型になり、2021年にはアクアもフルモデルチェンジを行った。ノートオーラも加わっている。

 このようにコンパクトカーの新型車が次々と登場する中で、伸び悩むのがマーチだ。

2010年7月に登場した現行型4代目マーチ。エンジンは新開発のHR12DE型1.2L 直3DOHC。現行型より生産拠点が神奈川の追浜からタイに切り替わった

 過去を振り返ると、初代マーチは、日産の最小サイズのコンパクトカーとして1982年に発売された。この時点から、欧州などの海外市場でも販売されている。

 1992年に発売された2代目マーチは、サイドウインドーの下端が低く、視界が抜群に優れていた。ボディもコンパクトで運転しやすく、なおかつ外観デザインもバランスが良い。今でも古さを感じさせず、コンパクトカーの歴史に残る名車といえるだろう。

 そのために2代目マーチは売れ行きも好調だった。発売された翌年の1993年には、1か月平均で約1万600台を登録している。しかも年を経るごとに売れ行きを伸ばし、1997年の1か月平均は1万2000台に至った。今日のノートを上まわる。

■2010年の登場以降じわじわと失速

2002~2010年まで販売された3代目マーチ。2003年時点で平均で月1万台ほど売れていた。2003年10月にはスポーツモデルの12SRがラインナップに加わった

 一般的にクルマの登録台数は、発売から時間が経過すると下降するが、逆に伸びる車種は優れた商品である証だ。市場の評価を着実に高め、ユーザーを獲得している。初代ワゴンRや初代フィットも、同様の売れ方であった。

 この後、1998年には初代キューブが登場してマーチの売れ行きは少し下がるが、依然としてコンパクトカーの主力であり続けた。3代目は2002年に発売され、乗り替え需要も豊富だから、2003年には1か月平均で約1万台を登録している。

 問題は2010年に発売された4代目の現行型だ。プラットフォームを刷新したが、コスト低減が著しく、操舵感や乗り心地の粗さが目立つ。シートの座り心地も良くない。後席の背もたれを前側に倒して荷室を拡大すると、シートと荷室床面の間に隙間ができて、3代目に比べると質感の低下が見受けられた。

2013年6月のマイナーチェンジで内外装のフェイスリフトを実施。フロントは日産車の象徴であるVモーショングリルを採用。2020年の一部改良でインテリジェントエマージェンシーブレーキと踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備
同時期に登場したヴィッツ最終型やミラージュに似て質感と商品力はいまひとつ

 ちなみに2010年頃に発売されたコンパクトカーには、質感に不満の伴う車種が多い。2008年に発生したリーマンショックによる経済不況の影響だ。先代パッソ(2010年)、最終型のヴィッツ(2010年)、先代アクア(2011年)、現行ミラージュ(2012年)などは、いずれも発売時点の造りが粗く、その後に改善を受けたが不満を解消できなかった。

 日産は現行マーチの発売後、2012年には先代ノートを投入して、2016年になるとe-POWERも加えて売れ行きを伸ばした。そのためにマーチの存在感は、さらに薄れてしまう。2012年頃からは、ノートを含めて軽自動車やコンパクトカーも衝突被害軽減ブレーキを採用するようになったが、マーチは放置された。衝突被害軽減ブレーキを装着したのは2020年に入ってからだ。

 このような冷遇もあり、マーチの売れ行きは低迷する。2021年1~7月の登録台数は、1か月平均で825台だ。前述の通り2000年代前半までのマーチは、1か月に1万台以上を登録することもあったから、今の売れ行きは10%以下に留まる

次ページは : ■マーチがなくなれば150~170万円の価格帯がぽっかり空く

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ