それ本当に必要? 見積で検証する絶対に要らない&必須お役立ちオプション

それ本当に必要? 見積で検証する絶対に要らない&必須お役立ちオプション

 新車をオーダーする時、どんなオプションパーツを付けるか? それはクルマ好きにとって、至福の選択。つい、あれもこれもと欲張りたくなる。だが、ちょっと立ち止まって考えてみよう。そのオプションが、本当に必要かどうかを。

 高価だったわりにぜんぜん役に立たなかったり、あえて使わなかったりすることはないだろうか? もちろん、ムダは悪ではない。ムダがあってこその人生だ。否定する気はまったくないが、クルマを何度も買ってみると、見えてくる境地がある。

 そこで今回は、これまでに愛車を50台以上買った経験を持つ自動車評論家の清水草一氏に、新車購入時、“付けるか否か迷いそうな”オプションパーツについて、個人的見解を語ってもらった。

文/清水草一 写真/清水草一、トヨタ

【画像ギャラリー】豪華な装備は要らない!? 写真でみる必須オプション&不要オプション


■初代オーナーの筆者が新型アクアの見積書を出してもらうと…

すでに新型アクアが配備されているディーラーは多く、足を運べば実車を見ることができる
すでに新型アクアが配備されているディーラーは多く、足を運べば実車を見ることができる

 新型アクアが発売になった。私は初代(先代)アクアを、予約開始日にディーラーに並んで(並んでいたのは私ひとりだったが)、イの一番で購入した者。アクアにはひとかたならぬ思い入れがあったため、早速、ディーラーへ新型の実車を見に行った。

 すると担当セールスマンは、すでに見積書を作成し、「印鑑はお持ちいただけましたか?」と待ち構えていた。彼が作った見積書は、前回の私の嗜好を踏まえたものになっていた。

グレード:アクア X(下から2番目)
車両本体価格/209万円

「X」は、アルミホイールがオプションになるが、見積書ではそれもナシになっていた。私は初代アクアの時、下から2番目の「S」を購入した。ホイールはスチールが純正だったが、付いていた樹脂製ホイールキャップを外し、あえて黒いテッチンむき出しで乗っていた。担当者はそれをよく覚えていたのだ。

筆者が所有していた初代アクア。黒いテッチンホイールが渋いのだが、この後、ボディがボコボコに……
筆者が所有していた初代アクア。黒いテッチンホイールが渋いのだが、この後、ボディがボコボコに……

 アルミホイールを付けるか否かは、まずは重要なポイントだ。もちろん私とて、どんなクルマでも“テッチン”でいいとは思っていない。しかし、普段の足にするクルマなら、あえてアルミホイールを奢る気はまったくない。

 国産コンパクトカーのアルミホイールなんて、付いてたってぜんぜんカッコ良くもなんともないものが多い。逆にテッチンのほうが男らしくてカッコいいし、ガリッとやっても気にならないので最高! と確信している。新型アクア「X」に、オプションのアルミホイールを装着すると、4万9500円。テッチンならそのぶん安くてカッコイイのだから、実にお得である。

次ページは : ■厳選された2つのオプション

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!