ザザザッというクルマのラジオからの雑音!? 音によっては要注意 原因と対処法

ザザザッというクルマのラジオからの雑音!? 音によっては要注意 原因と対処法

 少し前(2006年)の調査だが、NHKによると、クルマの中で利用するメディアとして、AMラジオを挙げた人は36%、FMラジオを挙げた人は44%。年齢層別にみると、40代以上では、半数を超える人がラジオを利用しているようだ(複数回答、東京近郊の13歳から69歳までの2000人に対して実施された世論調査の結果)。

 スマホが普及するなど、情報取得の手段も多様化している時代ではあるが、スマホを接続しなくとも、聞くことができるラジオは、いまでもクルマの運転中に便利に利用している方は多いだろう。昨今は突然の大雨など、災害が頻発していることもあり、リアルタイムでの正確な情報取得は、より重要性を増している。

 しかし、クルマで走行中にラジオを聞いていると、ノイズが入って聞こえにくくなることもしばしば。このノイズの原因とは!? 解消法をご紹介しよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ画像:AdobeStock_ANUCHA SAORONG
写真:写真AC、AdobeStock

【画像ギャラリー】万が一の災害時に役に立たないことがないように!! カーラジオ不調の原因と対策


原因は、受信場所、配線不備、オーディオ故障

 ラジオは、放送局が音声や音楽を電気信号に変えて配信した電波を、カーアンテナで受信し、再び音に変換してスピーカーから流す仕組みとなっている。遠くまで届きやすいがノイズは入りやすいAM放送と、逆に、遠くまでは届きにくいがノイズは入りにくいFM放送、とがあるのはご存じの通りだ。

 ラジオにノイズが乗る原因が「場所」である場合には、電波が届くエリアに到着するまでの間、少し我慢をすればよい。逆に、電波状況に問題がない場所であるにも関わらず、ラジオにノイズが入る場合、配線不備、もしくは、その他の場所が故障した可能性が高い。

アンテナのないトンネル内など、場所が原因でノイズが入る場合はしょうがないが、電波状況に問題がないと思われる場所でのノイズは、いざというときに備えて改善しておこう(PHOTO:写真AC_acworks)

 ちなみに、このAMとFMだが、災害時に情報を取る方法として適している、とされていたのはAM放送の方。だが、山の中といった電波が届きにくい場所や、アンテナのないトンネルの中などでは、ラジオの音がプツプツと途切れたり、ザーザーといったノイズが入ることがある。また、送信アンテナが、地震や津波といった災害の影響を受けた場合、そもそも災害情報を送ることができなくなる、といったリスクもある。

 だが最近では、ワイドFM(FM補完放送)という、AMラジオをFM放送で聞くことができる配信も行われている。AM放送と違い、送信アンテナが山頂や鉄塔といった、災害の影響を受けにくい場所に設置されているFM電波を使えるので、いざというときに頼りになる。

カーラジオノイズの原因と対策

■配線不備
 オーディオを変えた、スピーカーを変えたなど、パーツ交換をしたあとで、ノイズが乗るようになってしまった場合。例えば、CDの音はクリアに出るけれど、ラジオが入らない場合には、オーディオとアンテナを繋ぐ配線に、何らかのトラブルが起きていることが考えられる。

 CDの音すら出ない場合には、カーオーディオとスピーカーを繋ぐ配線のミスが考えられる。コネクター抜けや、アンプのアースを車体で正しく繋がれているかなどを、まずは確認してみよう。

 配線を繋いだつもりでも、ケーブルの金属部分のホコリや汚れによって、通電がされない「接触不良」が起きていることも考えられる。金属同士が触れるよう、「グリグリ」とねじ込んだり、接点復活剤を使うなどの対策も有効なので、やってみてほしい。

カーオーディオやスピーカーの交換などをしたあと、ノイズが乗るようになってしまったら、どこかしらの配線不備を疑おう(PHOTO:AdobeStock_ weerawat)

■オルタノイズ
 オルタネーターが発するノイズを、カーオーディオ本体が拾ってしまい、エンジンの回転数に合わせて、「ジジジー」 「ヒューン」などのノイズが、ラジオの音声にのることがある。これは、クルマとオーディオの相性が良くないときに起こる現象だ。

 純正オーディオは、自動車メーカーがオルタノイズ対策を織り込んでいるため、普通ならば起こりえない現象だ。もし、社外品のオーディオへ変更したなど、原因が思い当たる場合には、オルタノイズ専用のノイズフィルターを付けるのがベターだ。

社外品のカーオーディオに変えたなどで、オルタノイズが発生するようになってしまった場合は、オルタノイズ専用のノイズフィルターがおすすめ(PHOTO:AdobeStock_show999)

次ページは : 情報取得の手段はいくつか用意を

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ