新型Zは500psで化ける!? 400Rから見るチューニングベースとしての可能性

新型Zは500psで化ける!? 400Rから見るチューニングベースとしての可能性

 2022年春アメリカで発売がアナウンスされた新型Z。予想通り3.0L+ツインターボはスカイライン400Rに搭載されたVR30DDTTそのもの。スペックも405ps/48.4kgmとまるでそのまま。

 ということはスカイライン400Rのチューニングはそのまま通用するはず。新型Zはチューニングで、くるおしく身をよじるように走るのか!?

文/加茂 新、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】これは現代版悪魔の(ような魅力を持つ)Zだ!! 2021年8月にNYで公開されたUS版新型Z!!


■400Rはチューニングで500Rに化ける!!

スカイライン400R。新型Zはこの400Rと同じVR30DDTTを搭載することが発表された。405ps/48.4kgmというスペックも400Rのユニットと全く同じだ
スカイライン400R。新型Zはこの400Rと同じVR30DDTTを搭載することが発表された。405ps/48.4kgmというスペックも400Rのユニットと全く同じだ

 スカイライン400Rはその名の通り400psを持つセダン。NISMOが企画、製作した伝説のR33GT-Rベースのコンプリートカー「400R」の名を冠したハイパワーセダンだ。そこに搭載されたのはVR30DDTT。V6の3.0Lエンジンにツインターボを組み合わせたユニットだ。

 そして、まことしやかにそのエンジンが次期Zに搭載されるというウワサが広まり、チューニング界は積極的に400Rの解析に取り組んでいた。そして、8月。次期Zにはウワサ通りVR30DDTTが搭載されることが発表された。そのスペックは405ps/48.4kgm。400Rのユニットそのまんまの数値である。

 このVR30DDT、400Rの場合、ECUによるチューニングが可能で、いわゆるブーストアップができる。目安はだいたい500psまで可能だ。つまりスカイラインは500Rになり、Zもサクッと500psにできる可能性が極めて高い。

 しかし、問題となるのは直噴インジェクター。直噴はエンジン燃焼室に直接噴射するが、その噴射する場所などがかなりシビア。これまでのポート噴射インジェクターと違って、大容量品に交換ができない。

 現状では大容量の直噴インジェクターは存在していない。つまり、耐久性などの観点を除くと、直噴インジェクターの吐出量=最高出力に直結してしまうのだ。

 スカイライン400Rでは、500psにした時点で直噴インジェクターの容量はほぼ使い切っている。現状ではアフター品で大きなタービンも存在していないが、たとえビッグタービンを製作しても、燃料が足りなくて500ps以上の大幅な出力アップは見込めないのである。

次ページは : ■重い車体で強い加速を感じるにはパワーが不可欠

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ