まだあるの!? コーナーポールがハイテク時代に生き残るワケ

まだあるの!? コーナーポールがハイテク時代に生き残るワケ

 1990年代から2010年頃まで、多くのクルマの助手席側フェンダーの角に装着されていたコーナーポール。メーカーによって車幅ポール、フェンダーポール、フェンダーランプなど、様々な呼ばれ方をされている。

 近年、装着しているクルマは少なく、販売店装着オプションからも徐々に姿を消している。存在が薄くなってきたコーナーポールだが、実際にどのような人が、何のために装着していたオプションだったのか。自動車ディーラーで、新車販売に従事していた筆者が、コーナーポールの今を探っていく。

文/佐々木 亘
写真/TOYOTA、ホンダアクセス、AdobeStock

【画像ギャラリー】つけてると恥ずかしい? でも安心感はサイコー! 消えゆくコーナーポールの今を探る