デロリアンDMC-12を有名にした名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観る!!


 北米の小さな自動車メーカーは、たった1台の車を市販したのちに7年で会社がなくなってしまった。だが、そのメーカーの車は世界中の映画ファンがよく知っていて、いまだに大人気! それがデロリアンDMC-12だ。

 今回はこの車の知名度を一気に引き上げた映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

【画像ギャラリー】散りばめられた小ネタにニヤリ……タイムトラベルものの傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観る!!


■いつ観ても色褪せることのない映画史に残る名作

主演はマイケル・J・フォックス。テレビドラマで人気者だった彼は本作で映画スターの仲間入りとなった。のちにホンダ インテグラのCMにも登場する。車には何かと縁が深い!? (C) 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

 ロバート・ゼメキスの出世作、85年に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下『BTTF』)はタイムSFの面白さを詰め込んだ傑作として今でも高い人気を誇っている。

 変人博士ドクが発明したタイムマシンに乗って高校生マーティ・マクフライが1985年から1955年にタイムスリップ。そこで出会ったのは高校生の母親と父親。まだ付き合ってもいないふたりをくっつけないと、自分が歴史から消えてしまう!?

 タイムSFにつきもののタイムパラドックスを写真で表現したり、ファッションや音楽、映画等サブカルチャーのギャップで笑わせてくれたり、はたまたどうやって“バック・トゥ・ザ・フューチャー”するのかハラハラさせてくれたり。

 あらゆるシーン&エピソードにアイデアが散りばめられていて、まるでジグソーパズルのピースをはめて行くような気持ちよさがある。緻密に計算されたこの脚本(ゼメキスと、盟友のボブ・ゲイルの共作)は、いまでも色褪せていない見事なものだ。

 『BTTF』は、ブームが起きるほどの人気を得て、その年のナンバーワンヒットを記録。続編が2本作られ、トリロジーになったのは誰もが知っていることだ。

 『PART2』(89)では2015年の未来に行き、『PART3』(90)では1800年代の西部開拓時代へとタイムスリップする。現在を起点として、マーティとその家族や先祖、そして祖先、ドクの人生が絡み合いながらドラマが進行。3本が絶妙に繋がっているので3本をまとめて観るお楽しみもある。

 大ヒットしたシリーズゆえに、多くの関係者が恩恵を授かっている。主人公のマーティ・マクフライを演じたマイケル・J・フォックスは本シリーズでブレイクし、ドク役のクリストファー・ロイドも個性派役者として活躍の場を広げ、監督&共同脚本のロバート・ゼメキスもハリウッドのトップ監督の仲間入りを果たした。

■映画が有名にした幻の車『デロリアンDMC-12』

特徴的なガルウイングを持つデロリアンDMC-12(タイムマシン)。映画用に改造したわけではなく、元々ガルウイングを採用していた (C) 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

 そして、彼らと同じように熱い注目を浴びたのがタイムマシンに使われた車、”デロリアン”だった。映画のオリジナルと思っている人も案外多いようだが、ちゃんと実在する車である。

 当初の脚本ではタイムマシンは冷蔵庫だったといわれているが、それじゃあかっこ悪いし、子どもが真似して冷蔵庫に入るのも困るというのでデロリアンに変更したという。

 劇中でも、初めてタイムマシンを目にしたマーティが「なぜデロリアン?」とドクに尋ねると「どうせ作るならかっこいいほうがいい」と返している。

 もうひとつの理由としては、1955年にタイムスリップしたときにデロリアンが宇宙船と間違えられるのだが、その設定にデロリアンの特徴のひとつであるガルウィングドアがふさわしかったからとも言われている。

 そこでデロリアンである。本作で使用されたデロリアンDMC-12は、かつてゼネラルモーターズでポンティアックGTO等の開発に携わっていたジョン・デロリアンが創り上げた車。

 彼は、独立して自らの名前を冠したデロリアン・モーター・カンパニー(DMC)を設立。セクシーなスポーツカーを目指して1981年に製造したのがデロリアンDMC-12だったのだ。

 デザイナーを務めたのは初代VWゴルフや初代フィアットパンダ、初代いすゞピアッツァなど数多くの名車を手掛けたジョルジェット・ジウジアーロで、メカニカル設計はロータス・カーズが務めている。

 「12」という数字は、予定されていた1台の値段、1万2000ドルにちなんでいるというが、最終的な販売価格は2万5000ドル。現在の価格にするとおよそ6万9000ドル(およそ7000万円)というから簡単に購入できるはずもない。

 結局、その価格のせいも手伝って売れ行きは伸び悩み、さらには政治的な問題も山積み。最終的にはジョン・デロリアン自身が麻薬の取引でFBIに逮捕される事態にまで陥り、あえなく会社は倒産。デロリアンはこのモデルのみが作られたことになる。

 デロリアンの破天荒な人生は、『ジョン・デロリアン』(18)という伝記映画や、Netflixのドキュメンタリー『ジョン・デロリアン:世界を魅了した伝説の男』(21)に詳しい。

次ページは : ■文字通り時代を超えて愛される車となったデロリアン