きっと最後のロータリースポーツ!マツダRX-8の中古車はまだ買いか?


 各位が復活を熱望しているマツダのロータリーエンジンではあるが、同社が6月17日に発表した電動化戦略によれば、ロータリーエンジンは今後「ハイブリッドシステムの一環」としてしか復活しない公算が強い。

 となれば、2003年から2012年にかけて販売されたマツダ RX-8こそが「最後のロータリースポーツ」ということになるのだろう。RX-8が純粋なスポーツカーかどうかという議論はさておいて。

 そんなマツダ RX-8の中古車市況は今、どうなっているのか? 1980~90年代の中古スポーツ各モデルの相場が超絶高騰しているなか、2003年という比較的近年にデビューしたRX-8の中古相場も、やはり上がってしまっているのだろうか?

 もろもろの数字から紐解いてみることにしよう。

文/伊達軍曹写真/マツダ

【画像ギャラリー】最後のピュアロータリー車となってしまうのか?マツダRX-8の足跡をたどる


■最後のロータリースポーツ、RX-8の中古車市況は?

 まず、マツダ RX-8全体の中古車流通量は、中古車情報サイト「カーセンサーnet」によれば2021年9月半ば現在、全国で360台。1997年から2002年まで販売された最終型RX-7(FD3S)の流通量が90台でしかないことから考えると、RX-8の中古車流通量は「まあまあ豊富」と捉えていいだろう。

RX-7の後継として誕生したRX-8。21世紀のクルマとして絶対的な動力性能だけでなく、低速トルクや燃費向上も重視した新世代ロータリーエンジン「RENESIS」を搭載したことが話題となった

 そしてその相場は、モデル全体で約25万~約360万円。25万円付近の個体はさすがにボロいので無視するとして、「ボリュームゾーン」は100万~150万円付近。そして「なかなかのスペック(走行距離などの諸条件)」を有する個体が集中しているゾーンが260万~350万円といったところだ。

ピュアスポーツであるRX-7に比べるとまだ買いやすい価格帯ではある

 同じロータリーエンジンを搭載しているモデルでも、FD3S型RX-7の場合は、

・モデル全体:約270万~約1000万円
・ボリュームゾーン:300万~500万円付近
・なかなかのスペックゾーン:500万~1000万円

 となっているので、その差はかなりデカい。すなわちFD3Sはもはや天文学的……とまでは言わないが、まぁかなりの高値圏に達してしまっているのに対し、RX-8は「長期的に見て値上がりはしているが、まだ普通に買えるゾーンにはある」と言うことができる。

 08年3月に行われたマイナーチェンジを境に「前期型」と「後期型」に分けるとしたら、各々の流通台数とトランスミッション、価格帯は下記のとおりとなっている。

こちらは前期型。見た目のスタイリッシュさと4人乗りの実用性を兼ね備えたコンパクトで丸いキャビンが特徴。このキャビン実現のため、観音開きドアの採用も新鮮だった

●前期型AT|約80台|25万~240万円
●前期型MT|約180台|30万~240万円
■後期型AT|約50台|50万~300万円
■後期型MT|約60台|90万~360万円

 当然ながら「AT車よりMT車のほうが高い」「流通量もMT車のほうが多い」という状態だが、各々の差は意外と大きくはない。特に価格の面では、ATのMX-8も意外と健闘している。

こちらは後期型。前期型にくらべスポーツカーらしい精悍さや華やかさも加味された。なお後期型のエンジンはレギュラーガソリンへの適合を含めた改良の結果、出力が若干ダウンしている

 これは、曲がりなりにも後部ドアを備えているため「ファミリーカーとしても(いちおう)使えるクルマだから」という意味で、AT車もそれなりの人気はあるからーーということなのだろう。

次ページは : ■走行距離も1万km~ 15万km迄色々だが、距離よりコンディションの良し悪しで選びたい