これがあると超絶カッコいい!! ボンネットの穴はなぜ必要?


 かつて、多くのスポーツカーに装備されていた、ボンネットのエアインテーク、またはエアアウトレット。「ボンネットにエアインテーク、エアアウトレットがある=排熱が必要な高性能車」ということから、機能として必要であることはもとより、「存在自体がカッコいい!!」とされてきた。

 だが、昨今の高性能スポーツカーでは、ド派手なエアインテーク、エアアウトレットが徐々に減りつつあり、あっても小さな形状になっていることが多く、リアウイングと同様、その効果のほどには疑問を抱く方も多いようだ。

 そこで、改めてボンネットに大きな穴は本当に必要なのか、最新の空力事情とともに、ご紹介していこう。

文/吉川賢一
写真/トヨタ、日産、ホンダ、スバル

【画像ギャラリー】ボンネットの「穴」が高性能の証!! 世界のエアインテーク&エアアウトレット装着車 全26台


■緻密なシミュレーションができるようになったことで、必要性がなくなった

シビックタイプR専用となるアルミフードに設けられたエアインテーク。エンジンルーム内にフレッシュな空気を取り入れ、そして空気の流れとともに廃熱をしている

 緻密な空力設計が難しかった時代は、エンジン廃熱のため、ボンネットのエアインテークは必須とされてきた。空気の流れを正確に知ることができなかったため、とりあえず開けておく必要があったのだ。

 しかし現在は、シミュレーション技術が進化したことで、エンジンルーム内の空気の流れを緻密にコントロールすることが可能となり、廃熱のしくみを緻密に設計できるようになった。

 たとえば、FK8型シビックタイプRでは、フロントグリルから取り込まれ、ラジエーターを通過した熱い空気を、アルミボンネット上に設定したインテークダクトからの走行風によって、車外へ放出している。

 そもそも、ボンネット上を流れる空気の一部を分断するような大きなエアインテークは空気抵抗となるため、必要ないのであれば装備しない方が、空気抵抗が低減でき、燃費に貢献できる。

数少なくなったボンネットのエアインテークを備える2代目レヴォーグ。ダクトから導入した空気をインタークーラーに当てている

 レヴォーグや新型WRXのように、水平対向エンジン特有のレイアウト上の都合(インタークーラーの冷却用)などで、エアインテークありきのエンジンルーム内レイアウトがなされている場合もあるが、シミュレーションの進化によって空気の流れをコントロールできるようになったことで、ボンネットのエアインテークは必須アイテムではなくなったのだ。

 また、エンジンルームは、キャビン(乗員がいる空間)ほど密閉されているわけではないので、冷却に使用した空気は、自然と隙間から抜けていく。その空気の抜き方によっては、空気抵抗を下げることもできたり(燃費が改善する)、高速走行時の直進性を上げることも可能だ。

 空気をどのように取り入れて、どこから抜くか、各メーカーで少しずつ方策が異なるため、見ていて面白いポイントだ。

2021年9月10日に世界初公開となった新型WRX。エアインテークだけでなく、エアアウトレット付きの樹脂製フロントフェンダーも特徴的だ
リアバンパー左右のダクトは後輪に流入した空気を後方に出し、車体の揺れを低減
FK8型シビックタイプRのエアダクト。エンジンルーム内の熱をアルミボンネット上に設定したインテークダクトからの走行風によって、車外へと放出している(FK8説明資料より)
NSXタイプSは空力性能と冷却性能などを高次元で両立させる「トータル・エアフロー・マネージメント」のもと開発
R35GT-R NISMO2022年のボンネットにあるNACAダクト。R34型スカイラインGT-Rの時代から装備されるようになったNACAダクトは、R35型では2カ所となった

■新型Zは、強化ウォーターポンプを採用した水冷式インタークーラーを搭載

ツインターボエンジンを積むターボ車だがボンネットにはエアインテークはなくすっきりしている

 とはいえ、ハイパワーエンジンには、それに見合う冷却システムが必要。8月に北米版が発表となった新型Zには、400ps級のツインターボエンジン、VR30DDTTが搭載されることが発表されている。

 この新型Zには、外気温の高い環境や低速走行時などでも、エンジン性能を安定して維持するため、強化ウォーターポンプを採用した水冷式インタークーラーが搭載されている。

 空冷式に対して、ターボのコンプレッサー下流の吸気容積を最小化することで、ダイレクトなトルクレスポンスを実現することができ、限界領域までターボエンジン性能を使うことができるとのこと。

 フェアレディZも、かつてはボンネットにエアインテークを装備していたが、空力設計の進化に加えて、冷却技術も進化したことで、ボンネットのエアインテークは必要なくなったのだ。

VR30DDTTに搭載されているツインウォーターポンプの水冷式インタークーラー

次ページは : ■最新のエアインテーク事情はこうなっている