オリ・パラで使用されたトヨタ車約2700台はどこへ? そのまま中古車市場へ大量流入中


 東京オリンピック(2021年7月23~8月8日)、パラリンピック(同8月24~9月5日)が終了し、1週間あまりが過ぎたが、都内でよく見かけた、あの派手なステッカーが貼られたクルマたちはどうなるのだろうか?

 そこで、さっそく調べて見ると、大会運営に使用されたトヨタ車が今、中古車市場に大量に流れているのを発見! ちなみに大会に使用された車両はなんと2700台あまり。

 はたして、オリ・パラで使用された車両はすべて中古車として販売されるのか? そして、どんな車種がいくらで中古車市場に流通しているのか? 自動車ライターの加藤久美子氏が追った!

文/加藤久美子
写真/加藤博人、トヨタ、ベストカーweb

【画像ギャラリー】五輪で使用されたプリウスPHV、ノア/ヴォクシー、アルファード、カローラツーリングなど2700台がラッピングそのままで中古車市場へ


■オリ・パラ使用車両が全国のトヨタ中古車販売店にて続々登場

都内でよく走っているのを見かけた東京オリンピック2020使用車両は2700台あまり。写真は車両基地となっていた築地市場跡地に駐車中のカローラツーリング2000 Limited(写真:加藤博人)
VIPの送迎などに使われたレクサスES。控えめなゴールドの2つのステッカーがボディサイドに貼られているのが見える(写真:加藤博人)
東京2020で使われた車両が早くも中古車市場に! ノア/ヴォクシー、プリウスPHV、MIRAIが中心となっている。本来2020年開催だったため、MIRAIは先代モデルとなる

 2021年9月5日のパラリンピック閉会式から数日後、早くも中古車市場に東京2020で使われたトヨタ車が登場しつつある。

 香川、富山、岡山、愛媛、熊本、群馬……各地のトヨタ中古車販売店でトヨタ認定中古車として販売されており、その台数は9月11日現在プリウスPHVだけで36台。これから全国に広がっていきそうだ。

 トヨタ自動車広報部に確認したところ、「MIRAIなど競技会場・選手村・国際メディアセンターなどの拠点間移動に使用された市販車を中心とした関係者輸送の車両です。約2700台が基本的に中古車市場に出ていくことになっております」。東京2020に提供された車両約3700台のうち、約2700台が中古車市場で販売されることになる。

 なお、実際に東京2020で使われたトヨタ車はオリンピックで約2700台、パラリンピックでは1700台。そのうち約9割がハイブリッドなどの電動車。

 車種としては初代MIRAI約500台、プリウスPHV約500台、ノア/ヴォクシー約300台、ノア/ヴォクシー(ウェルキャブ)約150台など。このほか、バッハ会長をはじめVIPの送迎などに使われたアルファードやレクサスESなども使用されている。

 東京2020仕様のトヨタ車を販売しているディーラーに聞いたところ、中古車はすべて『東京2020オリンピック・パラリンピックの大会運営に使用された車両』として「トヨタ認定中古車」を扱うトヨタディーラー系の中古車店で販売されるそうだ。

ベストカーの中古車検索でプリウスPHV、更新日が新しい順で検索してみると大量のオリ・パラ車両がヒット


※ベストカーweb“中古車検索”でプリウスPHVを検索!

 ベストカーwebのなかにある“中古車検索”で検索してみると、9月11日現在、プリウスPHVのみが販売されているようで全国36台がヒットした。

 距離は新車同様の18kmから上は4000kmまで。大体1000km以下が中心だ。年式は令和2年と3年。なお、車内の清掃や各種整備、点検などの時間を考えると、現在中古車として販売されているのはオリンピックには使用されたがパラリンピックには使用されなかった車両約1000台が中心とみられる。

 トヨタ認定中古車を販売する西日本のディーラーに聞いてみたところ、早くも話題になっているようだ。

 「全国のトヨタ中古車販売店に対して『入札形式』で東京2020に使われた車両が販売されました。今回は第1弾として数百台。これから、第2弾、第3弾と販売されるのではないかと思います。

 現状では、TOYOTA公式中古車サイト、「GAZOO」のみで扱われており、カーセンサーやGOOなどの中古車情報サイトには出ていないと思いますが、販売を始めてから1日に10件以上の問い合わせがあります。

 ほぼ新車同様という中古車も多く、認定中古車なので保証も万全ですし、ハイブリッド車の補償も完璧です。新車を買うことを考えればかなりお買い得なのではないかと思います。東京2020のラッピングも貴重ですね。まだ今はプリウスPHVが中心と思いますが間もなく、ノアやヴォクシーも増えてくるでしょう」。

■オリ・パラで使用された車両はしっかりクリーニングされ保証もあり

 ではどんな車種がいくらで出ているのだろうか? と、その前にオリ・パラで使用された後、クリーニングするのか、保証制度はどうなっているのか気になっている人も多いと思うので、『トヨタ認定中古車』について少し紹介しておこう。

 2020年4月にスタートしたトヨタ販売店の中古車ブランドで、完璧なまでにクリーンな状態での販売や手厚い保証体制を敷いて販売されている中古車のこと。以下の3点がポイントだ。

1/まるごとクリーニング
 エンジンルームからシートを外した洗浄まで、目に見えないところまで徹底的に洗浄される。

2/車両検査証明書
 クルマの状態を徹底検査して公開。中古車の総合評価や内外装の状態などをひと目で分かるよう、プロの検査員が実施した車両検査証明書を用意している。

3/ロングラン保証
 1年間走行距離無制限の「ロングラン保証」がついており、年式は問わず全国約5000ヵ所のトヨタのお店で保証修理を受けることができる。

 さらに、注目すべきはハイブリッドカー(トヨタ・レクサス)を対象とした「中古車ハイブリッド保証」だ。トヨタ認定中古車のハイブリッドカーには初動登録年月から10年目まで「ハイブリッド機構の無償保証」が付いている。累計走行距離20万kmまでが対象となる。

次ページは : ■実際に販売されているプリウスPHVの中身

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ