や…安い!! カローラクロス正式発表!! 200万円以下で激戦SUV市場に旋風を巻き起こす

や…安い!! カローラクロス正式発表!! 200万円以下で激戦SUV市場に旋風を巻き起こす

 2021年9月14日、トヨタは新型のクロスオーバーSUV「カローラクロス」を発表、同日より販売を開始した。カローラクロスは、広い室内空間を確保しつつ、都会的で上質な内外装デザインを採用、レジャーから街乗りまで幅広く対応できる、クロスオーバーSUVだ。

 トヨタのSUVといえば、RAV4、ハリアー、ヤリスクロスなど、登場するモデルは軒並み大ヒットしている。トヨタは、今回のカローラクロスもヒットさせることができるのか、カローラクロスの詳細を確認しながら考察していこう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】本稿未掲載写真含む計62枚!! 新型カローラクロスの詳細を余すことなくご紹介!!


シリーズ初のクロスオーバーSUV

 世界150カ国以上で発売されており、セダンやワゴン、ハッチバック、国によっては車幅を拡げたバリエーションなど、多種多様なスタイリングでラインアップされてきたカローラ。2021年7月には、シリーズ累計で販売台数5000万台という偉業を成し遂げている。

カローラクロスは、4490×1825×1620(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2640mm

 カローラクロスのチーフエンジニア上田泰史氏によると、ここまでカローラが続いてきた理由は、「プラスアルファの思想で、常に変化させ続けた」ことだという。

 確かに、振り返ってみると歴代のカローラは、様々なスタイルで登場してきた。守ることも大切だが、需要に応じ、臨機応変に変化させることも、重要なことだ。そんな「カローラ」に、SUV全盛のいま、登場したのが、シリーズ初のSUV「カローラクロス」だ。

カローラツーリング(4495×1745×1460)と全長はほぼ同じで、全幅が80mm広く、背が160mm高い

 ボディサイズは、4490×1825×1620(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2640mm。C-HRが4360×1795×1550mm、RAV4が4600×1855×1685mmであるので、カローラクロスは、ちょうどC-HRとRAV4の間を埋めるサイズということになる。

 カローラ兄弟の中では、カローラツーリング(4495×1745×1460)と全長がほぼ同じ、ホイールベースは一緒、全幅が80mm広く、背が160mm高い、というサイズ感となる。「カローラツーリングのSUV版」と考えていいだろう。

タイ仕様とは大きく変えてきた、フロントデザイン

 既にタイ市場で販売が始まっていたカローラクロスだが、日本向けではフロントデザインを大きく変更してきた。

 メッシュグリルの位置を下げ、フロントエンブレムは他のカローラシリーズと同じく「C」マークへと変更。フロントフォグランプをフロントバンパーサイドへと移動している。また、ヘッドライトのセンターに入れたデイライトや、4眼のターンライトなども織り込まれている。

 サイドビューでは、前後から絞り込まれるように入ったラインや、前後のフェンダーの盛り上がりが特徴的で、カローラシリーズの中で、最も躍動感を感じられる。

 リア周りはテールランプの意匠を若干変更した程度だが、傾斜したリアウィンドウやブラックアウトされたリアバンパー下など、RAV4の雰囲気に近い。また、SUVに求められるタイヤの踏ん張り感があり、全体的にはフロントフェイスの雰囲気はC-HR、サイドからリアにかけてはRAV4で、背が高くて実用的なSUVといったスタイルだ。

メッシュグリルの位置を下げ、フロントエンブレムは他のカローラシリーズと同じく「C」マークへと変更。フロントフォグランプをフロントバンパーサイドへと移動している
タイ仕様カローラクロスのフロントスタイル
リア周りはテールランプの意匠を若干変更した程度だが、傾斜したリアウィンドウやブラックアウトされたリアバンパー下などは、RAV4の雰囲気に近い
タイ仕様カローラクロスのリアスタイル
前後のフェンダーの盛り上がりが特徴的で、踏ん張り感のあり引き締まったSUVとった印象を受ける

次ページは : 「後席や荷室の広さには自信がある」とのこと

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ