新型カローラクロスが199.9万円から! ヤリスクロスとどっちが安い? コスパのいいSUVと悪いSUV


 コンパクトクラスからミドルクラス、ラージクラス、さらにはクーペ型まで、まさに百花繚乱状態のSUV市場。トヨタSUVのラインナップを下から見ていくと、トヨタライズが167万9000円~、トヨタヤリスクロスが179万8000円~、トヨタC-HRが238万2000円~。

 他メーカーのコンパクトおよびミドルサイズSUVは、日産キックスe-POWERが275万9900円~、ホンダヴェゼルが227万9200円~、マツダCX-3が189万2000円~、マツダCX-30が239万2500円~という構図。

 こうしたコンパクトSUV、ミドルクラスSUV市場にトヨタが投入したのが2021年9月14日に正式発表となった、新型カローラクロスだ。トヨタSUVのラインナップのなかでは、ヤリスクロスとハリアーの間、ミドルクラスのSUVに位置する、SUVである。

 驚いたのはミドルクラスなのに、199万9000円(1.8Lガソリン車、2WD)からという戦略的な価格。ハイブリッドでも259万円からと、カローラクロスの価格はまさにコストパフォーマンス(以下コスパ)のいいSUVといっていいのではないだろうか。

 そこで、今回はカローラクロスのコスパは本当に優れているのか? そのほかのSUVも検証し、コスパのいいSUV、コスパの悪いSUVをモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、ベストカーweb編集部、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】期待の新型カローラクロス ライバルSUVとスペックを徹底比較!!


■ガソリンが199万9000円~、ハイブリッドが259万円~

トヨタカローラクロス/全長4460×全幅1825×全高1620mm。ガソリン車は1798㏄、直4DOHC、140ps/18.1kgm。ハイブリッド車は1798cc、直4DOHC(98ps/14.5kgm)+モーター(72ps/16.6kgm)。価格:ガソリン車が199万9000~264万円、ハイブリッド車が259万~319万9000円

 最近は海外を含めてSUVの人気が高い。このカテゴリーは、もともと悪路を走破できるクルマとして登場したから、大径タイヤの装着など、外観に存在感が伴ってカッコいい。ボディの基本スタイルはワゴンだから、後席を含めて居住性も快適で、荷室容量にも余裕がある。荷室に3列目のシートを装着して、乗車定員を7名に設定したSUVもあるほどだ。

 このようにSUVは、内外装のカッコ良さと実用性を両立させたから、さまざまな国と地域で好調に売れている。国内と海外の両方で売れ行きを伸ばせるため、メーカーも開発に力を入れ、トヨタは車種数を増やしている。2019年にRAV4とライズ、2020年にはハリアーをフルモデルチェンジしてヤリスクロスも加えた。

 そして2021年には、ランドクルーザーのフルモデルチェンジに続いて、9月14日には新たにカローラクロスを発売することになった。

 カローラクロスの正式な発表は2021年9月14日だが、販売店では、8月21日あたりから価格を明らかにして予約受注を行っている。実質的にはすでに販売している状態だ。

■カローラクロスの価格設定
■直列4気筒1.8LNA(自然吸気ガソリン)エンジン車
●2WD

・G X:199万9000円
・G:224万円
・S:240万円
・Z:264万円
■直列4気筒1.8Lハイブリッド
●2WD

・G:259万円
・S:275万円
・Z:299万円
●4WD(E-Four)
・G:279万9000円
・S:295万9000円
・Z:319万9000円
■主なメーカーオプションと価格
・9インチのディスプレイオーディオ+6スピーカー:2万8600円
・ブラインドスポットモニター:4万4000円
・100V 1500Wの電源コンセント:4万4000円
・パノラミックビューモニター:2万7500円
・置くだけ充電:1万3200円
・パノラマルーフ:11万円
・寒冷地仕様:3万8500円

■トヨタSUVのちょうど真ん中、ミドルサイズのSUV!

カローラクロスはトヨタSUVラインナップのなかでほぼど真ん中のサイズ
トヨタC-HR/全長4385×全幅1795×全高1550mm。ガソリン車は1196㏄直4ターボ、116ps/18.9kgm。ハイブリッド車は1797cc、直4DOHC(98ps/14.5kgm)+モーター(72ps/16.6kgm)。価格:ガソリン車が238万2000円~301万3000円、ハイブリッド車が274万5000~314万5000円

 カローラクロスが加わると、トヨタでは、表に記したようなSUVのラインナップを完成させる。表のトヨタSUVラインナップからわかる通り、カローラクロスにサイズが最も近いSUVはC-HRだ。カローラクロスのプラットフォームはC-HRと共通で、ホイールベースの数値も2640mmで等しい。

 ただしC-HRは外観が5ドアクーペ風で個性が強く、後席と荷室が狭めで後方視界も悪い。そのために売れ行きも伸び悩む。2021年1~7月におけるC-HRの登録台数は、1ヵ月平均にすると1750台だ。

 ヤリスクロス(ヤリスとGRヤリスを除く)は9450台、ライズは7928台、ハリアーは7864台だから、C-HRはほかのトヨタのSUVに比べると登録台数が大幅に少ない。

 しかもトヨタのコンパクトSUVとLサイズSUVには、上記の通り前輪駆動ベースだけでも性格の異なる2車種が用意されるのに、登録台数を伸ばせる中心的なミドルサイズは、売れ行きが低迷するC-HRのみだった。そうなるとカローラクロスは、待望の新型車になる。

 そこでカローラクロスは、価格を割安に抑えた。ハイブリッドシステムはC-HRと同じだが、NA(自然吸気ガソリン)エンジンは異なる。C-HRは直列4気筒1.2Lターボだが、カローラクロスは、カローラセダンやツーリングと同じ1.8LのNAガソリンエンジンを搭載してコストを低減させた。

 そのためにカローラクロスの1.8LNAエンジンは、ハイブリッドよりも35万円安い。C-HRの1.2Lターボとハイブリッドの価格差が33万円だから、カローラクロスはNAエンジンを割安に搭載できたというわけだ。

 カローラクロスの駆動方式は前輪駆動の2WDが基本で、ハイブリッドには後輪をモーターで駆動するE-Fourも用意される。1.8LNAエンジンには4WDの設定はない。

 カローラクロスのグレード構成は、NAエンジンが安い方からG・X、G、S、Zの4種類になる。ハイブリッドにG・Xは用意されないが、ほかの3グレードはNAエンジンと共通だ。

次ページは : ■新型カローラクロスの推奨グレードはこれだ!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ