フィットはなぜ苦戦? 中身は良いのに売れない4つの理由


 ホンダを代表する人気モデル、フィットの売れ行きがやや停滞気味だ。

 かつてベストセラーだったその期待値の高さゆえかもしれないが、直近の2021年8月販売台数は4122台。先代モデルのフィットをベースに開発されたフリード(同5200台)を下回る結果となっている。

 なぜフィットはフリードより売れていないのか? 自動車評論家の渡辺陽一郎氏は、クルマとしての実力が高い反面、伸び悩む背景に4つの理由があると解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】売れ行き伸びや悩むホンダフィットの魅力を写真でチェック!!


新しいフィットながら売り上げはフリードの84%に留まる

ホンダのコンパクトミニバン、フリードは先代フィットをベースに開発された。2021年1月~8月の月平均登録台数は、フィットを超える5845台だった

 フィットは、登録者の人気カテゴリーとされるコンパクトカーの主力車種だ。好調に売れて当然だが、最近は伸び悩む。2021年1~8月の登録台数は、月平均にすると4889台であった。

 同じホンダのコンパクトミニバン、フリードは5845台だから、フィットの登録台数は月平均で約1000台少ない。比率に換算すると、フィットはフリードの84%しか売れていない。

2021年1月~8月までのホンダフィット月平均登録台数は4889台だった。2020年発売当時における1か月の販売計画は1万台だった。現時点での達成は、難しい状況にある

 現行フィットは2020年2月に発売されたので、2021年1~8月は、登場して約1年から1年半だ。最も好調に売れる時期に当たる。そしてフィットの発売時点における1か月の販売計画は1万台であった。それが月平均で4889台では、発売後早々に、計画台数の半数しか売られていない。

 ちなみに今の販売計画は、一種のコミットメント(公約)で、その車種が販売を終えるまでの平均台数とされる。発売から数年が経過すると、クルマの売れ行きは下がるので、発売直後は販売計画を上まわる必要がある。それが半数に留まると、販売計画の達成は難しい。

先代型フィット(全長3990×全幅1695×全高1525mm/2014年月平均登録台数:1万6900台)

 先代型の3代目フィットは、2013年9月に発売され、2014年の月平均登録台数は1万6900台であった。先代フィットでは、ハイブリッドに搭載される7速DCTが、発売直後に複数回のリコールに見舞われ、売れ行きも下がったが、現行型の登録台数は、その先代型と比べてもわずか29%だ。

 フィットはなぜ、販売が大幅に低迷しているのか。この背景には、大きく分けて4つの理由がある。

フィットが苦戦する背景にライバルとデザイン

 1つ目の理由は、現行フィットのデザインだ。フロントマスクは柔和な顔つきで、ボディサイドは水平基調だから側方や後方の視界も良い。機能的には優れた造形だが、従来型に比べると、雰囲気や見栄えの印象が大きく変わった。

 内装も水平基調で視界やメーターなどの視認性に配慮したが、ステアリングホイールのスポークは2本だ。従来型に比べて変化が大きく、物足りない印象を受けることもある。

フィットと同時期に発売されたトヨタ ヤリス。グレードの豊富さと139万5000円から購入できることもあり、月平均登録台数約9500台と人気を博している(ヤリスクロスとGRヤリス除外)

 販売が低迷する2つ目の理由は、ライバル車の動向だ。フィットが発売された2020年2月には、トヨタもコンパクトカーの新型ヤリスを投入している。従来型になるヴィッツは2010年に発売されたから、ヤリスは10年ぶりのフルモデルチェンジとなり、売れ行きを伸ばした。

 フィットのエンジンは、直列4気筒1.3Lのノーマルタイプと1.5Lのハイブリッドだが、ヤリスは直列3気筒1.5Lと1.5Lハイブリッドに加えて、低価格の1Lも用意した。そのために最も安価なグレードは、フィットでは155万7600円だが、ヤリスは139万5000円から選べる。

 つまりヤリスはグレードが豊富で、少ない予算に対応できることもあり、フィットよりも売れ行きを伸ばした。ヤリスの登録台数は、2021年1~8月の月平均が約9500台だから(ヤリスクロスとGRヤリスを除く)、フィットの約2倍に相当する。

 さらに2020年の末には、ノートもフルモデルチェンジを行った。このように現行フィットの発売時期は、ライバル車のフルモデルチェンジと重なり、販売面で不利を強いられた。

次ページは : 3つ目の苦戦理由はホンダの「身内」にあり?