いいタイヤでどんどん走れ!! スポーツラジアルタイヤ各社の傾向

いいタイヤでどんどん走れ!! スポーツラジアルタイヤ各社の傾向

 最強はNEOVAかDIREZZAかPOTENZAか、それともEAGLEか。

 人気のスポーツラジアルタイヤは各社が性能競争を繰り広げる真っ只中。

 そして、セカンドグレードスポーツタイヤも絶賛盛り上がっている。

 Sタイヤを超えるスポーツラジアルとは!? メーカー各社の大まかな特徴を解説!!

文/加茂 新、写真/横浜ゴム、ブリヂストン、ダンロップ、グッドイヤー

【画像ギャラリー】普段乗りもサーキットも楽しめる一石二鳥タイヤ!! スポーツラジアルタイヤで軽快に走る!!


■まずはスポーツラジアルタイヤのおさらい

 スポーツラジアルタイヤとは日本で人気のタイヤで、普段乗りからサーキットまで楽しめる、そしてサーキットでのグリップが高いタイヤのこと。摩耗の度合いを示すトレッドウェアは200前後が一般的。

 ひと昔前はサーキットと言えば、Sタイヤ(セミレーシングタイヤ)が主流。しかし、Sタイヤは溝が少なくて公道使用は危険でライフも短い。つまりサーキットで履き替える必要があった。

 そこで街乗りも安全に走れて、サーキットでは高いグリップ力が長く使えるスポーツラジアルタイヤというジャンルが進化してきた。各社グリップとライフは常に競争になっており、スポーツラジアルタイヤ戦国時代が今なのである。

■ハイグリップと誰でも扱える優しさがNEOVAシリーズ

ADVAN NEOVAシリーズは2003年の登場以来愛されている。現在販売中のAD08Rは高いグリップと滑ってからの扱いやすさが特徴

 では、どう違うのか。まず、ADVAN NEOVAシリーズ。

 2003年に登場した不朽の名作AD07は、グリップの高さと滑り出してからの穏やかさから愛されたタイヤ。これでスライドコントロールができるようになった人も多い。

 ショルダーに近い部分のグルーブ(縦溝)にダメージが及びやすいことから、その部分のグルーブを排除。同時に曲線的なデザインで負荷を和らげたデザインになったのがAD08(2009年登場)だ。

 そして、そのコンパウンド(ゴム)を2013年にマイナーチェンジしたのが現在販売中のAD08Rである。キャラクターは変わっていなくて、高いグリップと滑ってから扱いやすいのが特徴。攻めすぎてもグリップが突然抜けるというより、ジワジワとラインを外れていくようなイメージだ。

 その代わり、ハンドリングはどちらかというとマイルド系。良く言えばおだやか。悪く言えば曖昧さがあるともいえるが、だからこそその扱いやすさは特筆すべきもの。

 そして、さらなるグリップを求める人にはADVAN A052もラインアップ。こちらはもっとグリップにキャラクターを振ったモデルで現在業界最強レベル。それなりに減るが、減ってもグリップ力が持続するので、最後まで美味しいタイヤだ。

 約10年とロングセラーモデルのAD08R。今後の動向も気になるがオススメの1本だ。

次ページは : ■切れ味鋭いハンドリングとグリップ力ならPOTENZAシリーズ