長大化を加速させる欧州のトレーラ最新事情に迫る!

日本のダブル連結トラックよりもっと長い!? さらに長大化を加速させる欧州のトレーラ最新事情に迫る!

 トラックドライバー不足や高齢化が深刻化するなか、トラック輸送の省力化を促進するため2019年に本格導入された長大トレーラが「ダブル連結トラック」だ。

 ダブル連結トラックは、フルトレーラの連結全長を従来の21mから最大で25mまで緩和し、1セットで大型トラック2台分の輸送力を実現するもので、現在は連結全長23~25mの車両が、大手路線事業者を中心に日本全国で運行されている。

 このダブル連結トラックが参考としたのが欧州の大型コンビネーション車両「LHV(Longer Heavier Vehicle)」だが、その欧州ではLHVよりさらに大型のコンビネーション車両「HCT(High Capacity Transport)」が実用化されようとしており注目だ。

 最初に実用化を果たしたのは、大型コンビネーション車両で30年以上の実績を持つ北欧のフィンランド。同国では2019年に連結全長34.5m、連結車両総重量(GCW)76tのHCTが正式に認可された。また、スウェーデンも2030年までにHCTを普及させるべく法制化を進めているところだ。

文/緒方五郎&「フルロード」編集部
※2019年12月10日発売「フルロード」第35号より

【画像ギャラリー】この長大さは圧巻!! 白夜の国からやってきた『HCT(High Capacity Transport)』に注目!!


■欧州は「ダブル連結トレーラ」がほしい!?

ボルボFH6×2/4トラクタに3軸リンクセミトレーラ、3軸セミトレーラを組み合わせたオランダのLHV。リンクセミトレーラは、セミトレーラの多重連結することを前提としたもので、後部に第5輪(カプラ)を備える。単体でも走行できるよう、ボディをスライドさせる機構などを搭載する場合もある

 欧州の連結車は、セミトレーラで連結全長16.5m(一部17.8m)と連結車両総重量(GCW)40t(一部44t)、フルトレーラで連結全長18.75mとGCW40t(一部44t)が上限とされている。

 ただ、フィンランドとスウェーデンでは30年以上前から連結全長25.25m、GCW60tのLHVが認可されており、2010年代にはオランダ、デンマーク、ノルウェーでもLHVが運行開始。ドイツでも2017年に連結全長25.25m、GCW40tもしくは44tのLHVが認可されるなど、トレーラの大型化が進んでいる。

 欧州でも日本と同様に荷物の増加やCO2排出量削減、ドライバー不足といった課題が深刻化しており、対応が課題となっている。そんななか、LHVをさらに大型化した大型コンビネーション車両実用化の動きが出ている。それがHCTだ。

欧州最大手トレーラメーカーであるドイツのシュミッツ・カーゴブルが2019年に開発したHCT実証実験車両がこの「エコデュオ」だ。既存の3軸カーテンサイダーセミトレーラ2台を、第5輪を備える2軸コンバータドーリで連結するもので、連結全長は31.5mとなっている

 HCTは、連結全長31.5m以上かつGCW60t以上でセミトレーラ2台分の輸送力を誇り、CO2排出量はセミトレーラより27%少ないうえ、ドライバー不足解消にも寄与。HCT実用化の波は北欧から始まり、現在は欧州全体に波及しようとしている。

■2030年に連結全長34.5mのHCTを目指す 大型コンビネーション車両先進国のスウェーデン

スウェーデンでHCT実証実験より前に行なわれた「ETTプロジェクト」の実験車両。ETTとは「En Trave Tii」のイニシャルで、「もうひと仕事」「もうひと山」という意味らしい。現行LHVは、長さ6m程度の伐採木を合計3列積載するが、同車両は連結全長30m、GCW90tで4列を積載可能としている

 スウェーデンは1970年代に大型コンビネーション車両の運用を開始。徐々にその規格を拡大してきた歴史を持つ。これは同国が林業を基幹産業とし、重くてかさばる木材を効率的に輸送する必要性に迫られてきたからで、1998年には連結全長24mまたは25.25m、GCW60tのLHVが正式に認可されている。

 さらに2007年には、木材輸送のCO2削減を図るべく連結全長24~30m、GCW74~90tの大型コンビネーション車両の実証実験を開始。2018年には陸上輸送そのもののCO2排出量削減を目標に、連結全長34.5m、GCW74tのHCTを2030年までに普及させるロードマップが策定された。

2012年に開始したDUO2プロジェクトの実験車両「DUOトレーラ」は3軸セミトラクタ+2軸コンバータドーリ+3軸セミトレーラの「Aダブル」と呼ばれる編成で連結全長32m、GCW74tを実現。セミトレーラは既存車を組み合わせており、高い汎用性を誇る

 同国では、HCTで道路輸送全体の8割(トンキロベース)を担うという大きな目標を掲げており、2012年には政府、物流企業、トラックメーカー、トレーラメーカー、サプライヤー総出で大型コンビネーション車両の実証実験を行なう「DUO2プロジェクト」を開始している。

DUOトレーラと通常の3軸セミトレーラを並べたところ。DUO2プロジェクトの試算によると、ユーロパレット200枚を積んで約280kmの距離を運行する場合、通常の3軸セミトレーラでは6セットが必要で、連結全長25.25mのLHVでも4セットが必要だが、DUOトレーラなら3台で輸送でき、CO2排出量も27%削減できるという

 同プロジェクトで最初に製作されたDUOトレーラは、3軸セミトラクタ+3軸セミトレーラ+3軸セミトレーラという編成で連結全長32m、GCW74tを実現。このほか、3軸フルトレーラ+2軸フルトレーラ+2軸フルトレーラで連結全長27.5mとしたDUOキャットも製作されている。

次ページは : ■連結全長34.5m、GCW76t 欧州で初のHCT導入国となったフィンランド