レクサスCTの変革し続ける存在意義 入門層からシニア層へ!?

登場から10年!! 変わりゆくレクサスCTの役割

 現行のレクサス車では、最もモデルライフが長いクルマがCT200hだ。ハイブリッド専用車として2011年に登場し、現在までに2度のマイナーチェンジを行っている。

 モデルライフの長いレクサスではあるが、約7年でフルモデルチェンジを迎える他車と比べると、CTのモデルライフは、いささか長すぎるようにも感じる。ただ、レクサスではUSF型のLSが、約11年というロングモデルライフであったから、前例のない話ではない。

 現在もレクサスの入門モデルとして愛されるCTの立ち位置は、この10年間でどう変わったのだろうか。実際のオーナー層や、設計の古さへの対応など、今のCT200hを徹底分析していく。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】看板娘から大ベテランへ!! 立ち位置こそ変われどいまだ愛され続けるレクサス CT(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ