電動化も着々と 世界の最先端を行くヨーロッパのゴミ収集車

電動化も着々と 世界の最先端を行くヨーロッパのゴミ収集車

 塵芥車(じんかいしゃ)もしくは塵芥収集車と呼ばれるゴミ収集車は、ごく身近な特装車で、子供たちにもとても人気があるクルマだ。そんなゴミ収集車の中でも、世界の最先端を行くといわれるヨーロッパのゴミ収集車を見てみよう。

 多くの国からなるヨーロッパは、国ごとにゴミ収集の事情も違うはずだが、塵芥収集車メーカーは概ねドイツ、スウェーデン、フランスなどに偏在している。しかも、近年では塵芥車メーカーのグループ化が進む。

 いっぽう塵芥車は、ゴミ箱ごと持ち上げて収集する装置を搭載した「フロントローダー」「サイドローダー」「リアローダー」などが普及し、シャシーは軽トラ〜大型トラックまでさまざまな塵芥車が存在。

 また環境先進国の多いヨーロッパでは、最近になってBEV塵芥車が続々とデビューを果たしている。さまざまな形、さまざまな機能が集うヨーロッパのゴミ収集車をご紹介しよう。

文/緒方五郎
*トラックマガジン「フルロード」~世界の特装車~より

【画像ギャラリー】HVはもちろんEV化も着々と進む!! 塵芥車の最先端を行くヨーロッパのゴミ収集車たち(10枚)画像ギャラリー

■ヨーロッパの2大塵芥車メーカー

ツォエラー・ハラー/ミディアムXL。市街地集配用の大型圧縮式塵芥車でリアローダー付。荷箱容積18〜30立方メートルハラーはオランダの名門。だがツォエラー製品との統合が進行中だ

 ヨーロッパの塵芥車メーカーはドイツのキルヒホフ・グループ、スペインのロスロカ・エンヴァイロメントが2大グループを構成。

 キルヒホフ・グループは、ファウン・ウンヴェルトテヒニクとツォエラー・グループ(オランダ・ハラー、フランス・SEMAT、オーストリア・ストゥンマー、ポーランド・エコセルなど)、トルコのハイドロ・マクといった環境車両メーカー大手を傘下に加える。

ファウン/ロトプレス。独特の回転ドラム式塵芥装置を搭載するファウンの大型塵芥車、ロトプレス。荷箱容積14〜25立方メートル、セミトレーラ型では41立方メートルに達する。同クラスの圧縮式に比べ維持コストの低さをアピールしている

 いっぽうロスロカ・エンヴァイロメントは、ドイツ・HSファールツォイクバウ、イギリス・デニスイーグル、フランス・エウロヴォワリ、ブラジル・ウジメカなどをグループに持つ。

 その他のヨーロッパの塵芥車メーカーとしては、オランダのヘーシンクノーバなどがある。

デニスイーグル。ロスロカ傘下のデニスイーグルが生産する塵芥車専用のローキャブ大型シャシー、エリート6。4×2・6×2・6×4・8×4の多彩なバリエーションを設定し、ボルボD8Kエンジンを搭載する。ルノートラックスにもOEM供給中だ
ロスロカ/ミレニアム。ドイツのロスロカ・HSのフロントローダー、ミレニアムFLF31。フロントローダーはゴミ箱を持ち上げるリフターの作動位置が車両前面についたものを指している
ヘーシンクノーバ/Geesink-GPM-IV-KT1。HIABのローダークレーンを搭載したヘーシンクノーバの大型塵芥車、GPM-IV。シャシーはボルボのFE(6×2)がベースだ

■電気トラック×塵芥車が続々登場

ヘーシンクノーバのプラグイン・ハイブリッドシステムを搭載する産業用大型圧縮式塵芥収集車。出力36kWhのリチウムイオン電池を搭載し、リアローダーもコンパクタ(圧縮装置)も電動で作動できる

 ゴミ収集車を電動化する考えは欧州や日本で古くからあり、BEVではないがバッテリーを搭載して、あるいはハイブリッド車をベースに塵芥収集装置を電動化したハイブリッド塵芥車がすでに登場している。

 欧州ではヘーシンクノーバやファウン、スウェーデンのヨアブなどが製品化しており、日本では極東開発工業や新明和工業、モリタエコノスなどが開発してきた。

エレクトラ/エコニック。20年6月に英国・マンチェスターでの大量導入が発表されたBEV塵芥車。メルセデスベンツ・エコニックを英国のEV改造メーカー・エレクトラ社がBEV化したシャシーに、ヘーシンクノーバの圧縮式塵芥装置N4TH(N4 23H25 TH)と電動油圧システム・LI-ONパワープロを搭載

 いっぽう19年以降、欧州では電気トラックが「発売直前」と呼べる段階となって、BEV塵芥車の発表ラッシュが続いた。

 電気トラックは航続距離は短いが、排気量ゼロで騒音もごくわずかという長所から、都市内運行での普及が本命視され、その代表格がゴミ収集車といえる。

ダフ/サイドローダー。ダフの大型BEV・CFエレクトリックをベースとしたサイドローダー型のBEV塵芥車。20年から第1号車がオランダでの実証試験を開始している。CFエレクトリックは容量170kWhのリチウムイオン電池を搭載し、航続距離は約100km。上モノのサイドローダー型塵芥装置はDAFの関連会社、VDLトランスリフト社製

 欧州では車両総重量(GVW)26t級、大型6×2塵芥車が広く普及しているが、そのBEVが多数登場。ゼロ・エミッション車として、車両総重量を26t以上に緩和する法規的措置がとられている。

【画像ギャラリー】HVはもちろんEV化も着々と進む!! 塵芥車の最先端を行くヨーロッパのゴミ収集車たち(10枚)画像ギャラリー