通報しました! CANインベーダー コードグラバー… 海外サイトで買える!? 自動車盗難最新事情と「撲滅に向けてやるべきこと」


 CANインベーダーという新たな自動車盗難装置。すでにテレビなどで、わずか数分で窃盗犯がクルマを盗んでいく映像を見た方も多いだろう。

 本サイトではそのCANインベーダーによる自動車盗難を防ぐことはできるのか、「【実録】自動車盗難の新手口 その名もCANインベーダーの恐怖! 最新最強盗難術をどうすれば防げるのか?」という記事を2021年10月17日に公開した。

 その後、筆者がCANインベーダーの取材を進めるなかで、6000ユーロでCANインベーダーを販売している海外サイトを発見! 

 はたして、どのようなサイトだったのか、その中身を紹介するとともに、警察関係各所に通報した。

 さらに自動車盗難撲滅に向けて何をすべきか、自動車盗難を追ってきた筆者による、渾身のレポートをお届けしよう。

【実録】自動車盗難の新手口 その名も「CANインベーダー」の恐怖! 最新最強盗難術はどうすれば防げるのか?


文/加藤久美子
写真/Adobe Stock(トビラ写真/Alexander Potashev@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】車両盗難に関わるデータをチェック!(9枚)画像ギャラリー

■昨今の自動車盗は「狙いを定めて周到な準備をして盗む」

車両本体の盗難発生場所一覧(出典:日本損害保険協会)
自宅屋外と屋外の契約駐車場の盗難が7割以上を占めている(出典:日本損害保険協会)

 昨今の自動車盗難は組織化されており、「狙いを定めて盗む」方法が主流だ。狙うべき獲物はどこにあるのか? Googleストリートビュー等を使ってまず獲物を探し出し、現地に行って実車の状態を確認する。

 実車がそこに存在しているかどうかだけではなく、どれくらいの頻度で動かしているのか? どのようなセキュリティがついているか?

 警報の音はどれくらいか? 周囲の防犯カメラや逃走経路、Nシステムの有無、オーナーはいつクルマを使うのか? 家を出る時間、帰宅時間、就寝時間や休日の過ごし方など生活パターンまでを入念に調べつくしてから満を持して盗んでいくのである。

 盗む車種などを指示する国際的な窃盗団も存在しており、国内外からのオーダーを受けて実行役に依頼する。今は「コンビニの駐車場にキーをつけっぱなしのクルマがあったから盗んだ」という偶発的な盗難ではなく、プロの窃盗団が綿密な計画のもと盗難を実行しており、盗難後のクルマの処理や売却までの一連の手順も確立されている。

 日本損害保険協会の調べによると、2020年11月に保険金を支払った158件の盗難のうち、発見は38件、未発見は120件で圧倒的に未発見が多い。なお、この数字は、あくまでも車両保険に入っていたクルマということになる。

 盗難車市場でも人気急上昇の国産旧車スポーツカーなど古いクルマは車両保険をつけることが難しく、未発見の割合はさらに多くなる(国産旧車の場合、発見されるのは10台に1台あるかないかとも)

 盗難の手口も年々高度化しており昨今は電子機器を使った手口が主流となっている。いわゆる「リレーアタック」「CANインベーダー」「コードグラバー」などの方法だ。

 昔のように、ドアをこじ開けてキーシリンダー周りを壊して…という原始的な方法はそもそも、スマートキーでドアを開閉するような現代のクルマでは不可能だし、修理代も高額になり、効率的ではない。セキュリティシステムを組んでいない、国産旧車スポーツカーなどは大体この方法でやられてしまうのだが……。

■急増する「CANインベーダー」とは

スマートキーから出る微弱な電波を使ったリレーアタックは、微弱な電波を遮る金属の缶や遮断ポーチなどで防止できることが広まったため、自動車盗難の手口はスマートキーのIDコードを読み取ってスマートキーそのものを複製してしまうコードグラバーやCANインベーダーに移行してきているという(katsu@Adobe Stock)

 これらの手口のなかでリレーアタックに関しては、昨今メディアで取り上げられる機会が増え対処方法(スマートキーを電波遮断が可能な金属の箱に入れて保管するなど)も比較的に容易なことから、この1~2年は激減している。

 しかし、リレーアタックの上級版ともいえる「コードグラバー」については、電波を遮断する方法では太刀打ちできない。コードグラバーはスペアキーをつくるための特殊な専用機械でスマートキーのIDコードを読み取ってスマートキーそのものを複製してしまう。

 出始めの頃は数メートルの距離しか読み取れなかったが、最近では1km以上離れた場所からでもIDコードを読み込める機械が出てきているというから恐ろしい。ディーラーなどでスペアキーを作成する場合はクルマから至近距離で読み取れば良いわけで、離れた距離でIDコードを読み取るための機械はほぼ犯罪目的だと思っていいだろう。

 ただし、コードグラバーが使えるのは狙ったクルマのオーナーがスマートキーを使ってドア解錠などの操作を行うタイミングに限られるため、効率はそれほど良くないとされる。

 とはいえ、スペアキー作りの機器であるコードグラバーは電波遮断ポーチなどの簡易的な方法では防御できないことも覚えておきたい。

 一方、リレーアタックやコードグラバーと比べて、盗難の成功率が高く効率よく盗めるのがCANインベーダーだ。スマートキーもオーナーの操作も不要。前回ベストカーwebで詳細にわたって紹介しているのでぜひ見ていただきたい。

 とにかく、クルマだけあれば盗めてしまう。自宅駐車場はもちろん、オーナーの行動を追跡して勤務先の駐車場や自宅から離れた屋外の駐車場に停められたクルマを狙う。クルマの前に立ち、フロントバンパーをずらすなどしてCANインベーダーをクルマの制御システムにつなげるだけでOKだ。

 CANインベーダーの場合は、最新のレクサスが主流となる。特殊な機械は高額(100万~200万円)ではあるものの、成功率からすれば非常にコスパが良い手口といえるだろう。

次ページは : ■通報案件! ガチでCANインベーダーの機械が販売されていた!!