自動車盗難の新手口 「CANインベーダー」の恐怖! どうすれば防げるのか??

【実録】自動車盗難の新手口 その名も「CANインベーダー」の恐怖! 最新最強盗難術はどうすれば防げるのか??

 自動車盗難においては、自動車ユーザーおよびメーカー+防犯技術エンジニアと、自動車窃盗団は「窃盗」→「防犯技術向上」→「それを破る技術開発」→「その技術を防ぐ技術開発」→「その防犯技術を突破し窃盗」→「さらにその技術を…」という熾烈な開発競争が続けられてきた。

 その結果、ここ10年で自動車盗難件数は約1/5にまで減少しており(認知件数ベースで2011年は2万5238件、2020年は5210件)、防犯チームがやや優勢に思える。 

 しかしそのいっぽうで、自動車盗難技術はより先鋭化が進んでいることも事実。より高級車に狙いを定められ、手口があくどくなっている。
 
 本記事で紹介するのは、そうした一部の窃盗団が使っている「CANインベーダー」という盗難装置だ。

 その盗難装置CANインベーダーを防ぐ方法はないのか? セキュリティ専門店とセキュリティシステムのメーカーに徹底取材した。

文/加藤久美子
写真/加藤博人、ユピテル、ベストカーweb編集部(アイキャッチ写真のレクサスLXはカーセキュリティプロショップA2M代表の撹上(かくあげ)智久氏の所有車)

【画像ギャラリー】新たな盗難手口が横行中! 最新の防犯グッズをギャラリーでチェック!!(17枚)画像ギャラリー

■リレーアタックとCANインベーダー 何が違う?

 警察庁が発表している『自動車盗難認知件数』は2003年の6万4223件をピークに年々減り続けており、2019年は7143件、2020年はピーク時の10分の1以下となる5210件(自動車本体の盗難)にまで減少した。コロナ禍で海外との往来が困難であったことも理由だろう。

 しかし、このような状況でも盗難率が激増している車種がある。それがレクサスLXだ。

 こちらは、2019年と2020年の盗難台数のワースト5と盗難率である。

当該データには未遂などを含まないため、犯罪統計における自動車盗難認知件とは異なる。車名(通称名)別盗難台数を保有車両数((財)自動車検査登録情報協会統計「自動車保有車両数(各年3月末現在)」または(社)日本工業会調べ)で除し、1000を乗じたもの

 レクサスLXの盗難率は46.5と他車に比べてケタ違いに多い。1000台あれば約47台が盗まれている計算になる。

 LXは他の車種が減少する中、唯一、盗難率が上がっている車種なのである。そしてこのLXを筆頭としたレクサスやクラウンなどの国産高級車は近年、『CANインベーダー』という新たな手口での盗難が増えている。

 高級車の盗難手口はイモビカッター→リレーアタックと変化してきており、電子制御が進んだ最新の高級車においてはCANインベーダーが主流となりつつある。改めて、リレーアタックとCANインベーダー。このふたつの違いについて簡単に説明しておこう。

■リレーアタック
 流行のピークを過ぎているとはいえ、いまだに多い盗難手口だ。スマートキーから常時出ている微弱な電波を特殊な機器で増幅してドアロックを解除しエンジンを始動させる。

 駐車しているクルマとスマートキーが近い状況(家の玄関や駐車場に近い窓際などにキーがある等)で狙われやすく、駐車場にクルマを停めて自宅へ向かう歩いている途中にもポケットやカバンに入ったスマートキーがターゲットになりうる。

 しかし、リレーアタックの場合はスマートキーから出ている電波を完璧に遮断すれば防ぐことが可能だ。キーを金属の缶や電波を遮断するキーケースに入れるなど比較的簡単に対策を講じることができるため、近年はリレーアタックによる盗難被害が大幅に減少している。

■CANインベーダー
 CANとは 【Controller Area Network】を意味するIT用語でクルマ内部にある電子回路や電気系の装置を接続するための通信規格の一つ。ECU(電子制御装置)やエンジン、各種センサーなどの部品をつないでおり、すべての装置が一つの伝送路を共有する。

 CANインベーダーとはこの伝送路に侵入(invade)してドアロックなどを解除し、エンジンを始動させる盗難手口のこと。リレーアタックに代わって、2017~2018年頃から徐々に増え始めており2020年の終わりころから急増している。

 クルマとキーの距離や位置関係、電波発信の有無などには関係なく、クルマの前に人が立てるスペースさえあれば盗めてしまうのが恐ろしいところ。リレーアタックのようにスマートキーからの電波遮断という対策は効果がない。新しく高級なクルマほどこの手口で盗みやすいとされている。

■今年6月、兵庫県警が押収したCANインベーダーの機器を公開

 2021年6月には日本で初めて兵庫県警がCANインベーダーの手口で約200台、総額10億円以上の高級車を盗んだ窃盗団を逮捕している。

 その際、窃盗団から押収したCANインベーダーの機械も報道陣に公開されており、その特殊機器は【モバイルバッテリー型システム侵入ツール】と名付けられていた。

CANインベーダーのイメージ画像。実際に兵庫県警が押収したものもモバイルバッテリーそのものだった。兵庫県警が押収したものとほぼ同じ形状のCANインベーダーは海外サイトでは6000ユーロで販売されている

 見た目はまさにモバイルバッテリーそのものといっていい形状だ。USBのソケットやケーブルなどがついており、職質された時などにも「モバイルバッテリーです」と言い逃れできるのだろうか?

 この特殊機器は1機150万~200万円という高額で取引されているそうだが、「リレーアタックより簡単で確実」(窃盗団関係者)というのだから、コスパの良い投資なのかもしれない。

 フロントバンパーを外側から外し、手が届きやすいCAN信号につながる端子に特殊機械を接続し、制御システムに侵入するという手口であるが、あまり詳しい方法を記事に書くのは犯罪の助長につながるので控えておく。

 では猛威を振るうCANインベーダー。これによる盗難を防ぐ方法はあるのだろうか?

 これまで2000台以上のカーセキュリティを取り付け、16年間一台も盗まれたことがないカーセキュリティプロショップA2M代表の撹上(かくあげ)智久氏と、国産最高級セキュリティ「ゴルゴ」「パンテーラ」を製造するユピテルのマーケティング部第2ディレクションチームリーダー小野塚竜太氏に話を聞いた。

群馬県桐生市にショップを構えるカーセキュリティショップA2M代表の撹上(かくあげ)智久氏。セキュリティシステムの取り付け実績2000台以上、スポーツカーの割合80%でこれまで16年間盗難被害はゼロ(盗難対策車)という

カーセキュリティショップASMのホームページ

 ちなみに、撹上氏が初めてCANインベーダーでの盗難に遭遇したのは3年以上前のこと。CANインベーダーという言葉自体も存在せず、その手口すら明らかになっていなかった頃だ。

 「数年前、リレーアタック全盛の頃でした。スマートキーを缶に入れたり電波遮断のポーチに入れたりして自衛するオーナーが増えていた時期でしたが、なぜか愛知県内ではリレーアタックの自衛をしていたのに盗まれるクルマが出てきていました。

 その頃、愛知県の知人が所有するLXが盗まれて、運よくその日のうちに発見されたのですが、クルマを見ると見た目は全く損傷がない。どうやって盗んだのか調べてみたところ、助手席側のフロントバンパーがわずかにずれていることに気づきました。この時がCANインベーダーで盗まれたクルマを見た最初でした。

 『この方法ならうちのクルマは全部やられてしまう!』と調査を行った自動車メーカーの関係者も頭を抱えていましたよ。」(撹上氏)。

次ページは : ■カーセキュリティでCANインベーダーによる盗難どこまで防げる?