マツダSUV5車種一気開発でどうなる!?  伝統のセダン&コンパクトカー

マツダSUV5車種一気開発でどうなる!? 伝統のセダン&コンパクトカー

 マツダが突如として来年2022年からの新型クロスオーバーSUVの5車種新規開発を発表した。現在のマツダはSUVモデルが主力となりつつあるが、今後もその傾向をより一層強めていくことを自ら打ち出したのだが、そうなると気になってくるのはコンパクトカーやセダンといった背の低いモデルたちの今後だ。

 2019年に第7世代モデルとなったCセグのマツダ3以外で該当するのはマツダ2、そして、マツダ6となる。こうしたモデルはどのように変わっていくのか、国沢光宏氏が分析する。

文/国沢光宏写真/ベストカー編集部、マツダ

【画像ギャラリー】マツダの次期型 3車種の予想CGと現行型 7車種を写真でチェック!!(11枚)画像ギャラリー

■怒涛のSUV新規攻勢の裏側に潜む「いったいどうなるの?」というギモン

 マツダが怒濤のSUV攻勢を打ち出した。なんとCXシリーズとして50から90まで5車種を2022年からリリースするという。内容的には「凄いね!」なのだけれど、3つほど「どうなるんだろう?」という点がある。今までに存在しないCX-70と、ロータリーエンジンを使うPHV、そしてコンパクトカーを含む乗用車の商品群だ。

 まずCX-70から。CX-50はカローラクロスのマツダバージョンだとわかっている。CX-60についていえば、99%の確率でBMW X3を強く意識したクラスの後輪駆動車だ。そしてCX-80がCX-8のようなCX-60ベースのロングボディ&3列シート車。CX-90も現在のCX-9の実質な後継モデルで間違いなし。気になるのがCX-70です。

CX-8の後継モデルと目されるCX-80の予想CG。7人乗り3列シートの大型SUVで、直6FRプラットフォームを採用する可能性が高い

 順当に考えると主としてアメリカで販売されるCX-90のショートボディ&2列シートということになる。だとすれば、アメリカ市場は250万円級になるだろうCX-50と、500万円以上になることは間違いないCX-70との価格差が大きく開いてしまう。350万円級のCX-5を継続販売する以外ないと思う。けれどCX-5の今後はまったくアナウンスされていない。

■ロータリーエンジンのPHVはどの車種に搭載されるのか

 ここでPHVが出てくる。ロータリーエンジンを発電機として使うPHVはFFなので、今までのプラットフォームを使うことになるだろう。CX-60から上のサイズのクルマは、いわゆる「ラージ」と呼ばれる直列6気筒エンジンを積む後輪駆動モデル群。そしてPHVがどのくらいのボディサイズになるか、何の発表もしていない。

 Cセグメントだとハイブリッドもラインナップ可能なカローラクロスとバッティングする。MX-30についていえば世界規模で厳しい評価を受けており、PHV化しても赤字がかさむばかり。藤原副社長体制下のマツダを見ると、あえて「ほかのメーカーが作っていないクルマ」を狙い、MX-30に搭載してくる可能性ありますが。

2020年9月に発売開始されたマツダMX-30。CX-30をベースによりスペシャリティに振ったクルマで観音開きのフリースタイルドアの採用が目をひく

 順当に考えればCX-5の後継モデルのなかにPHVを入れ込むという商品戦略ながら、もはやCXシリーズの番号が残っておらず(笑)。CX-40はおそらく中国のCX-4の後継になるだろうし、数字的にCX-50より小さいクルマになる。となればMXシリーズか? 観音開きのドアだと使い勝手悪いです。こういった予想をしているのは楽しい。

次ページは : ■マツダ2は現行モデルで絶版になる!!?