出るか新型マツダ2!? 2021年マツダに新車はあるのか


 2020年は、新規SUV「MX-30」のマイルドハイブリッド車を発売したマツダ。その前年2019年には基幹車種の新型マツダ3、そしてCX-30を発売するなど、ここ数年は“少数精鋭”のラインナップながら、新規モデル/フルモデルチェンジ車を毎年1車種以上発売してきている。

 現状のラインナップでは、かねてからマツダ2(旧車名:デミオ)、マツダ6(同:アテンザ)の新型投入も噂されているが、果たして2021年マツダに新車はあるのか?

文/遠藤徹、予想CG/編集部、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】新旧マツダ2のデザインとMX-30の概要はこちら


■2020年の“新車”はMX-30のEV仕様含めて2車種

「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」でMX-30が、今年新設された部門賞「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。写真はMX-30 100周年記念車

 2021年マツダの新車(追加モデル)は、新年早々発表・発売のMX-30 EVと9月に一新するマツダ2のビッグチェンジの2車種が濃厚になっている。

 モデルレンジからするとマツダ6、CX-3、CX-5あたりが世代交代しても、おかしくないタイミングであるが、これらはまったくの別モデルに転身する可能性もあるようなので、とりあえず2021年の登場は見送られているようだ。

 MX-30EVは2021年1月中旬に発売する。すでに一部のマツダ店向けには商品内容が提示されて、見積書の作成が可能な状況にある。

 グレード構成は「ベース」、「ベーシックセット」、「ハイエスト」の3タイプ。車両本体価格は451万~501万6000円の設定となっている。充電後の航続距離は254kmとなっている。新年の幕開け早々にティザーキャンペーンをスタートさせる。

■新型マツダ2もいよいよ世代交代へ!

マツダ2の新型予想CG。5ナンバーサイズは維持するが、全長とホイールベースを延長して居住空間の拡大を目指す

 マツダ2は、「新型デミオ」として2014年9月11日に登場以来6年以上が経過しており、2021年9月には7年が経過するから、世代交代の時期となっている。

 これまでのモデル展開の経緯は、2014年10月に1.5Lクリーンディーゼル、同年12月に4WD、2015年4月にはセーフティパッケージをガソリン車に追加、2015年10月にモータースポーツ向けの「15MB」を追加。

 そして、2015年12月一部改良でディーゼル車の静粛性向上、ガソリン車の操縦性向上。2016年11月と17年4月一部改良でガソリン車の操縦性向上、2018年8月一部改良ではガソリンエンジンの1.3L車を廃止し、1.5Lに拡大。

 さらに、2019年にマイナーチェンジし、車名をグローバルで使われている「マツダ2」に変更、9月に発売した。

 次期型は、新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用し、クオリティアップ、燃費&性能の向上が図られる。エクステリアデザインは基本的にはキープコンセプトだが、塊感を強調したシャープないで立ちを盛り込む。

 ボディサイズは全幅の1695mmという5ナンバーサイズは同じだが、全長は50mm、ホイールベースも同程度延長し、室内の居住空間の拡大や走行性能の向上を目指す。約100kgの軽量化を図るのと、パワーユニットの改良と合わせ、大幅な燃費向上を実現する。

次ページは : ■新型マツダ2は新たな3気筒HVとSKYACTIV-X搭載の可能性も

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ