「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか


 マツダのフラッグシップ(旗艦)モデルといえば、MAZDA(マツダ)6が挙げられる。マツダブランド伝統のセダン「カペラ」が2002年に「アテンザ」へと車名変更、そのアテンザも2019年にマイナーチェンジを実施した際に「マツダ6」へと改名し、現在に至る。

 マークII(マークX)やレガシィB4が絶版となり、アコードやスカイライン、フーガがめっきり売れなくなり、クラウンですら「次期型はSUVになるのでは」という報道が流れるなかで、マツダ6はすでに次期型の開発と発売が予告されている。

 この国産セダン超逆風のなか、マツダ6に勝算はあるのか? そもそも現行マツダ6の今のポジションってどんなところなのか?? マツダを愛するがゆえに厳しい指摘を続ける渡辺陽一郎氏に伺った。

文/渡辺陽一郎 写真/MAZDA

【画像ギャラリー】マツダ6のこれまでの歩みと次期型予想CGをチェック


■8年以上マツダ6はフルモデルチェンジが見送られている

 クルマがフルモデルチェンジを行うサイクルは、最近長引く傾向にあるが、一般的には5~7年だ。ところがマツダ6は、2012年にアテンザの車名で発売され、既に8年以上を経過した。

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
初代アテンザ (2002年発売)SPORT「20F」

 共通のプラットフォームを使う先代CX-5は、アテンザと同じ2012年に発売されて、2017年には現行型へフルモデルチェンジされた(発表は2016年)。それなのにマツダ6は、2018年に規模の大きな改良を行ったものの、フルモデルチェンジは受けていない。

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
2007年発売2代目アテンザセダン
「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
2007年発売 2代目アテンザセダンインパネ

 この点について2018年当時、開発者は次のように述べた。

 「SUVのCX-5とセダン&ワゴンのアテンザでは、海外を含めて売れ行きが異なる。商品戦略も変わり、アテンザはフルモデルチェンジを実施しないで大幅な改良を行った」。

 この後、2019年にも改良を施して、直列4気筒2.5Lガソリンターボエンジンを加えた。車名はこの時にアテンザからマツダ6へ変更されている。

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
2020年12月に一部改良を実施した現行型マツダ6
「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
現行型マツダ6セダン「25T S Package」インテリア

 そして2019年に実施されたマツダの決算会見で、新しい直列6気筒エンジンと、このエンジンを縦向きに搭載する後輪駆動のプラットフォームが明らかにされた。

 後輪駆動だからLサイズのボディを備えた上級車種に採用され、次期マツダ6が該当する。つまりマツダ6のフルモデルチェンジが見送られた背景には、前輪駆動から後輪駆動へ、という変革があった。

■次期型は後輪駆動車か⁉

 気になるのは、後輪駆動を採用する次期(新型)マツダ6の発売時期だが、2022年4月頃になる可能性が高い。マツダの販売店では以下のように述べている。

 「次期マツダ6の詳細な情報は、メーカーから聞いていない。しかし直列6気筒エンジンの後輪駆動車という概要は、既にメーカーが明らかにした。お客様からの問い合わせも多い。期待の新型車だから、今後の発売時期なども公表して欲しい」。

 先代CX-5と現行マツダ6(当時はアテンザ)が発売された時、マツダは魂動デザインとスカイアクティブ技術に関して、詳細な説明を行った。魂動デザインについては、デザイナーから以下のような話を聞けた。

 「野性のチーターは、生きるために獲物をねらって走るから、ムダな動きがなくて美しい。この姿をクルマに取り入れられないか、と考えた。そこで見えてきたのが背骨の存在だ。

 ボディの前後方向に、軸を通すデザインが大切になる。そして動物が疾走する時に、前足を強く動かすことはない。荷重が後ろ足に加わった状態でダッシュする」。

 このコメントで語られたボディスタイルは後輪駆動だ。スカイラインの生みの親として知られる故・櫻井眞一郎氏も「野性動物は後ろ足で大地を蹴り、前足で方向を変える。従って後輪駆動が自然の摂理に合っている」と述べている。クルマの形状や駆動方式に関して野性動物を引用すると、それは後輪駆動になる。

 そして前述の話を踏まえて現行マツダ6の外観を眺めると、前輪駆動車でありながら、後輪駆動のデザインを追求していることが分かる。今はエンジンを横向きに搭載する前輪駆動車だから、縦置きの後輪駆動車のように前輪を前方へ押し出したボディ形状にはなっていない。

「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
現行型マツダ6フロント
「アテンザ」の名を捨てたマツダの旗艦 MAZDA6はどこに向かうのか
現行型マツダ6リア

 しかしフロントピラー(柱)とウインドーは可能な限り手前(室内側)に引き寄せられ、ボンネットを長く見せている。トランクフードは短く、いわゆる「ロングノーズ・ショートデッキ」の形状だ。

 2012年当時、開発者やデザイナーの説明を聞いてマツダ6の外観を眺めると、彼らが可衰想に思えてきた。本当は後輪駆動車を造りたいのに、与えられたのは前輪駆動のプラットフォームで、涙ぐましい苦労をしているように感じたからだ。

次ページは : ■ようやくマツダが理想とする次期マツダ6の開発が進んでいる

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ