アルファードに待ったをかけるのは誰だ!? 2022年は「ミニバン群雄割拠」幕開けの年!!

アルファードに待ったをかけるのは誰だ!? 2022年は「ミニバン群雄割拠」幕開けの年!!

 先日、新型アルファードについての情報をお伝えしたが(リンク先)、当然のことながら日本のミニバンはアルファードだけではない。

 2020年にマイナーチェンジを受けた日産 エルグランドも、2023年にはフルモデルチェンジを受けて登場する計画だ。

 ミドルサイズミニバンでも日産セレナ、ホンダ ステップワゴン、トヨタ ノアが新型へ、そして日産・ダイハツからは完全新規のモデルも登場を控える。

 2022年は「ミニバン群雄割拠」幕開けの年になりそうだ…!!!

※本稿は2021年10月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月26日号

【画像ギャラリー】新型アルファード vs 新型エルグランド!! 他にも新型が控える2022年はミニバンの当たり年になる!?(12枚)画像ギャラリー

■新型アルファードをエルグランドがフルモデルチェンジで迎え撃つ!!

日産 新型エルグランド(2023年春登場予定)…アルファードの好調を受けて、日産はエルグランドのモデルチェンジに意欲的。現行型で指摘される室内居住性を改善し、より快適な空間とする(画像はベストカー編集部による予想CG)
日産 新型エルグランド(2023年春登場予定)…アルファードの好調を受けて、日産はエルグランドのモデルチェンジに意欲的。現行型で指摘される室内居住性を改善し、より快適な空間とする(画像はベストカー編集部による予想CG)

 昨年9月にフロントマスクを大胆に変更するマイチェンを実施したものの、次期型の情報が途絶えていた日産エルグランド。

 アルファードの販売好調を受けて、次期型開発は再開しており、2023年春にも登場する計画だ。

 大型ミニバンに求められる3列目の居住性をアルファード以上に高めながら、荷室スペースも拡大することで、使い勝手を格段に高める狙い。

 エクステリアは迫力のあるフロントマスクでアルファードを圧倒するという。

日産が独自に開発した可変圧縮比(VC)エンジンを採用。この直列3気筒1.5Lターボを発電用としたe-POWERとすることで、重量級のエルグランドを余裕で走らせるハイパワーモーターを駆動する
日産が独自に開発した可変圧縮比(VC)エンジンを採用。この直列3気筒1.5Lターボを発電用としたe-POWERとすることで、重量級のエルグランドを余裕で走らせるハイパワーモーターを駆動する

 注目のパワーユニットだが、新型エクストレイルに搭載される新開発直3、1.5L可変圧縮比ターボを発電用としたe-POWERが採用される可能性が濃厚。

 エンジントルクを拡大することで、より効率的に大出力モーターを駆動することが可能となり、2モーター4WDにも対応する。

 エルグランドが「本気」を出してくることで、大型ミニバンはここ数年続いたアルファードの独走状態から、バチバチのライバル対決の様相を見せそうだ。

次ページは : ■ミドルサイズミニバンも三つ巴の争い!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!