ヤリス圧勝! 月販1万台超連発!! 令和の戦国時代に覇権を握った3つの圧倒的長所

ヤリス圧勝! 月販1万台超連発!! 令和の戦国時代に覇権を握った3つの圧倒的長所

 国産3大メーカーの最量販コンパクトカー、ヤリス、フィット、ノートがモデルチェンジをした2020年。それから1年以上が経過し、新車効果も薄れてきた現在、登録車ランキングで、ぶっちぎり1位の独走状態にいるのが「ヤリス」だ。

 自販連で集計されている、ヤリスの登録台数は、5ドアハッチバック、GRヤリス、ヤリスクロスの3バリエーションの合計なのだが、このうち約半分は5ドアハッチバックであり、ノートやフィットと比べても、ヤリスが多いという結果は変わらない。

 ヤリスがこれほど売れている背景には、もちろんトヨタの販売力もあるだろう。ただ、ほんとうにそれだけなのか。ここで改めてヤリスの長所を分析してみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】買うならどれ!!?? 令和のコンパクト戦国時代を争う「ヤリス」「ノート」「フィット」の全バリエーション(33枚)画像ギャラリー

月販平均で約1万台が売れ続けるヤリス

 はじめに、2021年1~9月の登録車台数の推移を確認しておこう。この期間でのヤリス(本稿の「ヤリス」は5Dハッチバックのみをさす)の登録台数は8万4312台、ノートが6万7523台、フィットは4万2838台となっている。ちなみに2021年7月にフルモデルチェンジをしたアクアは、4万8600台であった。

 ヤリスは月販平均で約1万台もコンスタントに売れ続けている。特に決算時期の3月は、1万4333台もの台数を登録している。これは、ヤリスクロス+GRヤリスを足した登録台数よりも多い。ノートとフィットも台数を伸ばしたが、ヤリスの勢いには及ばなかった。

 ノートは、2020年12月に登場したあと、順調に台数を稼いでいる。e-POWER専売となったためか、先代ノートほどの爆発力は見られないが、今後、9月以降はノートオーラもが加わることで、台数増加の可能性は十分にある。

 一方、不調なのがフィットだ。ホンダの主力量販コンパクトカーであるはずのフィットが、4月~6月にはなんと3,000台程度という酷い状況。コロナ禍による部品生産への影響は計り知れず、いまだ回復していない。納期も延びに延びており、4月に登場した新型ヴェゼルでは、現時点は納期未定(筆者が訪れたホンダディーラーの回答)という状況。フィットもこうしたことが影響しているのだろう。

2021年の登録車台数でみると、ヤリス5Dハッチバックが8万4312台、ノートが6万7523台、アクアは4万8600台、フィットは4万2838台となっている

ヤリスの長所は、「燃費」「軽さ」「コンパクト」

 ヤリスが売れている背景には、トヨタ自販の販売力の高さ、そして、販売を支える生産能力の高さがあることは間違いない。コロナ禍にあっても、半導体材料やその他の部品供給不足の影響を最小限に抑え、クルマを製造し続けるには、優秀な部品調達網や、生産管理能力が必要だ。もちろん、トヨタも無傷ではないようだが、極端な台数減少を起こさずに、販売を続けることができているトヨタのリスクヘッジは、他メーカーも見習わないとならないところだろう。

 ただ、それも、「ヤリス」という商品が、非常に高いレベルでつくり込まれていることが大前提。そもそもいいものでなければ、いくら販売力や生産能力があっても、ここまで圧倒的に売れるわけがない。「ヤリス」というクルマの圧倒的な長所、それは以下の3つだ。

 ヤリス最大の魅力は、WLTCモード燃費「36.0km/L」(※HYBRID_X_2WD)というハイブリッドモデルの驚異的な「燃費」だ。EVを除く、量販車史上、最高レベルの燃費を達成している。クルマが重たくなる4WDであっても30.2km/Lというハイレベルだ。

 ハイブリッドシステムは、他のモデルのハイブリットシステムと同様の「THS-II」だが、効率の良い、新開発の直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンと組み合わせたことで実現できたという。この手のクルマを購入される方は、「デザイン、燃費、コスト」の3ポイントを、冷静に見極める方が多い。なかでも、数値で示される「燃費」は、最大のセールスポイントだ。

 2つめは「軽さ」だ。ハイブリッド車であっても車重は1050kg(FF)と超軽量であり、トルクフルなエンジンも相まって、力強く滑らかに加速する。コーナーへのターンインや、旋回中のステアリング切り増し操作にも、クルマがしっかりと応答してくれるだけでなく、旋回中のブレーキングも安定している。

 ハイグリップタイヤと制御で運動性能をつくり込むような現代のスポーティーカーとは違い、グリップレベルの低い低燃費タイヤながらも、「軽さ」を武器にした軽やかな運動性能は、クルマは軽さが正義であることを実感できるものだ。

 コーナリング中にギャップを乗り越えた際などには、若干タイヤが跳ね上げられる印象はあるものの、揺れのおさまりは速く、ロールやピッチングといったボディモーションも小さく感じられる。こうした運動性能の良さは、すべて「軽量なボディ」のおかげだ。

 3つめは「コンパクト」であることだ。3940×1695×1500(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2550mmは、はっきり言って狭くて小さい。後席にも余裕があるノートやフィットとは違い、ヤリスの後席空間は乗員が座れる最低限の広さしかなく、後席の窓も小さいので、後席頭部付近は圧迫感があり、長くは乗っていたくない。だが、クルマがどんどん肥大化していく流れのなかにおいて、全長4m以下に収めたことは、非常にポイントが高い。

 4人が乗るクルマが欲しいならば他の車種へ行けばよいわけで、このサイズでしか得られない、取り回しのしやすさ、気軽に乗れる使い勝手のよさは、ヤリスが広く受け入れられている理由なのだと考えられる。

ヤリスは、1.5Lハイブリッドの「HYBRID_X_2WD(CVT)」が199万8000円、1.5Lガソリンエンジンの「X_2WD(CVT)」が159万8000円と、手の出しやすい価格設定となっている

次ページは : 欧州でも売れまくっているヤリス