祝・生誕70周年&新型300デビュー!! 世界に愛されるランドクルーザーの軌跡

祝・生誕70周年&新型300デビュー!! 世界に愛されるランドクルーザーの軌跡

 トヨタのランドクルーザーは、1951年8月の初代モデル登場以来、優れたオフロード性能と、高い耐久性能による信頼性によって、70年にわたり世界中のファンから愛されている。

 なぜここまで愛されるモデルに成長できたのか!? その魅力に再び迫っていく!

※本稿は2021年8月のものです
文/根本 純、桃田 健史 写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】生誕70周年!! 世界中で愛されるトヨタ ランドクルーザーの歴史を写真で振り返る(17枚)画像ギャラリー

■なぜこれほどまでに世界で愛されるのか!?

百聞は一見に如かず。まずは世界で活躍するランドクルーザーの姿を見てもらおう。氷河に佇む80系(アイスランド)

 出会いは1981年に日本人初のパリダカに挑戦した時。発売間もないガソリンのFJ60をKP61スターレットのサポートのために走らせた。まだ欧州にはランクル40しかなかったので大注目。タフな40はプライベート参加者とワークスや、バイクチームのサポートカーとしてすでに高いシェアを占めていた。

海岸で作業中の40系(UAE)

 60の素晴らしさはVANとしてのスペースユーティリティとホイールベースを生かした直進性の高さ。

 140hpのパワーで砂の抵抗による外乱もモノともせず、たくましく轍を刻み、サポートに貢献。最新の電動ウィンチ装備で、ほかの競技車も助けて活躍した。

 一度大きくジャンプした際に前輪左右をつなぐリンケージが破損、溶接でも不安定な部分なので、40の部品を入手し、60との互換性はないのだが、基本構造と長さが近いので、ロッドエンドのサイズ違いをカサ増しして流用。こんなサバイバルができるのも、へき地では重要な要素だ。

荷台に収穫物を載せる70系(コスタリカ)

 ちなみに、この時の60はパワステもまだなかったが1982年のパリダカも完走し、カリーナでのクラス優勝に貢献した。

 1988、1989年はランクル70。BJ74のディーゼルターボでの参戦。

 60のトルクも凄かったがターボパワーに加えディーゼルの低速の粘りが数百もの砂丘越えをみごとに支え、ほとんどスタックせずその走破性の高さを見せつけた。

普通の車では手も足も出ないような泥沼を進む70系(ロシア・モスクワ)

 別の車種でリタイアした際、現地の古いランクル40にバッテリーを交換してもらったこともある。

 違いを見たのは、同じく過酷に使われ古くなった時で、他車が錆びて床下から大地が見えるのに対して、40は腐りが少ないのだ。私のランクルでの完走率も10割だ。

荒地を進む70系。標識の文字に注目(ドイツ・ベルリン)

 ランクル100もJ・イクスの演出したモロッコの国際試乗会で試乗したが、悪路走破性に加えて高速操安性が飛躍的に向上していた。

 55カ国走ってきたが、サハラだけでなく、世界の警察や軍、鉱山などが採用。万一に備える信頼を形にしたランクルは、世界基準の、まさに「陸の巡洋艦」なのだ。

(TEXT/根本 純)

砂漠の中の未舗装路を走る70系。周囲に人里のないこんな場所で車に何かあったら命取りだ。信頼性の高いランクルでなければ走れない(オマーン)
ずらりと勢揃いのランクルファミリー。壮観だ(オーストラリア)
森の中を進む40系。グリルの『TOYOTA』は信頼の証だ(オーストラリア)

■世界から注目集まるランクル300。でもアメリカで売られないワケ

ランドローバー ディフェンダーなどもモノコックに変更するなか、ラダーフレームを継続採用するランクル

 トヨタはアメリカでランクル300を売らない。

 これぞ、ランクル300が世界で注目されていることの証明である。「ランクルは単なるSUVじゃないから、ランクルを買う」。これが、ランクルユーザーの本意だと思う。

 ところが、アメリカでは「ランクルはSUVっぽくないから、ランクルに興味がない」というユーザーが主流であり、全米トヨタ販売店からは「なんとしてでも、アメリカでランクル300を」という声につながらなかったのだと思う。

 エクステリアやインテリアでは200系に比べてSUVらしさが増し、プラットフォームが刷新されて大幅軽量化によるハンドリングがよくなっても、本質的にオフローダー性能を極める方向の商品性がSUV王国アメリカでのトヨタ販売戦略にマッチしなかったことになる。

高級感を持たせつつも、オンもオフも対応する高い走破性はそのまま受け継いだ新型

 時代を振り返ると、ランクルをSUVの仲間として認識するようになったのは、アメリカでは1990年代後半以降、日本では2000年代中盤以降だ。

 アメリカで1990年代に、ジープチェロキー、フォード エクスプローラー、そしてGMシボレータホ/サバーバンなどの乗用化が進んだことが、SUVブームの火種となった。

 その後、ベンツやBMWがラダーフレームではなく乗用車ベースの街乗り優先の高級SUV市場を形成し、これに日米韓メーカーが追随した。

 このトレンドが2000年代中盤に日本へも及び、直近ではトヨタの国内戦略でSUVフルラインナップ化が進む。

 一方、ランクル200のグローバルでの販売実績を見ると、ランクル300のワールドプレミアを行った中東での需要が多く、新興国市場で根強い人気がある。

 トヨタではIMV(イノベーティブ・インターナショナル・マルチパーパス・ヴィークル)でフォーチュナーを展開するが、ランクル300は北米向けSUVよりも、IMVの上級車という立ち位置にあると言える。

 日本の場合、アメリカのSUV路線や、欧州メーカーによるEVシフト、さらにIMVであるハイラックス人気が高まっているなど、グローバルでの新しいクルマの動きに対する需要の間口が広い。

 そのため、国内SUV全盛期のなかでもランクル300が並存できる市場基盤があると言える。

(TEXT/桃田 健史)

日本の場合は自動車業界の新しい動きに対する間口が広い。ランクル300が並存できる市場基盤がじゅうぶんあると言えるだろう

次ページは : ■バック・トゥ・ルーツ!! ランドクルーザーの系譜を遡る