これハイエースってマジか… 働く車のエグい頑丈さと競技で魅せた意外な奥行き


 私事になるが、今シーズンは筆者のボスである自動車評論家・国沢光宏氏が全日本ラリーに、ワンボックスカーのハイエースで参戦(史上初!)していることもあり、筆者は10月24日に開催された北海道の地方戦を含め計4戦ラリーに帯同した。

 今年はイベントなどでも現行モデル(200系)のハイエースに触れる機会も何度かあった。本稿では少ない経験ながら実際に触れてわかったハイエースの凄さ、奥深さを挙げていきたい。

文/永田恵一、写真/ベストカーWeb編集部、CAST RACING、TOYOTA

【画像ギャラリー】未舗装路で86顔負けドリフト!? まるでハイエースと思えない豪快すぎる走り(13枚)画像ギャラリー

改めて実感したハイエース 4つの「凄い」ポイント

写真がラリー仕様になったハイエース。働く車のイメージからは想像できない姿だが、近年ではキャンパーとしての需要も高まっており、さまざまな「表情」を持つのも同車ならでは

●ハイエースの凄さ/【1】ユーザー層の幅広さと豊富なバリエーション

 ハイエース=ワークユースというイメージが強いかもしれない。しかし、実際にはワークユースはもちろん、ワークユース兼乗用車、10人乗りワゴンならミニバン・バイクを運ぶトランポやキャンパーとして……など、用途は実に幅広い。

 また、いろいろなニーズがあるだけにハイエースは、把握できないほどバリエーションが豊富なのも大きな魅力だ。

●ハイエースの凄さ/【2】カスタマイズの幅広さ

 200系ハイエースは登場から17年が経つが、コンスタントに売れ続けているだけに、路上を少し見るとわかるとおり、既存の台数は莫大だ。そのため【1】とも密接に関係し、アフターパーツも「ないものはない」というくらい豊富だ。

 この好循環で予算に合せた自分好みのハイエースが「作れないことはほぼない」というのも、ハイエースからユーザーが離れない理由の1つだろう。

●ハイエースの凄さ/【3】ユーザーのアクティブさ

 ハイエースのイベントやオフ会には多くのオーナーさんが集まる。そんな場でオーナーさんと話すと、多くのオーナーさんがアクティブなことに気がつく。まあ、ハイエースはワークユースをはじめアクティブに使われることが多いだけに、それも当然と言えば当然かもしれない。

 ちなみに筆者の父は70歳を超えてもハイエースの兄弟車のレジアスエース・スーパーロングバンで毎日仕事に行っており、年齢の割にアクティブなハイエースオーナーの1人だ。それだけにハイエースのオーナーさんは若く見え、年齢不詳なことも少なくない(笑)。

 また、ハイエースのオーナーさんにはイメージ通り職人さんも多いため、簡易なキャンパーにする際の内装関係の作業などはオーナーさんが自作パーツで自ら行うこともよくあるそうだ。

あらゆる意味で優れた驚異の「コスパ」

市販モデルのハイエースバン。「競技車両にしてみると思った以上にボディが堅牢で驚いた」とはチーム関係者の談だが、数十万km走っても根をあげない信頼性こそ真骨頂だ

●ハイエースの凄さ/【4】コストパフォーマンスの高さ

 現在、ハイエースの新車価格は236万3500円からだ。この価格は一見すると安くないようにも見えるが、長い目で見ると安い。その理由はハイエースの信頼性・耐久性の高さに尽きる。

 筆者の父のレジアスエース・スーパーロングバンも新車から13年30万km近く走っているが、商売道具なので整備もそれなりに行き届いているのもあり、未だ元気一杯だ。

 また、日本でもハイエースは何十万km走っていることは珍しくなく、オフ会ではオーナーさん同士が多走行自慢大会をするそうだ(笑)。

 ハイエースは人気の高さに加え、信頼性・耐久性の高さも基盤にリセールバリューがいいのは有名だが、使い込んだクルマでもきちんとした値が付くという点に加え、ある程度の年式・走行距離からは中古車で重要となる、この2つの要素が極端に言うとあまり関係ない傾向にある点も凄い。

 さらに、日本での役目が終わっても、輸出され海外でライフラインのように走っているのだから、この点はハイエースの信頼性・耐久性の高さに加え、日本のトヨタが海外でも部品の供給をはじめとしたとてつもないネットワークを持っていることの象徴でもある。

次ページは : これがハイエース!? 働く車をラリー車にして実感した「奥深さ」