激安! 便利!! でもちょっと危ない…Amazonでのタイヤ購入 安さの理由と注意点


【余話】Amazonのタイヤが安いのは「FBA」が理由

 ネット販売の場合、大量売買が期待できるので、業者は商品をまとめて仕入れることができるため、仕入れ値が安くなる。また、ディーラーやカー用品店、タイヤ専門店など店舗販売の場合、土地代やテナント料、維持費なども上乗せされるが、ネット通販ではそれが抑えられるため、その分価格を安くすることができる。

 さらにAmazonの場合、「フルフィルメント by Amazon」(FBA)というシステムを使うことで、店舗維持のコストや人件費を、大幅に抑えることができる。FBAを使うと、業者は商品をAmazonの大型倉庫に納品するだけでよく、お客様から注文を受けると、Amazonが、ピッキング、梱包、発送からカスタマーサービスまで、すべてを代行してくれるのだ。もちろん手数料を支払う必要はあるが、余計な雑務を負担しなくていいため、業者側はコスト削減につなげることができる。

ピッキング、梱包、発送からカスタマーサービスまで、すべてを代行してくれるFBA。プライム対象商品になったり、送料(国内)無料などのメリットも

 ちなみに、通常タイヤ4本を送るとなると、最低でも5000円はかかるものだが、Amazonはタイヤでも送料は無料。このカラクリは簡単で、業者が負担し、商品価格の中に上手く埋め込んでいる。Amazonも、配送専門業者と安く提携しているので(一日10万件を超える配送があるそう)、送料無料にしても、利益は十分に出せている、ということだ。

【画像ギャラリー】近年タイヤのパンクが増えてるって知ってた!? タイヤについて知っておくべきこと(12枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ