空を飛ぶバイクやクルマが続々登場!! でも日本で使うための障害はあるの?

空を飛ぶバイクやクルマが続々登場!! でも日本で使うための障害はあるの?

 ここのところ、発表が相次いでいる空飛ぶバイクやクルマたち。夢がいっぱいのいわゆる「エアモビリティ」の類だが、実際に日本でこうしたエアモビリティを使うにはどのような障害があるのだろうか。今年10月に発表された空飛ぶバイク、XTURISMOを例に取って紹介しよう。

文/井元康一郎
写真/A.L.I. Technologies、SkyDrive、東映『仮面ライダーリバイス』、photoAC

【画像ギャラリー】遠いようで近い? 近いようで遠い? 空飛ぶ新モビリティたち!(9枚)画像ギャラリー

■内燃機関+電動で航続30分! 空飛ぶバイク、XTURSIMO登場!

 日本のベンチャー企業、A.L.I.テクノロジーズがこのほど、マルチコプター方式のホバーバイク「XTURISMO」を発売した。

 浮上には2個のメインローターを用い、そのエネルギーは最高出力170kW(231ps)のガソリンエンジンからチャージされる。その周囲には姿勢制御用のサブローターが4個備わり、こちらはバッテリー駆動。

XTURISMOは重量約300kgで全長3.7m、全幅2.4m、全高1.5m。人が乗れる航空機としてはかなり小ぶりだ
絶賛放映中の「仮面ライダー」に早くも登場している

 これで最高速度80km/h、乗員1名、ペイロード(乗員を含む積載可能重量)は100kg。価格は7700万円であるという。

 ハイパワーエンジンとローターの轟音を立てながらゆっくりと数m浮上するXTURISMO。俗に「空飛ぶクルマ」と呼ばれるパーソナルエアモビリティとしては、まさに生まれたてという印象だ。

■ここから始まる「空飛ぶ生活」

 が、飛行機だってライト兄弟が1903年にライトフライヤーを初飛行させてからたった10年あまり後の第1次世界大戦では、もう飛行機同士が機関銃で撃ち合いをやるくらいに進化していたのだ。これからの発展に大いに期待したい。

 このXTURISMOはさしずめタイヤ不要のバイクといったところだが、残念ながら日本をはじめ、世界の大半の国で公道を走ることはできない。

XTURISMOは現在公道では使用不可だ。しかし、開発元のA.L.I. Technologiesは山梨県と災害時含めた運用検討を行う協定を結ぶなど、社会実装に向けた活動を行なっている

 それは致し方のないことではある。地面から浮いて道路を走る様はまるでSF映画の未来カーのようだが、現実世界では万有引力の法則や慣性の法則に縛られている。

 ひとり乗りであっても170kWのパワーが生むダウンウォッシュ(下向きに吹き付けられる風)は相当なものだし、それに目をつぶったとしても少なくとも前方でアクシデントが起こった時に急ブレーキをかけられるようにならないかぎり、公道走行は認められないだろう。

次ページは : ■既存の街と共存するために