世界初! まさに渋滞知らず 地下トンネルをテスラで無料送迎 色鮮やかなトンネル内は異空間だった!

世界初! まさに渋滞知らず 地下トンネルをテスラで無料送迎 色鮮やかなトンネル内は異空間だった!

 2021年11月2~5日、アメリカ・ラスベガスで開催されたSEMAショーの会場外にて、専用地下トンネルをテスラで無料送迎するLVCC LOOPが本格稼働した。

 この世界初となる、地下トンネルのなかを走らせるテスラによる無料シャトルはどんなものだったのか? 自動車生活ジャーナリストの加藤久美子氏がレポート!

文/加藤久美子(Kumiko Kato)
写真/加藤博人(Hiroto Kato)

【画像ギャラリー】まるでSF映画!? 鮮やかなLEDが彩る地下トンネルをテスラで無料送迎!! 本格稼働したLVCC LOOPを見る(15枚)画像ギャラリー

■実は税金投入ゼロ!世界初のシャトルシステムを作ったのは?

ラスベガス・コンベンション・センターの3ヵ所ある展示ホールを全長1364メートルの地下トンネル2本で結ぶ無料シャトルバス。写真はモニュメントのトンネルの掘削機
無料シャトルの乗り場へは長いエスカレーターで降りていく
設置された2本のトンネルで展示ホール3ヵ所を結ぶ

 まさに、withコロナの時代に相応しい? テスラを使った未来感覚の無料シャトル「LVCC LOOP」(ラスベガスコンベンションセンター・ループ)が11月2~5日に開催された世界最大の自動車アフターマーケット見本市「SEMAショー」の期間中、本格稼働した。

 専用の地下トンネルを使ってラスベガス観光局が保有するラスベガス・コンベンション・センター(Las Vegas Convention Center、LVCC)の3ヵ所ある展示ホールを全長1364メートルの地下トンネル2本で結ぶ。これまで徒歩で40分以上掛かっていた距離をわずか3分で移動できる。

 無料のシャトルシステムといえば空港~ホテル、駅~イベント会場などをバスや大型バンで移動するのが従来の方法だが「LVCC LOOP」はこのために掘った専用の地下トンネルを使って粛々と乗客を運ぶ。

 使われるクルマはテスラのセダンやSUVで、最大4名の利用客を乗せることができる。テスラだけが走れる専用道を使っているので他の交通は一切入ってこないし渋滞に巻き込まれることも絶対にない。

 このシステムはラスベガスにてさらに拡大中で、今後は渋滞が激しく公共交通機関が発達していない世界各地の都市に続々と設置される計画だ。

 ちなみにこの事業は莫大な税金を投入して行われる公共事業のように見えるが、実は税金は全く使われていない。総工費は55億円にも上るがすべて私企業によって建設されている。

 その私企業とは「ザ・ボーリング・カンパニー」という会社で、オーナーはテスラ社、スペースXなどを所有する個人資産35兆円のイーロン・マスク氏である。

 2016年に立ち上げた地下トンネル掘削会社であるが、きっかけとなったのはマスク氏自身が「ロサンゼルスの心を病むようなひどい渋滞に嫌気がさした」ことだとか。確かにロサンゼルスの渋滞は世界ワーストともいえるひどいもの。地下に掘った専用トンネルなら渋滞の影響は一切受けることがない。

 1本目のトンネルは2019年11月15日に掘削が開始され、1日約15メートルのペースで約3ヵ月後の2020年2月14日に完了した。一般客に向けた「LVCC LOOP」として開業したのが2021年4月。同5月には1時間で約4400人の乗客を運べることが証明されている。

 11月2日に開催されたSEMAショーが開業以来、初めてのフルスケール運用となった。車両は合計約70台用意されているが防災を理由に同時にトンネルを走れるのは11台程度までと決まっている。

■無料シャトルの新たな歴史を築いていくか?

日本未発売のテスラモデルYによる無料シャトル
テスラモデルYで地下トンネルに入る

 筆者がこのループに初めて乗ったのは11月1日。SEMAショーの前夜祭イベントが終わってからであった。この時はまだ来場者も少なく、待ち時間ほとんどなしに乗ることができた。

 しかし、翌日、SEMAショー1日目の午後はかなりの混雑だった。向かって左の乗り場はすべて7~8組の列ができていて、右は空いていた。「ウエストホールに行きたい」と告げると案内係のお兄さんが左の乗り場を案内してくれたからだ。

 でもよく考えれば右から行ってもわずかに(1分程度)長くかかるだけで、全然早かったはず。今考えればどちらから乗ってもすぐに目的地に着いたのに案内のお兄さんも良くわかっていなかったんだろう。

 世界初のシャトルは何もかもが新しく近未来感覚にあふれていた。まずはテスラが発着するステーションだが、LED電飾が様々に色を変えながら乗り場を彩っている。EVなのだから当然だがテスラは音もなくスーッと乗り場まで入ってきて客人を乗せ、静かに異空間トンネルに入っていく。

地下トンネルへいざ突入
緑や紫など照明が変わっていく。現在はザ・ボーリング・カンパニーが雇用したドライバーが運転しているが近い将来にすべて自動運転になる模様

 美しい照明がトンネルの内壁とテスラが進む道を照らしている。ドライバーはフレンドリーでいろいろな話をしてくれた。掘削作業が格段にスピードアップしていることや、このたびのSEMAショーがスタート以来、初めての大規模なコンベンションでとても多くの数の乗客を乗せていて忙しいことなど。

 相乗りした他の乗客(多分アメリカ人)は大体みんな動画を撮っていた。色鮮やかな地下トンネルに感動していたら、あっという間にトンネルの出口が見えてきた。一気に砂漠の眩しい光が降り注ぐ。歩くと20分位掛かっていた距離を実に心地よく素早くわずか1分少々で移動できた。

 なお、ループに利用されるテスラは日本未発売のモデルYがほとんどで、車いす利用者に対応するため少数のモデルXも導入されている。

地下トンネルから外に出て会場に到着。写真はモデルX
今後も渋滞のない地下トンネルによるシャトルバスが増えていくのだろうか

 結局筆者はSEMAショーの期間中にモデルYが4回、モデルXが1回の計5回乗車した。これまでいろいろな「シャトル」に乗って来たが、もちろんLVCCループのようなシャトルは初体験である。『無料シャトルの歴史を変えた!』ともいえる世界初のシステムにいち早く乗車できたことはとても幸運なことだった。

 現在はザ・ボーリング・カンパニーが雇用したドライバーが運転しているが近い将来にすべて自動運転になる模様。アメリカ以外にオーストラリアや中国などにおいても建設が予定されている。

 地上の渋滞を解決する最後にして最高の空間である「地下」。拡張性に優れ、また建設中から他の交通に影響を与えない利点も大きい。

 2022年1月にはいよいよ世界最大のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)が2年ぶりに同じくLVCCを中心として20万人規模でリアル開催される。SEMAよりもさらに大規模なイベントとなるCESで「LVCC LOOP」の活躍が期待されている。

【画像ギャラリー】まるでSF映画!? 鮮やかなLEDが彩る地下トンネルをテスラで無料送迎!! 本格稼働したLVCC LOOPを見る(15枚)画像ギャラリー