発表から発売まで1年って誰得なの? メーカーによる「チラ見せ」戦略の功罪

発表から発売まで1年以上も? メーカーによる「チラ見せ」戦略の功罪

 最近、新型車登場の際に、発表から発売まで、かなり待たされることが多い。

 ワンショットのティザー画像が登場したあと、数か月後に正式発表会があり先行予約が開始、そこからさらに数か月後ようやく発売開始……といった具合で、「いよいよ発売開始!!」といわれても、「あれ、まだ売ってなかったの!?」と思ってしまうことがしばしばある。

 発表と同時に発売となるクルマもなかにはあるが、このように待たされるパターンが昨今特に増えてきているように思う。自動車メーカーはなぜこのような手法をとるようになったのか。

文/吉川賢一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】2020年7月発表!! 発売はいつ!? 期待のSUV電気自動車 日産 アリアを見る(12枚)画像ギャラリー

■市販型登場から1年4か月経ってもユーザーに届いていない「アリア」

日産 アリアの発表は2020年7月。コロナ禍などの事情もあるだろうが、1年4ヶ月後の現在(2021年11月16日)もユーザーの元に届いていない

 たとえば、日産「ノート」の場合。2020年11月24日に新型が発表となり、同12月23日に発売開始と、このときは同時ではなかったものの、それほどタイムラグがあったわけではなかった。

 しかし、ノートオーラは2021年6月15日に発表され、その約2か月後となる8月17日に発売となっている。オーラ発売の際に発表となった「ノートオーラNISMO」は、「今秋発売予定」とされているが、現時点(11月16日)、まだ発売の発表はない。

 また、新型BRZ/GR86も2021年4月5日に公開されたあと、BRZが7月29日に正式発表、同時に予約販売を開始、GR86は10月28日に発表即発売となっている。

 少し話がそれるが、GR86の発売が遅れたのは、開発のデッドラインを越えたあとに、トヨタ側で足回りの再チューニングを施したことによるもの、とされているが、このハプニングも宣伝に使っているので、あえてやったのではと筆者は勘ぐっている。

ノートオーラ発売の際に登場をアナウンスされたノートオーラNISMO。今秋発売予定とされているが、11月16日現在で発売の報はない

 日産アリアに至っては、2019年10月の東京モーターショーで「ARIYAコンセプト」が初披露された後、2020年7月に、コンセプトカーとほぼ変わらない市販型アリアのデザインを発表。2021年4月にティザー動画を公開し、その2カ月後の6月に限定モデル「Limited」を発表、同時に予約が開始となっている。

 デリバリーは66kWhバッテリー搭載車(B6)の2WDが今冬より開始(上級モデルの91kWh車や4WD仕様のデリバリーは未定)されるそうだが、市販型を目にした日から、すでに1年4か月が経過しているのに、まだユーザーの手に届いていないという状況だ。

 昨今の新車開発は、昔と比べて時間がかかるようになったのは事実だ。複雑なハイブリッドシステムや、電子制御関連のデバイスが増え、かつてはなかった緊急回避のためのブレーキ制御作り込みなども、何十回と行わないとならない。だが、それならば発表を遅らせればよいこと。

 これほど発売までの期間がかかってしまうのは何故だろうか。それには、3つの理由が考えられる。

■発表と発売の間を広げたがる3つの理由

アリアのワールドプレミアからすでに1年以上が経過している。なんだか遠い昔のことのようにも思える……

1)無駄なコストを削減するため

 先に発表をし、予約販売を開始する、もしくはユーザーの反応を見ることで、発売開始前に、おおよその生産台数の見通しを立てたい、ということが大きな要因だろう。

 発表から発売までの期間が同時もしくは短いと、当初計画とのずれが生じた場合、「ヒト、モノ、カネ」に多大な無駄が生じてしまう。工場で働く作業員たちが手持無沙汰になることは避けたいし、パーツも、必要な分だけ製造し、無駄の出ないよう使い切りたい。

 事前に生産台数の見通しが経ち、必要となる部品数が分かれば、無駄のない生産計画が組めるようになる。無駄が減れば、コスト(主に人件費)が減らせ、会社の利益に貢献ができる。

 コロナ禍の影響も少なからずある。昨今は海外でパーツをつくることが多くなっているが、その部品生産地域でロックダウンとなってしまうと、部品調達が不安定になってしまう。事前に必要数を確保し、発売開始してから生産が滞らないよう、安定供給することも狙っているものと考えられる。

 メーカーとしては、無駄のない生産計画を立てるため、受注台数に目途をつけたいのだ。

2)何度も話題を投げかけて、マーケットを刺激するため

アリア発表前は発表までの時間をカウントダウン表示していた(日産アリア ティザーサイトからのスクリーンショット)

 ティザー(チラ見せ)、発表、予約開始、発売と、そのたびに新車の情報を小出しにしていくことで、何度も話題を投下することができる。

 日産アリアなどは引っ張りすぎ(コロナ禍の影響もあるのかも知れないが)のようにも思えるが、イベントごとに話題になることで、世の中により知ってもらう機会が増えることになる。

 また、開発途中の状況などを公開していくことで、商品という「結果」だけでなく、「プロセス」もストーリーの一つとして活用することもできる。

 例えば、GRヤリスやGR86、シビックタイプRなどは、耐久レースやタイムアタックなど、途中経過をアピールして、そのクルマのストーリーを伝え、そのクルマのファンに引き込むような戦略をとってきた。

3)「販売好調」のアピールに活用するため

 さらには、先に発表し、その後予約販売を始めることで、「初期受注台数」や「発売後一ヶ月の販売台数」などをより引き上げることができる。

 「初期受注は2万台、月販目標の5倍!!」といった数字は、販売好調を表す一つの指標として扱われており、他メーカーを牽制する意味でも、とても重要なものとなっている。こうしたことも、理由のひとつだろう。

次ページは : ■販売現場では弊害も