オリ・パラ使用車両100台以上流通 価格は高いのか安いのか徹底調査

オリ・パラ使用車両100台以上流通 なかなか売れない? 価格は高いのか安いのか徹底調査

 東京オリンピック(2021年7月23~8月8日)、パラリンピック(同8月24~9月5日)が終了し、まもなく3ヵ月をむかえるが、ボディに派手なステッカーが貼られた、競技会場や選手村、国際メディアセンターなどの拠点間移動に使用された、オリ・パラ使用車両たちはどうなったのだろうか?

 結局、オリ・パラに使用されたトヨタ車はオリンピックで約2700台、パラリンピックでは1700台。そのうち約9割がハイブリッド、PHV、FCVなどの電動車となっている。

 その内訳は、初代MIRAI約500台、プリウスPHV約500台、ノア/ヴォクシー約300台、ノア/ヴォクシー(ウェルキャブ)約150台のほか、RAV4やハイラックス、バッハ会長をはじめVIPの送迎などに使われたアルファードやレクサスESなども使用されている。

 このオリ・パラ車両はトヨタ認定中古車を扱う、トヨタ系中古車販売店で販売されている。はたして、ノーマル車と比べて高いのか、ベストカーweb内の中古車検索サイトを使って、安いのか調査してみた。

文/萩原文博、写真/ベストカーweb、TOYOTA

【画像ギャラリー】価格は? 走行距離は? 中古市場でのオリ・パラ使用車両をベストカーweb内の中古車検索サイトで調査!!(22枚)画像ギャラリー

■オリ・パラステッカーを貼った低走行の中古車は安いのか、高いのか?

競技会場・選手村・国際メディアセンターなどの拠点間移動に使用された市販車を中心とした関係者輸送のために用意されたトヨタ車約2700台が中古車市場に出ているという

 中古車検索サイトを見ていると、高年式で走行距離が少ない中古車を見掛けることがある。いわゆる「おろしたて中古車」や「未使用中古車」と呼ばれるクルマで、決算期やフルモデルチェンジ後などに登場する。

 その他にも新車の販売開始か半年や1年経過したタイミングで展示車や試乗車アップという走行距離が少ない高年式車が中古車として出回ることがある。

 こういった中古車のメリットは様々な装備が充実しているにも関わらず、価格が割安なことや新車ではないので、すぐに納車して乗れるというメリットがある。

 一方、デメリットとしては、自分の好みのグレードやボディカラーが選べないことや車検期間が短くなるということが挙げられる。

 こうした「おろしたて中古車」や展示車、試乗車アップのクルマは自分の好む条件が揃ったクルマが見つかれば買い! ということは言える。

 筆者もかつて、日産V35スカイラインクーペの展示車アップを購入したことがある。グレードは上級グレードの350GTプレミアム、ボディカラーもクリスタルブルーと自分の希望どおり。

 しかも登録から1年弱が経過したクルマだったが、乗り出し価格は新車より約150万円も安かった。まさに新車では手が届かないクルマを中古車で割安に手に入れるという醍醐味を味わった。

 東京オリンピック・パラリンピックが終わり、まもなく3カ月が経過する。スタッフや選手、メディアの移動に使われた大会運営車両がその役目を終え中古車として市場に出回っている。

 現在、中古車として流通しているのは、旧型のMIRAIをはじめ、プリウスPHV、ノア、ヴォクシー、アルファードののほか、RAV4やハイラックス、黒塗りのレクサスESは5台以下となっている。

 ボディにラッピングが施されているが、こうしたオリ・パラ使用車両は普通の中古車と比べて、高いのかそれとも安いのか、流通している普通の中古車と比較してみた。

■旧型MIRAIは一般の中古車と価格は変わらない

ベストカーwebサイト内の中古車検索を使ってMIRAIを更新順に検索すると中古車が大量に出てくる

オリ・パラ使用車両のMIRAIの中古車情報はこちら!

在庫車例。2020年式ベースグレード、275万円、走行距離45km、車検5年8月

 まず、燃料電池車(FCHV)のMIRAIはフルモデルチェンジ前の旧型が流通している。旧型MIRAIはベースグレードのモノグレードなので、流通している中古車はすべてベースグレードとなる。

 プリクラッシュセーフティやレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)など5つの運転支援機能がパッケージ化されたToyota Safety Senseをはじめ、インテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニターなど充実した安全装備が特長。

 左右独立温度調整式フルオートエアコンには空気清浄効果のあるナノイーを装備。合成皮革を表皮に採用したシートは全席にヒーター機能を採用するなど快適装備は充実している。

 また、家庭用電気機器を最大1500Wまで使えるアクセサリーコンセントは2個装備するなどアウトドアや万が一の際には電源としても役立つのが魅力だ。

 ベストカーの中古車検索サイトでMIRAIのオリ・パラ使用車両を調べてみると約14台流通している。年式は2020年~2021年式で、走行距離は551km~5000km。車両本体価格は275万~330万円となっている。

 走行距離による価格差はほとんど見られず、多少差はあるものの、330万円か298万円のどちらかで表示するように指示されているように感じる。

 一方、オリ・パラ使用車両ではないMIRAIの中古車はモデル末期ということもあり、2020年式が3台しかなく、走行距離は400km~4000kmで価格帯は290万~330万円だった。

 平均値で比較すると、オリ・パラ使用車両の中古MIRAIの平均走行距離は約3180km、平均価格は約312万円。一般のMIRAIの平均走行距離は約1800km、平均価格は317万円とそれほど変わらない。MIRAIの中古車に関してはオリ・パラ使用車両と一般車では相場は変わらないようだ。

次ページは : ■流通台数が約52台と最も多いプリウスPHV

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ