オリ・パラ使用車両100台以上流通 価格は高いのか安いのか徹底調査


■ノアだけオリ・パラ使用車両のほうが高かった

ベストカーwebの中古車検索を使ってノア、2020~2021年式、更新順で検索すると出てくる
在庫車例。2020年式ノアSI、288万円、走行距離2000km、車検5年3月

ノアのオリ・パラ使用車両の中古車情報はこちら!

 ヴォクシーの兄弟車のノアのオリ・パラ使用車両の中古車は約41台流通している。グレードはすべて車両本体価格334万7300円のハイブリッドSi。ボディカラーはプラス3万3000円のホワイトパールクリスタルシャインで、仕様はヴォクシーのハイブリッドZSと同じだ。

 ノアのオリ・パラ使用車両の中古車は2020年~2021年式で、走行距離は581km~2万3000km、車両本体価格は268万~329万円となっている。

 一方、一般のノアハイブリッドSiの2020~2021年式の中古車は4台しか流通しておらず、走行距離は2000km~4000km。価格帯は275万~308万円だ。エアロパーツを装着した人気グレードにもかかわらず流通台数が少ないのは、特別仕様車のSi W×B(ダブルバイビー)が主力モデルとなっているからである。

 それぞれの中古車の平均値を比べてみると、オリ・パラ使用車両の中古車の平均走行距離は約5240kmで、平均価格は約299万7000円。一般の中古車の平均走行距離は約3750kmで、平均価格は約292万円となった。ノアの場合は、オリ・パラ使用車両の中古車価格が高いという結果となった。

■アルファードのオリ・パラ車両はほぼ同価格帯か割安

上段がアルファードハイブリッドX、下段がハイブリッドG。価格差は100万円
在庫車例。2021年式アルファードハイブリッドX、389万円、走行距離2000km、車検6年5月

オリ・パラ車両のアルファードHVの中古車情報はこちら!

 アルファードのオリ・パラ車両の中古車は9台。4台のハイブリッドXが389万円、5台のハイブリッドG Fパッケージが一律489万円となっている。

 オリ・パラ使用車両のハイブリッドGの走行距離は980~2000kmで489万円だが、ノーマル車車両の2000kmのハイブリッドGが492万~493万円ということを考えると、3万~4万円安くなっており、ほぼ価格は変わらない。

 一方、オリ・パラ使用車両のハイブリッドXに関しても走行距離2000~3000kmで389万円と、比較する車両がないのでなんともいえないが割安に感じる。

■カローラツーリングは500台限定の2000リミテッドもオリ・パラ車両に

500台限定の2Lのカローラツーリングリミテッドが在庫している

オリ・パラ使用車両のカローラツーリングの中古車情報はこちら!

在庫車例。2021年式カローラツーリング2000リミテッド、275万円、走行距離307km、車検6年4月

 オリ・パラ使用車両のなかで最もおススメなのが、カローラツーリング2000リミテッド。というのは、2021年6月に販売され即完売した500台の限定車であること。そして、170ps/20.6kgmを発生する2Lエンジンと10速スポーツCVTを搭載しているからだ。

 現在、オリ・パラ使用車両のカローラツーリングは、ツーリングハイブリッドSとこのツーリング2000リミテッドの2グレードが中古車市場に計10台流通している。

 2000ツーリングリミテッドは6台で、価格帯は255万~275万円。275万円の個体は走行距離わずか307kmとほぼ新車並みだ。一方、ツーリングハイブリッドSは215万~229万円。いずれもオリ・パラ車両ではないノーマルの車両とほぼ同価格帯で販売されている。

次ページは : ■RAV4、ハイラックス、レクサスESのオリ・パラ使用車両は?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ