最有力は? 2021年「今年の車」を大予想!! 10傑も実力車揃いで大混戦必至

最有力は新型ヴェゼルで70%? 2021年「今年の車」を大予想!! 10傑も実力車揃いで大混戦必至

 2021年12月10日、日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022「イヤーカー」が発表される。この「イヤーカー」の一次選考にあたる「10ベストカー」が発表された。トヨタからは、ランクル含む3車種がノミネートされた! 本稿では、選ばれた10車種の解説と、「イヤーカー」受賞予想パーセンテージをお届けします。

・トヨタGR86/スバルBRZ
・トヨタMIRAI
・トヨタランドクルーザー
・ホンダヴェゼル
・日産ノートシリーズ
・三菱アウトランダーPHEV
・BMW4シリーズ
・メルセデスベンツCクラス
・VWゴルフ/ゴルフ ヴァリアント
・シボレーコルベット

文/諸星陽一
写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN、MITSUBISHI、BMW、Volkswagen、
Mercedes-Benz、Chevrolet、奥隅圭之

【画像ギャラリー】今年のイヤーカーに選ばれるのはどれだ? 10ベストカーに選出された全モデルをチェック(12枚)画像ギャラリー

ランクル・GR86/BRZ・MIRAIはイヤーカーに選ばれるのか?

●トヨタGR86/スバルBRZ:イヤーカー獲得50%

2021年10月28日に発売されたトヨタGR86

 2005年にトヨタとスバルが提携したことによって実現した2ドアクーペ。駆動方式はFR。初代BRZはスバルとして初のFRモデルである。初代モデルは2012年に発表・発売、2代目はスバルBRZが2021年7月、GR86(初代の車名は86)が2021年10月に発表されている。

 クルマの成り立ちはトヨタ、スバルの両社の技術を融合する形で実現している。エンジン本体はスバルが担当するが、燃料噴射はトヨタのD-4Sを採用。シャシーの基本構成はトヨタが対応する。エンジンの最高出力(235ps/250Nm)は両車ともに同じだが、その出力特性には差を与えている。

 また、足まわりもフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンの4輪独立懸架であることは同一だが、ナックルアームの素材を変更(GR86は鋳鉄、スバルBRZはアルミ)することでハンドリング特性に独自性を持たせるなど、初代モデルよりもセッティングでの差を与えている部分も特徴的。AT車にはADAS(先進運転支援システム)が搭載されるが、トヨタセーフティセンスではなく、スバルのアイサイトが採用された。

●トヨタMIRAI:イヤーカー獲得70%

 2014年に世界初のセダン型燃料電池車として初代モデルが発売された。2020年6月に発表、2020年12月に発売開始された現行モデルが2代目となる。

 乾電池のような充電ができない電池を一次電池、EVのように充電できる電池を二次電池と呼ぶ。燃料電池は燃料を化学反応させることで電気を発生させる装置で、エンジンのように燃料を燃やす事はない。

 MIRAIの燃料電池は水素を使い、空気中の酸素と結合させることで電気を発生させているので、排出されるのは水のみということになる。初代はフロントにモーターを搭載する前輪駆動であったが、現行モデルはリアにモーターを搭載する後輪駆動に改められた。

 ボディタイプはファストバックセダンで、2920mmという長いホイールベースを生かした6ライトウインドウのサイドビューを持つ。1回の水素充填で850km(Gグレード)の走行が可能。高速道路での制限速度+15km/h(上限120km/h)のハンズオフドライブが可能。

●トヨタランドクルーザー:イヤーカー獲得5%

 ランドクルーザーという名前は国産車のなかでももっとも長い歴史を持つ。その歴史は1951年に警察予備隊(後の自衛隊)への納入を目論み製作されたトヨタ・ジープ(BJ)に始まる。ジープという車名がアメリカのウィリス社の商標であったため、1954年には車名をランドクルーザーに改める。

 ランドクルーザーと一言にいっても、大きくは2つの系統があり、BJからの系統は現在はプラドと呼ばれるモデルに引き継がれていて、新型300系は55&56系がルーツとされる。そのため、何代目という表現では6代目とするのが妥当だ。

 ランドクルーザー300系は2850mmという長いホイールベースを有し、全長は約5m、全幅は約2mという堂々としたパッケージングを採用する。搭載されるパワーユニットはディーゼルが3.3LV6ツインターボ(309馬力/700Nm)とガソリンが3.4LV6ツインターボ(415馬力/650Nm)となる。

ホンダ・日産・三菱から好敵手登場!!

●ホンダ・ヴェゼル:イヤーカー獲得70%

2021年4月23日に発売されたホンダ ヴェゼル

 初代ヴェゼルは3代目フィットをベースとしてSUV化したモデルで2013年に登場。現行モデルとなる2代目は2021年4月に発表、4代目フィットをベースとした。

 パワーユニットは1.5Lのピュアエンジン(118馬力/142Nm)と、e:HEVの名前で呼ばれるハイブリッドの2種。e:HEVは走行専用のモーターと、発電専用のモーター(ジェネレーター)を搭載する2モーターシステムで、それぞれに特性を最適化することで高い効率を得ている。

 e:HEVのエンジンは106馬力/127Nm、モーターは131馬力/253Nmのスペックを持つ。駆動方式はFFが基本だが、ハイブリッド車としては珍しくプロペラシャフトによってリアに駆動トルクを伝達する機械的4WDもラインアップ。悪路での高い走破性を確保している。ホンダeから始まったホンダコネクトと呼ばれるコネクティッド技術も盛り込まれ、新しい世代のホンダ車であることが充分に感じられる。

●日産ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECH CROSSOVER:イヤーカー獲得70%

 2005年、初代ノートが誕生、2012年にフルモデルチェンジして2代目となる。2代目のシリーズの途中、2016年にシリーズハイブリッド仕様となるe-POWERが追加される。2020年に行われたフルモデルチェンジでノートは3代目に進化。パワーユニットはシリーズハイブリッドのe-POWER のみとなった。

 エンジンは1.2L直列3気筒で最高出力は82馬力、最大トルクは103Nmを発生。組み合わされるモーターは116馬力/280Nmとなる。4WDモデルの場合はさらにリア68馬力/100Nmのモーターが追加となる。

 いっぽう、ノートオーラは2021年6月に追加された派生モデルで、全幅を45mm拡幅したワイドボディが与えられた。内装も高級感あふれるものが与えられ、「小さな高級車」を目指したつくりとなっている。エンジンはノートと同様だが、フロントモーターが136馬力/300Nmとパワーアップされている。

 ノートオーラには2021年8月にサスペンションを変更、車高ダウン、エアロパーツの装着などによりスポーティさをアップしたモデルNISMO(ニスモ)を追加、さらに10月にはSUVライクなスタイリングを持つAUTECH CROSSOVER(オーテッククロスオーバー)が追加されるなど、バリエーションの拡大にも余念がない。

●三菱アウトランダーPHEV:イヤーカー獲得60%

 国内仕様の初代アウトランダーはエアトレック(海外ではエアトレックがアウトランダーの名で販売されていた)の後継モデルとして2005年にデビューした。2代目は2012年に登場、現行モデルとなる3代目は2021年に発表されている。

 初代モデルはエンジン車のみ、2代目はエンジン車とPHEV、3代目はPHEVのみという設定。エンジンは2.4L直列4気筒で、最高出力は131馬力/195Nm。駆動方式は4WDのみとなり、組み合わされるモーターはフロントが114馬力/255Nm、リアが134馬力/195Nmとなる。

 駆動用バッテリーはリチウムイオンで20kWhの容量、普通充電のほか、急速充電にも対応する。2代目のエンジンモデルには7名乗り3列シートが存在したが、PHEVは5名乗りのみであった。現行モデルで7名定員を再度が設定したことで、多様性がさらに高まっている。

次ページは : 輸入車メーカーの王様ことベンツほか4台ノミネート!!