ついに実技講習が義務化!! 2022年5月よりお年寄りの免許更新に新制度導入!


 人口の高齢化比率が年々高まる中、大きな問題となっているのが高齢者の運転事故だ。池袋暴走事故は大きく報道されたが、他にもドライブレコーダーの普及に合わせて様々な事故映像がニュースなどで紹介されるようになった。

 これに対応するため、警察庁は2022年5月13日から高齢ドライバーに免許更新時の実車試験を行うことと、新たにサポカー限定免許を導入することが発表された。その中身をお伝えしよう!

文/藤田竜太、写真/TOYOTA、Adobe Stock(トップ写真=polkadot@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】トヨタが幅広い世代のドライバー向けに開発した各種安全サポート機能を見る(8枚)画像ギャラリー

■高齢運転者対策の充実・強化策登場

75歳以上・80歳以上の高齢運転者による死亡事故件数の推移(警視庁資料より)

 令和元年の時点で、日本の総人口は1億2,617万人。そのうち65歳以上人口は、3,589万人で、総人口に占める割合(高齢化率)も28.4%となった。

 それに伴い、70歳以上の運転免許保有者は年々増加し続け、令和元年は1195万人となり、運転免許保有者の14.5%を占めている(昭和50年の13万人の90倍弱、昭和61年の80万人の15倍弱)。

 分母が増えれば、高齢者による事故件数も必然的に増えるわけで、75歳以上及び80歳以上の高齢運転者による死亡事故件数は、過去十年、毎年400件以上発生している。

 ただし、75歳以上及び80歳以上の高齢運転者について、免許人口10万人当たり死亡事故件数の推移を見ると、過去10年間減少傾向にあり、悪化の一方というわけでない。(令和元年は前年と比較していずれも1.3件減少)

 とはいえ、「池袋暴走事故」のように高齢者による悲惨な事故は後を絶たず、死亡事故を人的要因別に比較すると、75歳以上の高齢運転者は、操作不適による事故が28%と最も多く、このうちハンドル操作不適が13.7%というデータもある。

 こうした相次ぐ高齢運転者による交通事故情勢等を踏まえて、高齢運転者対策の充実・強化策として、警察庁から高齢ドライバーの免許更新時の実車試験とサポカー限定免許が2022年5月13日から導入されることが、2021年11月4日に発表された。

■現在の高齢者講習から正真正銘の「試験」へ

2022年5月から導入される実車試験は合否判定が下され、不合格になると免許証の更新が出来なくなる(Monet@Adobe Stock)

 現状でも、70歳以上の運転免許更新時には高齢者講習を受ける必要があり、教習所においてSコース、クランクコース、一時停止、方向変換、進路変更などの実技をおこなうしくみがあるが、これはいわゆる「試験」ではない。

 それに対し、2022年5月から導入されるのは、合否判定が下される正真正銘の「試験」で不合格になると免許証の更新が出来なくなる。ただこの実車試験=「運転技能検査」は、高齢者全員が対象なのではなく、75歳以上で一定の交通違反歴がある人だけに義務づけられる。

 もう少し詳しくみると、過去3年間に、信号無視、逆走、追い越し車線での長時間走行、速度超過、禁止場所での横断や転回、遮断踏切立ち入り、交差点での右左折時のルール違反、交差点で他の車両の進行を妨害、横断歩行者の妨害、踏み間違いや安全不確認、携帯電話使用の11類型のいずれかの違反をした人が対象だ。

 試算では、免許更新する75歳以上の約7%、年間15万3000人が受講する見込み。免許証の更新期間内に繰り返し受検できるが、合格しなければ更新できない。

 教習所や運転免許センターで定められたコースを走り、減点方式で採点。100点満点(=減点なし)で、70点以上が合格(二種免許は80点以上)。試験中、信号無視などをしてしまった場合は、一発でアウト。自動車教習所の卒業検定や仮免検定のイメージだと思えば間違いない。

 違反歴のある高齢者には思ったよりハードル高いようで、年3万5000人が1回目で不合格となると推定されているほど!(検査の手数料は3550円)

 これも見方によっては、免許の自主的返納、いわゆる「卒車」への環境整備の一環ともいえるだろう。

次ページは : ■サポカー限定免許はサポカー車両普及も課題