新型シビックタイプR登場を前に考える! シビックにとってのタイプRという存在は何か?

新型シビックタイプR登場を前に考える! シビックにとってのタイプRという存在は何か?

 現行型シビックが登場しているが、ホンダファンならずとも気になるのが後に控えるスポーツモデルの本命、そう新型シビックタイプRだ。

 この期待の新型タイプRは来年登場するとみられているが、そもそもシビックにとってタイプRという称号が持つ意味合いとはどんなものだったのだろうか? 1997年8月に登場した初代シビックタイプRの当時の熱気を改めて振り返ってみた。

文/片岡英明
写真/ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型登場を前に、新旧シビックタイプRを画像で徹底チェック!!(15枚)画像ギャラリー

タイプRはホンダにとって、究極のロードゴーイングカー!!

 ホンダの熱いレーシングスピリットと最先端のテクノロジーを投入して送り出された究極のロードゴーイングカーが「タイプR」シリーズだ。レーシングカーづくりの高度な技術を積極的に採用し、圧倒的なドライビングプレジャーの獲得を目指している。

 その最初の作品は、1992年秋に登場した初代NSXのタイプRだ。さすがにホンダのフラッグシップだから誰もが買えるホットバージョンではなかった。そこで量産車にも走りのフラッグシップとして「タイプR」を設定している。

 第2弾は3代目のDC2型インテグラをファインチューニングしたタイプRだ。鈴鹿工場の製造ラインの一部に特殊な製造工程を加え、ベテランの職人が手作業でポート研磨などを行った。エンジンは高回転まで軽やかに回り、自慢のハンドリングにも磨きがかけられている。

■若者のための「タイプR」

 これに続くタイプR第3弾が、6代目のシビック3ドアSiRをベースに開発されたEK9型シビックタイプRだ。

当時、ホンダ タイプR3兄弟の末っ子として誕生したシビックタイプR。1990年代のFFテンロクNAで最強の名をほしいままにした

 ホンダは最初、シビックにタイプRを設定する予定はなかった。だが、1990年代はシビックがホンダの国内販売の3分の1を占めていた時期である。

 シビックにタイプRがないことに不満を漏らすファンは少なくなかった。また、走りの楽しさにこだわるホンダのエンジニアも、シビックにタイプRを欲している。これらの人たちの熱意に動かされ、上層部は開発のゴーサインを出したのだ。

 国内専用モデルとし、ターゲットはクルマ好きの若者である。インテグラのタイプRより身近な存在にしようと考え、味付けの方向も大きく変えた。20代の熱い心を持つドライバーが多いだろうから、日常の足としても使える、扱いやすいホットハッチを目指したのだ。

 当然、販売価格もクルマ好きの若者が買いやすいように配慮した。それなりにコストはかさむが、上層部は「絶対に200万円を切る価格で売り出せ」、とハッパをかけたのだという。

次ページは : ■B16Bという特別なエンジン