奇跡のTRDコンプリートカー・コンフォートGT-Zを知っているか!?

奇跡のTRDコンプリートカー・コンフォートGT-Zを知っているか!?

 タクシーでお馴染みのコンフォートをベースに3Sエンジンとスーパーチャージャーを組み合わせたコンプリートカーをTRDが生産していた。

 その名はコンフォートGT-Z。2Lエンジン+スーパーチャージャーのFRレイアウト5速マニュアルは実は結構刺激的だった。

文/加茂 新、写真/TRD

【画像ギャラリー】これはまさに『いぶし銀』!! おっさんずホットセダン コンフォートGT-Zの渋さを見よ!!(7枚)画像ギャラリー

■見た目タクシー、中身ロケット

トヨタテクノクラフトが企画し、2003年に発売されたコンフォートGT-Z。期間と地域を限定していたとはいえ、この車がトヨペットで受注販売されていたのだ
トヨタテクノクラフトが企画し、2003年に発売されたコンフォートGT-Z。期間と地域を限定していたとはいえ、この車がトヨペットで受注販売されていたのだ

 ちょっと前まで教習車といえばこればっかり、小型タクシーもこればっかり、だったのがトヨタ・コンフォート。「ディス・イズ・とっつぁんセダン」とも言うべき箱型のボディで、おおよそスポーツカーとは縁遠い存在だった。

 現在ではジャパンタクシーなどFFレイアウト車も増えたが、15年ほど前まで教習車とタクシーはFRセダンが一般的だった。メンテナンス性の高さとタフさなどを考えるとシンプルな構造のFRがベストだったのだ。

 そこで登場したのがコンフォート。80マークII系のボディを使って1995年に発売。タクシー用や教習車用のほかに、一般販売グレードも存在していた。ちなみに中型タクシーはこれをベースにホイールベースを延長したクラウンコンフォートが使われていた。

 そんな2000年台初頭。トヨタのラインナップでは、80スープラは2002年に生産終了し、残るスポーツ系モデルはアルテッツァだけとなっていた。そこにトヨタテクノクラフトが企画し、2003年に発売したのがコンフォートGT-Zだ。

 コンフォートのエンジンは1.8や2Lのガソリンや、2LのLPGなどいくつかの種類があったが、2L+DOHC16バルブの名機3S-FEを搭載。小倉クラッチ製のスーパーチャージャーTX07をセット。

 ノーマルで140ps/19.0kgmほどのエンジンスペックを、0.3kg/cm2の最大過給圧で補い、160ps/22.5kgmまでパワー&トルクをアップ。

 車重に対してアンダーパワーなコンフォートを、よりスポーティに仕上げるべく、大掛かりなエンジン換装とスーパーチャージャー化が行われた。

 ミッションはフロア5速マニュアルを採用。オプションでTRD製強化クラッチ、LSDなども用意され、本格的なスポーツ走行にも対応できるスペックが用意された。

次ページは : ■痺れるほどの渋さでありながら超ホット!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ