次期セレナは打倒ノア&ヴォクシーでミニバン新時代の旗手となるか


サプライズとして、上級グレード向けに欲しい「VCターボe-POWER」

欧州市場に2021年夏から投入されている新型キャシュカイ。可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電専用エンジンとした新たなe-POWERを搭載

 さらにライバルを突き放す戦略として、欧州で販売されているSUV「キャシュカイ」の新型で用意される1.5L直4VCターボを発電用とした「e-POWERターボ」を搭載したグレードを、セレナの上級グレードにも用意してほしい。

 日本仕向けの新型エクストレイルに搭載される見込みであるこの「e-POWERターボ」は、新型キャッシュカイでのリリースによると、最高出力140kW(187ps)、最大トルクは330Nm。現行E13ノートの「第2世代e-POWER」に対して、およそ1.2倍はパワフル、ということになる。これだけのパワーがあれば、次期型セレナにとってかなり強力な武器になる。

 日本仕向けの新型エクストレイルは、三菱のアウトランダーと兄弟車となったことで、プラグインハイブリッドモデルが用意されることが濃厚だが、ミドルサイズミニバンであるセレナには、高額となるプラグインハイブリッドモデルは、さすがに用意されることはないだろう(あるとしたらエルグランドか)。

 また、現行セレナにある「AUTECH」は早急に用意してほしい。湘南ブルーをイメージカラーとした、プレミアムスポーティ仕様「セレナAUTECH」の上級バージョン「セレナAUTECH SPORTS SPEC」の足の良さ(ショックのいなしとボディモーションの両立レベルが高い)は、ちょっと感動ものだった。

 足周りのチューニングだけでなく、フロアの車体対策も施された特別仕様であったが、次期型にあの足をそのまま移植してほしいと思うくらい、いい仕上がりだった。日産はノートで派生車を連投させてきたが、セレナでもこうした派生車を続々と登場させ、ユーザーに選択肢を多く用意することでも、ノア/ヴォクシーやステップワゴンとの差別化につながり、一歩前へ出ることはできると思う。

 次期型セレナの概要が判明するのは、あと1年ほど先となるだろう。日産の国内を支えていた3本柱の一角として、何処まで進化した姿を魅せてくれるのか、非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】人気ミニバン一斉刷新!! 現行型セレナとティザー画像が公開されたライバルを見る(24枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ